• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
世界のATM国家日本。日本から分捕った金で戦争をしているということは、間接的に日本が戦争に参加しているということに他ならない。

サムネイル出典:

世界のATM国家日本。日本から分捕った金で戦争をしているということは、間接的に日本が戦争に参加しているということに他ならない。

Author:
DimaDima
Posted date:
世界のATM国家日本。日本から分捕った金で戦争をしているということは、間接的に日本が戦争に参加しているということに他ならない。

ISの戦闘員は米兵?

これは上手くまとめられた動画だと思う。
分からない人は何を見ても分からないし、分かる人はわかる。
テレビで放映されてないから信用しない人、新聞に書かれていないから信用しない人、それはそれでいい。もの言わず処刑台の順番が車で何も知らずに過ごすだろうから一番幸福かもしれない。
少なくとも先進国の中で、ISの正体を理解できていない国はおそらく世界中でも日本くらいだろう。

「私たちが20年前に設立したのよ!」(ヒラリー)

これを日本のNHKでも流したらどうだ?
はっきり「20年前に自分たちが設立した」と公言している。テリトリーまで決めていた。
「女性初の大統領誕生か」などと浮かれているバカが日本にもいるようだが、もしかしたらこの次期大統領になるかもしれない人物が戦争屋の代理人だってことを日本人も知る必要がある。

悪魔主義者の宗教潰し

ユダヤの名をかたって背乗りし、次にイエスズ会に背乗りしキリスト教ローマンカトリックに背乗りして、イスラムの名をかたって背乗りし、各地で暴力を起こしイスラム潰しを企てる悪魔主義者たちに踊らされてはならない。
やつらは仲間のような顔をして近づき、最後の最後に手のひらを返すのが「流儀」なのだ。
「ユダヤ人の名をかたるものに気をつけよ」
「私(イエスキリスト)の名前を語るものが出てくる」

公共料金、税金、の使い道は米国の戦費だった。様々なひずみが出てどん詰まりの日本

バカ高い公共料金、税金、そしてとどめの消費税は米軍の戦費を賄うための資金源になることを知れ!国民から搾り取った貴重な金を福祉などに回らない。米国にごっそりと貢ぐお金なのだ。
正社員が働いてもらえるはずのボーナスは、非正規雇用にされてしまったことで、本来もらえるはずのボーナスは、株主(外国企業)に配当として分配することになった。これができるようにするために2000年代のはじめ、たしか2004年頃だったか、法改正があった。働いても報われない時代がこのとき確定したってわけ。

年間の自殺者は3万人を切ったって?
いやいや実際のところは18万人近いっていうじゃないか。

様々なひずみが、ここにきていよいよドン詰まってきた感じがする。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Dima

小さな団体の非常勤役員です。海外に行くと逆に日本がよく見えますし、一人の時間を楽しめますので、年に数回は東南アジアに足を運びます(海外に永住権を持ってます)。また南国の暖かい気候は脳神経や血行に良いと実感します。 異常さの中に浸かっていると自分の異常さが見えなくなります。 さて日本はこの先いったいどこに向かうのでしょうか?