• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・この非人道的な暴力に、どのように立ち向かえるのかが現実だ!> 福島県南相馬市 法令の640倍の汚染地に戻される住民の悲痛

<・・・この非人道的な暴力に、どのように立ち向かえるのかが現実だ!> 福島県南相馬市 法令の640倍の汚染地に戻される住民の悲痛

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・この非人道的な暴力に、どのように立ち向かえるのかが現実だ!> 福島県南相馬市 法令の640倍の汚染地に戻される住民の悲痛

他人を評価するようなコメントから早く卒業しよう!このような政府行政の暴力は福島だけではない。沖縄の暴力は以前から続いている。福島や沖縄にする人々のことを自分のことのように考えてみよう!すると見えてくるものが違う。それで初めて大人のコメントができる。それができないとつぎにわが身となったとき座して死を待つだけの身になってしまうぞ

ここは、居住制限区域だったのに、段階を踏まずに避難指示解除されたんです

佐藤さんは現在、家族とともに宮城県内の借り上げ住宅に住んでいる。今回、福島第一原発事故の影響による避難指示が解除になるのは、福島県南相馬市の小高区と原町区の「避難指示解除準備区域」(年間被ばく量が20ミリシーベルトを下回る地域)と、小高区の居住制限区域(同20~50ミリシーベルトを越えるおそれがある地域)。避難指示が続くエリアでは、対象者が最多の計3516世帯、1万967人となる。

小高区は、福島第一原発から20km圏内にあり、有名な祭礼のひとつ“相馬野馬追”が行われる町として知られている。この町は、太平洋を臨む沿岸部と、阿武隈山地に囲まれた山間部に分かれているのだが、空間の放射線量だけ見ると、相対的に山間部のほうが高い。佐藤さんの住居がある川房地区は、後者の山間部にあり、「帰還困難区域」(年間被ばく量が50ミリシーベルトを超えるおそれがあり長期にわたって居住が制限される地域)の浪江町と隣接しており、とりわけ放射線量が高いのだ。

「うちは、いまだに家の中で毎時0.7マイクロシーベルトあります。今回、避難指示が解除される地域のなかでも、沿岸部より10倍ほど放射線量が高い。同時期に解除されるのは、納得がいかない」(佐藤さん)〈原発事故前は、およそ毎時0.02~0.05マイクロシーベルト〉

これまで国は、放射線量の低下にともなって、避難指示エリアを「居住制限区域」から「避難指示解除準備区域」に落とし、その後、避難解除という段階的な手順を踏んでいた。しかし、今回は「除染が済んだから」という理由で「避難指示解除準備区域」へ下げることなく、解除に踏み切った。これは先月、避難指示が解除になった葛尾村に続く2例目だ。

「内閣府の資料には、『年間被ばく線量が20ミリシーベルト以下になることが確実になった場合は、居住制限区域から避難指示解除準備区域に移行します』と書いてあるんです。南相馬市からも、ずっとそう説明を受けていました」と佐藤さんの妻・明子さん(60)も語る。

なぜ段階を踏まずに解除したのか。記者が、管轄している内閣府の原子力被災者生活支援チームに問い合わせてみると「段階的に避難指示を解除しなければいけないというルールがあるわけではない」との返答だった。除染が済んで年間20ミリシーベルト以下になったこと、生活インフラが整ったこと、自治体や住民との協議ができたことなどが、解除の主な要件になるという。

出典:http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/disaster/24654

	
【報道まとめ】居住制限区域の避難指示解除・葛尾村/福島(6/11)
全村避難が続いていた福島県葛尾村で、帰還困難区域を除く大部分の地域の避難指示が12日、解除された。居住制限区域の解除は初めて。
	

帰っても生活できるだろうか 避難解除の葛尾村 本紙調査

【報道まとめ】福島/葛尾村6/12・川内村6/14・南相馬市7/12の避難指示解除「正式決定」(5/31・6/1)
南相馬市(約1万1千人)と葛尾村は、放射線量が比較的高かった居住制限区域(年20~50ミリシーベルト)も解除される。
	
葛尾村の避難指示を解除 福島、居住制限区域で初

 葛尾村への避難指示を、一部を除き解除した。対象は居住制限区域と避難指示解除準備区域の2区域で、居住制限区域の解除は初めて

6/12
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21