• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・ロマンだ!> 発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果

<・・・ロマンだ!> 発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・ロマンだ!> 発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果

米ウィスコンシン州グリーンベイ付近のメノミニー保留地。アメリカの先住民族が所有するこの土地を発掘中に土器が発見されました。中を開いてみると、なんと植物のタネが!実際に植えてみることに! その結果

その正体は、かぼちゃ!

このかぼちゃは、「Gete-okosomin」という品種で、なんと何世紀も前に絶滅したとされていたものでした。

最終的に24個収穫されたうち、一番大きいものは長さが約91センチ、重さが約8キロもあったのだとか。

見つかった残りのタネはアメリカインディアン活動家のウィノナ・ラデュークさんによって、アメリカとカナダの先住民族の方たちに配られたとのこと。

出典:発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果…! 6枚 | BUZZmag

	
宿儺南瓜/すくなかぼちゃ/スクナカボチャの画像一覧:旬の野菜百科 さんから
◎色は違えど、米国で出てきた850年前から生きていたかぼちゃに似ていますね〜
	
850年前のかぼちゃ!種ってすごいなあ・・・
	
かぼちゃすごい  発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果…!
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21