• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・人間は血縁・地縁や所属組織だけでは判断できない。行動の流れを読むんだ!>怒りが込み上げて来る!昨日の8月7日安倍昭恵氏が高江のN1裏テントを訪問・・・三宅洋平もフザケルナ!<議論の時期は過ぎたようだ。行動するつながりを作れ>

<・・・人間は血縁・地縁や所属組織だけでは判断できない。行動の流れを読むんだ!>怒りが込み上げて来る!昨日の8月7日安倍昭恵氏が高江のN1裏テントを訪問・・・三宅洋平もフザケルナ!<議論の時期は過ぎたようだ。行動するつながりを作れ>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・人間は血縁・地縁や所属組織だけでは判断できない。行動の流れを読むんだ!>怒りが込み上げて来る!昨日の8月7日安倍昭恵氏が高江のN1裏テントを訪問・・・三宅洋平もフザケルナ!<議論の時期は過ぎたようだ。行動するつながりを作れ>

情報かく乱が最近とみに増えてきた!それだけ目先のアルバイト料でネットをなめ切った工作員がどこにでも入り込んでくるのでご注意を!!安倍夫人が沖縄・高江に来ようが来ないが、そんなこと誰も相手にしてない。三宅洋平が連れてきた・・・ことに多くの動揺を感じているのだ

 【ヘリパッド取材班】安倍晋三首相の妻・昭恵さんが6日、米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らが座り込むN1裏テントを訪れ、座り込み現場について説明を聞いた。突然の訪問に市民らは戸惑いを見せた。

 7月の参院選沖縄選挙区ではヘリパッド建設や米軍普天間飛行場の辺野古移設を容認する島尻安伊子氏の応援演説で来県していたことを踏まえ「何をしに来たのか」と批判する声や「首相へ現場のことを伝えてほしい」などの声もあり波紋が広がった。

出典:首相夫人が高江訪問 着陸帯反対の市民ら戸惑い  (琉球新報) - Yahoo!ニュース

	
 8月6日18時45分頃、沖縄高江のN1裏テントを、安倍総理大臣の妻である安倍昭恵夫人が突如、訪問。カメラマンなどのスタッフを伴った三宅洋平氏がアテンドした。日頃からテントで新ヘリパッド建設に反対している住民らからは、怒りや戸惑いの声が多く上がった。

 昭恵夫人らは、テント内部を視察。テントの住民らには「撮影NG」の旨が伝達された。安倍総理にも内密で訪問にきたこと、本来、市民メディアなどの中継を受け入れるつもりだったが、テント付近に大手メディアの中継車が停車していたことなどを警戒したという。


 テント内を案内した男性は、「安倍さんの奥さんも我々の仲間になれると思います」と歓迎。「我々は平和を目指す仲間として、辺野古、高江に軍事基地を作るのは反対という立場。課題はありますが、それを乗り越えたい」と語った。

 案内した男性は、「今日は昭恵さんのほうから挨拶はなしということで」と話すと、「聞きたくねぇよ」と投げかけるテントの住人も。案内した男性はさらに、昭恵夫人の訪問は、三宅氏のほうから、事実上のテントの代表者である山城博治氏に話を通していると説明した。

 山城氏は昨日からの徹夜の泊まりこみで疲労が溜まっていたため午後には帰宅。案内の男性は「ヒロジさんに『代行を頼む』と言われた。公的にお招きはできないが、一般参加者が見学するのを拒んではいけない、ただ見学するだけである、という趣旨だ」と続けた。

 三宅氏は「ツイッターなどでの発信は、僕らサイドで、オフィシャルに慎重な情報出しをしてからでお願いします。また誤解を生みかねない。もちろん、皆さんの自由ですが」と訴えたが、テント参加者には「なぜ一方的に?」と疑問を持つ人も多数いた。

 テントの女性は、昭恵夫人に「オスプレイが高江の森にやってきたせいで、眠れずに避難している子どもたちもいるんです私たちはお金もいらないし、子どもたちが幸せに生きる世の中にしたいだけなんです。安倍さんにも伝えて下さい」と語りかけた。

 昭恵夫人は、神妙な面持ちで「(安倍総理に)伝えます。こうして率直な意見を聞く機会がないのでここに来たんです」と応じた。昭恵夫人らは、約15分の滞在でテントを後にした。

出典:【速報!】「現場で何が起きているか知りたかった」安倍昭恵・総理夫人が沖縄・高江を訪問!~新ヘリパッド強行建設工事に反対する市民からは戸惑いの声――IWJが追ったその一部始終 | IWJ Independent Web Journal

	
首相夫人が高江に 市民戸惑い 2016年8月7日
いやすごい、
見る事、知る事が大事と
安倍昭恵さん。

ふだん声を聞け!と話す彼等、
詭弁でしたか?
	
このタイトルの「帯同」がいかにも活動家が使いそうな語句でツボりました。一度だけ言わせてください。「左翼しぐさ」>> 安倍昭恵を帯同して高江に行った三宅洋平と地元の人の会話- - Togetterまとめ
	
【速報!】「現場で何が起きているか知りたかった」安倍昭恵・総理夫人が沖縄・高江を訪問!~新ヘリパッド強行建設工事に反対する市民からは戸惑いの声――IWJが追ったその一部始終 さんから
	
三宅洋平が安倍昭恵を案内して沖縄高江に。動画を撮らせて、翌日には三宅は東京に帰っている。こんな関わり方は沖縄の人に失礼だ。結局、これは小沢・山本から三宅を引き離し、現地の闘争を分断する工作である。成果を得たのは安倍昭恵であり、三宅は多くを失った。そのことにかれは気付いていない。
	
	
安倍昭恵を連れていって、高江の闘いに水を差す三宅洋平の行為は、昨年の国会前で極左排除を公言し「警察ありがとう」「逮捕される奴が悪い」と絶叫する一方「小泉、橋下と会いたい」「野田聖子の応援に行こう」とほざいていたSEALDsの奥田愛基と同じ。よく奥田が三宅を批判出来るもんだ。
	
仲間から連絡を貰って憤死寸前。

三宅洋平が安倍昭恵を高江のN1裏テントに連れてきたと。

博治さんは「個人で来るなら」とOK出したらしいけど、撮影隊引き連れてくる個人なんているの?

テントに残ってた仲間達、唖然
屈辱で泣いてる人もいるとの連絡に、私も泣いた…
	
高江に三宅洋平の案内で安倍昭恵が来たことに、怒りが巻き起こっている。

彼女は釜ヶ崎の越冬闘争にもこっそり来ていて、大きな怒りを買っている。

何がしたいんかね。
	

安倍昭恵を帯同して高江に行った三宅洋平と地元の人の会話-

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21