• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・どこまで姑息で汚い奴だ?> 憲法違反の「特別立法」は許されない <手間いらずの皇室典範対策??>

サムネイル出典:

<・・・どこまで姑息で汚い奴だ?> 憲法違反の「特別立法」は許されない <手間いらずの皇室典範対策??>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・どこまで姑息で汚い奴だ?> 憲法違反の「特別立法」は許されない <手間いらずの皇室典範対策??>

政府内で天皇陛下の「生前退位」に「特別立法」で対処するという案が浮上しているという。 なんと現在の天皇陛下に限って、この一代限り退位を可能にする法案を作ろうというのだ。 よくもこんな姑息な案が浮上するものだ。 政府内にも「日本会議」に影響を受けた国賊議員がいるのだろう。 なんとしても「皇室典範改正」を妨害したいらしい。 典範改正の折に、女性宮家を創設せざるを得なくなることを恐れているのだ

憲法違反の「特別立法」は許されない
天皇の真意をよく考えよう。
	

こういう議員の名前はぜひ公表してほしい。 週刊誌が「天皇に逆らう国賊議員」として公表すれば、全読者に買えと勧めよう

そもそも「退位=譲位」を特別立法でしのぐという案は、「憲法違反」である!

日本国憲法第一章第二条に「皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、 これを継承する」とある。

譲位のときは、あくまでも「皇室典範」の条文によって行われるのが憲法の規定である。
皇室典範に「退位」「譲位」の規定がないのならば、国会議員は皇室典範を改正するしかない。
典範改正なしに、まったく恣意的に「特別立法」でしのぐという手法は、憲法違反であり、皇室典範を形骸化する ことになる。
典範規定なんてどうにでも無視していいとなり、ことあるごとに「特別立法」を作ってしのげばいいことになるではないか!

そもそも天皇陛下が「特別立法」で、自分の「退位」「譲位」だけで終わらされて満足なさるはずがない。
あくまでも未来の皇室の姿を示してほしいというのが、「公」的な希望のはずだ。
天皇のご意向通りに典範改正するのが、国民の側からの感謝の証であろう。

いいかげんに天皇陛下に反逆するのは止めてほしい。

出典:憲法違反の「特別立法」は許されない

	
政府内では特別法を制定する案が浮上しているが、記事によると、ある民進党幹部は「現在の天皇陛下だけ退位を認める特別立法では説明がつかない。きちんと制度化すべきだ」と述べているそうだ。
「生前退位巡り有識者会議」 『読売新聞』
	
そもそも退位を特別立法でという案は憲法違反 憲法第一章第二条「皇位は世襲のものであって国会の議決した皇室典範の定めるところによりこれを継承する。」譲位の時は、あくまでも「皇室典範」の条文によって行われるのが憲法の規定
	
なんとしても皇室典範改正で、憲法改正が後回しになるのを避けたいアベシ米国1%奴隷一味。「今回限りの特別立法」で生前譲位を実現してしまえば、「日中戦争惹起のための憲法改正」は早期に進められると目論んでいる
	
「皇室典範」の改正に改憲は不要。多分、安倍晋三は「特別立法」を理由に改憲に突き進み、「緊急事態条項」で国民に止めを刺すのでは!→<天皇陛下お気持ち>与野党から「生前退位、国民的議論を」
	
継続性に対する敬意こそ皇室制度を支える最大の力である。ゆえに「特別立法」や「臨時立法」で凌ごうなどという発想は皇室制度の本質を理解しない軽薄な議論である。これからの世の安定性と継続性をどう担保するのか、憲法改正や皇室典範改正も視野に入れた本質的な議論を丁寧に積み重ねるべきである。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21