• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
毎回毎回忘れちゃうmysqlのバックアップ方法。自分のための忘備録

サムネイル出典:

毎回毎回忘れちゃうmysqlのバックアップ方法。自分のための忘備録

Author:
ProgrammerboxProgrammerbox
Posted date:
Update date:2017年07月26日
毎回毎回忘れちゃうmysqlのバックアップ方法。自分のための忘備録
いや・・・もうね。自分アフォなのかと。
何回とかじゃなくて何十回も忘れちゃうからもうここに保存しときます。

データベースのダンプ(バックアップ)

ローカル用
./mysqldump -u root -p データベース名 > /ディレクトリ名/ファイル名.sql
 
テーブルのみ
./mysqldump -u root -p データベース名 テーブル名 > /ディレクトリ名/ファイル名.sql
 
本番用
mysqldump -u root -p データベース名 > /ディレクトリ名/ファイル名.sql
特定のテーブル かつ 行指定して取得
mysqldump -u ユーザー名 -p -t データベース名 テーブル名 --where="true limit 始まりの数字, 取得する数字" > ファイル名.sql

データベースのインポート(復元)の方法

Finderを起動し、「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスし、「ターミナル」を起動します。

MAMPのコマンド群は「/Applications/MAMP/Library/bin/」に格納されているので、「cdコマンド」で作業ディレクトリを移動します。
cd /Applications/MAMP/Library/bin
 
ログイン
./mysql -u root -p
 
データベース名の選択
use データベース名
 
ファイルを指定してインポート
source ファイル名

リンク集(増えるかも)

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Programmerbox

Sharetube中の人「マツオカソウヤ」がプログラミング・webデザインなどの情報をまとめるチャンネル。