• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
福島原発事故直後に各自が思った汚染範囲の違いと実際の汚染範囲

サムネイル出典:

福島原発事故直後に各自が思った汚染範囲の違いと実際の汚染範囲

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
Update date:2016年10月26日
福島原発事故直後に各自が思った汚染範囲の違いと実際の汚染範囲

汚染範囲が判然としなかった2011年9月頃の日本の各所や世界が思っていた汚染範囲の想像図のパロディー。

自分の住んでいる地域は大丈夫だろうと思いたがる心理がよく反映されている地域ごとの違い。
海外は日本全土が汚染されたと思うのは情報不足からか。東電と政治家の本性がよく表れている。

原子力規制委員会の航空機モニタリングは実際の汚染範囲を示しているようだが日本の西側が測定されていない。

みんなのデータサイト、東日本土壌ベクレル測定プロジェクトが測定した汚染範囲。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15