• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
無職でも持てる! クレジットカード

無職でも持てる! クレジットカード

Release Date:
無職でも持てる! クレジットカード

無職でもクレジットカードを持つ方法はあります!

クレジットカードが欲しいけど、自分は無職だからそんなことは夢のまた夢……と思っている方、多いんじゃないでしょうか!
普通、収入のない無職の方にはクレジットカード発行の許可が出ません。

しかし! 実は無職でも発行のチャンスがあるクレジットカードがあるんです!

意外!? ニートでも持てる三井住友VISAカード

クレジットカードは安定した収入のある大人が持つもの……
しかし、意外にも三井住友VISAカードはニートでも持つことができます!
カードの申し込み画面にはハッキリと「無職の方」の文字が!
こんなの普通のクレジットカードじゃありえないですよね……
三井住友VISAカードは今までの支払い履歴に問題がなければカード発行の可能性アリ!
ニートでも親にお金を払ってもらえるなら発行許可してくれるんです!
みんなクレカ審査通らないって言うけど、俺は初めてのクレカは無職の時に三井住友VISAの審査通ってるんだよな…
	
三井住友カードの審査なんか余裕で通るやろうが
無職でもクレヒスありゃ楽勝
	

派遣の登録だけしておけばカード発行は楽勝!?

もう一つの方法としては、「無職」の状態を脱することです!
当然、何か仕事を始めて収入を得るのが一番の近道ではあるのですが、それ以外でも「無職」を脱する方法はあります。

それはズバリ、何処でも良いので派遣社員として登録をしてしまうことです。
登録の仕方については、会社ごとにそれぞれといった感じだとは思いますが、とりあえず履歴書を作成し、申し込みをしさえすれば、実際に派遣されて何処かへ働きに行かずとも、派遣社員という身分が手に入ります。

あとは、クレジットカードを申し込む際、職業欄に自分の登録した派遣会社名を記入すれば出来上がりです!
実際に収入を得ているわけでは無いので、収入欄は幾らにするか迷うところだとは思いますが、その派遣会社で仮に1年働いたらどの程度の額になるかを大体で計算して書いておけば問題無いでしょう。
逆に、極端に高い金額を書いたりしてしまうと、嘘を書いていると分かってしまうので注意です。
派遣会社に登録して勤務先として「派遣会社」を選択し、見込み年収がある状態で申し込みをすることで審査通過できる可能性があります。

業務内容にもよりますが派遣会社は一般的な会社に入社するときとは違い、面接だけで簡単に所属することができます。自分が働く日をこちらの都合で決めることが可能なので、現在は無職で転職活動中という方でもクレジットカードを作れる可能性が高くなります。

派遣登録して有利になったとは言え、勤続年数や年収面では未熟なので、ACマスターカードのような審査が甘いクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

出典:無職・ニートがクレジットカードの審査に通る方法 - おすすめクレジットカードを知る

実際には働いていなくても、派遣登録だけしておけばカード発行のチャンス十分!?
こんな私でもクレジットカードを作れた、アコムすごい。
	

家族がクレジットカードを持っているなら家族カードを作っちゃおう

家族がクレジットカードを持っているのなら、家族カードというものを発行してくださいとカード会社に依頼しましょう!
原則的にこの家族カードは、既にカードを持っている家族の支払い状況や信用情報を元にして発行がされるカードで、あまり本人の信用情報は見ない(もしくは見てもある程度見逃してくれる)性質のカードであると言われています。
この方法だと、限度額は家族の方と共有の枠になったりすることもありますが、それなりに高い確率でクレジットカードを手にすることが出来ます!
三井住友VISAカードの家族カード会員なら、家族と一緒に貯めたポイントを共有することもできますよ!
本会員と同じサービスで安心。ポイントも貯まります。
例えば三井住友VISAゴールドカード会員の方なら、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険や年間300万円までのお買物安心保険など、本会員の方と同じサービスが受けられます。
また、家族カードご利用分のポイントは本会員の方にまとめて付与されますので、ご家族みんなでお楽しみになれます。

出典:家族カード|クレジットカードの三井住友VISAカード

家族が貯めた分のポイントまで使えちゃう!?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
かわせみちゃん

以前カード会社で働いていたので、金融関係について詳しいです。趣味はお裁縫とプチ家庭農園です。個人のブログに書けないことをまとめます。