• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【怖い話】 引きずる

【怖い話】 引きずる

Author:
kidaipokokidaipoko
Release Date:
【怖い話】 引きずる
少し気味の悪い話です・・・。
実話なので、人に話して怖いかどうかわからないけど…

昔、俺はよく友達とゲームしてたんだ。

俺と友達は、お互いそのゲームに当時はハマっててね。

当時ほとんど毎週末俺は友達のアパートに行き、
徹夜なんか当たり前でゲームやってた。

一旦ゲームを始めると
それ以外の事をするのが面倒だから、
俺は友達のアパートに行く前に
必ずコンビニで大量のお菓子とジュース買ってさ。

そうやってゲームしてたんだが、
ある週末にいつものようにゲームしてると、
二日目の徹夜に突入した時にジュースが切れちゃってね。

コンビニまで行くのも面倒だから、
友達が

「下まで降りて自販機でジュース買ってくるわ」

って言ってくれた。

友達の部屋は三階だったんだが、
一階まで降りると道沿いにすぐ自販機があった。

俺も

「おう、ありがとう。
お前が戻ってくるまでに自分の番終わらせとくわ」

って。

それでゲームしながら一人で待ってたんだけど、
二十分たっても三十分たっても
友達は一向に戻って来なかった。

時計を見ると夜中二時半だった。

俺は少し嫌な予感したけど、

「まあ気が変わってコンビニまで行ったかな?」

くらいにしか思ってなかった。

するとその友達から携帯で電話かかってきた。

俺が電話にでてみると、
友達は電話の向こうでえらく息があがっててね。

しかも何かに怯えてたような感じだった。

俺が

「どうしたの?今どこ?」

って聞いたら

「今…ハァハァ…えー…アパートから五百メートルくらい離れた所…ハッハアッ!
さっき自販機でジュース買おうとしてたんだけど、
変なお婆さんに会って…怖かった!」

その友達とは付き合いが長かったんだが、
それまで見たことないくらい友達は怯えてて、
俺はとりあえず友達を落ち着かせなきゃと思い

「話は後で聞くから、とにかく戻っておいでよ」

と言ったんだが

「戻りたいんだけど、
そのアパートの自販機の所でお婆さんに会ったんだから、戻れない!」

俺もその時下まで降りて友達を助けに行きたかったんだが、
チキンだからそんな不気味な老婆がいると聞いては降りれなくてね。(笑)

なんとか電話を繋いだまま友達をなだめて
アパートまで誘導した時には、
幸いその老婆はいなかったらしい。

友達は当然部屋までダッシュ。

で、どんな老婆だったかと聞いたら、
とにかくこのアパートの周りで夜中に老婆が一人で歩いてる事自体異常なんだが、
その老婆は何か少し重そうな荷物をズルズル引きずっていたそうだ。

その姿を友達は気味悪く感じながらも、
無視しながら我慢して

「早く通りすぎてくれ!」

と思ってたんだそうだ。

そしてその老婆が友達の後ろを通りすぎようとしたその時、
急に老婆は立ち止まり
荷物を抱くように持ち上げて、
押し殺したような声で

「…すまんがこの荷物を預かってくれんかのう…」

と言ったらしい。

そこで友達は耐えられなくなって、
その場から逃げ出した!

それから友達とは

「結局その荷物の中身はなんだったろうな」

「赤ん坊とか、バラバラにされた遺体の一部だったら怖いな」

などの話をしつつも、
友達は部屋に戻ってきた安心感とお互い一人ではないので、
少しずつ雰囲気も明るくなり、
そんな話でも冗談混じりで話せるようになった。

で、その奇妙な老婆も
そんな夜中に歩いてたから気味悪く感じるだけで、
幽霊なんている訳でもなく、
荷物も別に普通の荷物だよ、と。

現実的には、
ただちょっとおかしなお婆さんに遭遇しちゃったね、
で話は終わった。

で、その夜は友達も疲れて
いつもより早く寝てしまった。

俺は本当はそんなに眠たくなかったんだが、
友達と睡眠サイクルを合わせないと一緒にゲームができないので、
俺も無理にでも寝る事にした。

いつものように友達はベッドに寝て、
俺は床に適当に寝た。

どうせ睡眠時間は短めにしか取らないから
床でもかまわない。

しかし俺は眠たくなかったので、
その夜は横にはなったもののなかなか眠れなかった。

どのくらい時間が過ぎたかよくわからなかったが、
静まり返った部屋の外でエレベーターの動く音が聞こえた。

この部屋はエレベーターに一番近い部屋で、
俺は横向きに寝てて床に直に耳がついている状態だったから、
その音がやけに近く直接響いてくるような感じだった。

しばらくしてエレベーターが止まり、
ドアが開く音がした。

どうやらこの部屋のある三階に
誰かが降りたようだった。

今は多分もう夜中の四時を回ってるくらいの時間のはずだ。

この階の住人で
そんなに遅い時間に帰ってくる人がいたのかと、
俺は少し変に思った。

するとエレベーターはまた降りて行き、
それから

ズルッ ズルッ

とひどく力のない、
靴を擦りながら遅く歩いているような、
足音が聞こえてきた。

その足音が耳を床に直につけている俺には
直接伝わってくる。

ひどくその音が不快に感じたし、
眠りを妨げるために
わざとその音を出しているように感じたくらいだった。

その時に気づいたんだが、
その不快な音は明らかに足音だけでなく
何か重たい物を引きずっているような音だった。

さっきまで忘れていたのに、
すぐに友達が遭遇した老婆の事を思い出した。

まさか。

そう思った時、
俺は直感的に動いてはいけないと思った。

その音が直接耳に伝わってくるのが不快で体を動かしたかったが、
動いてはいけないと思った。

必死で俺はそのズルッズルッという音を我慢しながら

「早く通りすぎてくれ!」

と強く思った。

だがその荷物が相当重いのか、
それとも本当にそれが俺の思う老婆なのか、
その移動する足音は異常に遅かった。

やがてその足音は止まったのだが、
この部屋のドアを通りすぎたようには聞こえなかった。

「…この部屋のドアの前で立ち止まってる…?」

俺は嫌な汗がどっと出てきた!

絶対動いてはいけないと思った。

友達に話しかけたかったが、
友達からは寝息が聞こえた。

本当に熟睡していたようだった。

この部屋の造りは少し変わっていて、
一般的なアパートの部屋と少し違っていた。

ドアを開けると、
いきなり横長なリビングの部屋があり、
集金などで見知らぬ人が来てもドアを開けると
すぐに部屋全体が見える感じ。

つまりその時ドアの向こう側に立ち止まっていた得体の知れない奴と、
横になっていた俺の距離はドアを隔てているとは言え、
実質三メートルくらいしか離れていなかった。

「絶対に見られている!」

俺は必死に息を殺した。

早くこの部屋から去って欲しいと思った。

もの凄く長く続いた静寂の後、
その足音は再びズルッズルッと何かを引きずりながら、
さらに奥の隣の部屋に行った。

俺はほっとしたが、
その後その隣の部屋でそいつは、

ガチャガチャッ!
ガチャガチャッ!

ってドアを強引に開けようとしたんだ!

もうそいつがこの階の住人でない事ははっきりとわかった。

しかしドアを強引に開けようとしている事から、
そいつが幽霊とかそんな類なものではないようにだけは感じた。

もうそれがわかっただけで良いから、
俺はとにかくこの最悪な時間が早く過ぎるよう、
寝てしまいたかった。

そしてそいつもその部屋を諦めて
さらに奥の隣の部屋に向かって行った事が足音でわかったので、
俺は極力息を殺しながらそっと体の向きを変えた。

床から耳を離し、
その足音自体遠のいて行ったので、
ほとんど足音は聞こえなくなった。

俺はやっと少しウトウトしてきて、
眠れそうになってきた。

すると、

ズルッズルッ!

また足音が戻ってきた!

もう本当に勘弁して欲しかった。

しかし今度は隣の部屋などは、
その足音は素通りだった。

この部屋も素通りしてくれる事を俺は期待したんだが、やはり。

その足音は再びこの部屋のドアの前で止まってしまった。

ガチャガチャ

ドアを開けようとしている!

俺は体が硬直してしまった。

が、その時友達がその音を不快に感じたのか

「ううーん!」

と寝ぼけながら、寝返りをうった。

俺が目を開けて友達の方に視線を送ると、
カーテンからうっすら日の光が見えた。

少し夜が明けてきていたようだ。

俺が気がつくと、
すでにドアの音も足音もしなくて
ドアの向こう側に気配も感じなかった。

俺が気がつかないうちに、
あいつはエレベーターで降りて行ったのか。

わからない。

その後友達はあの夜の老婆の話もしないし、
明るく忘れているようだった。

だから、俺も敢えて俺があの夜体験した事も話していない。

現在は仕事上、友達も引っ越している。

でも俺はたまにあの夜の事を思い出す。

友達も口には出さないが、俺と同じだと思う。

出典:

	
非常に怖い体験ですね・・・。
何もなくてよかった・・・。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kidaipoko

業界No1のインセンティブを と宣言されておりますので、こちらも業界No1見られるキュレーションサイトにするべく日々邁進いたします。