• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
contents_button
まとめを書く上での最低限必要なポイント&低品質まとめの削除とテーマ付け直しのお知らせ

まとめを書く上での最低限必要なポイント&低品質まとめの削除とテーマ付け直しのお知らせ

Release Date:
まとめを書く上での最低限必要なポイント&低品質まとめの削除とテーマ付け直しのお知らせ
こんにちは!
Sharetube編集部です。

GWもラスト1日になり明日への準備をしている頃でしょうか?
心機一転、またがんばっていきたいですね。


Sharetubeは良いコンテンツを世の中に出したいと考えています。
その中で特に重要視している事柄に関して書いてみました。

タイトルはまとめの「命」

良いまとめとは?
色々ありますが、その中で重要な部分が タイトル  です。
タイトルが9割っていう言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
そのくらいタイトルは大事です。特にSharetubeはタイトルを大事にしています。

検索からの流入を期待できますので、魅力のあるタイトルをつければ必然とPVも付いてきます。

上手いタイトルはこのような感じです。

[タイトル例] 世の中の男が嫉妬するであろう佐藤健の豪華すぎる歴代彼女 http://sharetube.jp/article/5317/ 世界の動物で握力ランキング作ってみた。人間はどのくらい握力が強い? http://sharetube.jp/article/4270/ 一人暮らしをする時、実は田舎暮らしより都会暮らしの方がコスパが良い5つの理由 http://sharetube.jp/article/4237/ 基本的に # [] 【】 を過激に使用しないで 「」 『』 を正しく使用することが心掛けてください。 [タイトル修正案] #ぱいぱいでか美  クソブス? かわいいブス? 「ツイッターではたたかれました」発言【ぱいぱいでか美 まとめ】ツイッタ―での叩かれ発言を紹介します!! http://sharetube.jp/article/5281/ ↓ 有吉も大絶賛!?「ぱいぱいでか美」ってかわブス?くそブス?癖になる絶妙なブスさにハマっている人が続出中

Sharetubeは「平均ページ滞在時間」を指標にしています

滞在時間が長いから良いコンテンツとは一概には言えないですが、長い目で見ればページ滞在時間が長いまとめは検索に引っかかる傾向にあります。

ただコンテンツが長いだけは意味はないのですが、しっかりとユーザーに読ませる導線づくりが大事です。

良いまとめも「サムネイル」次第で質が落ちます

キュレーターのほとんどの方に言えるのですが、タイトル、本文をしっかりしていても「サムネイル」が急に低品質なままで投稿される傾向にあるようです。

ユーザーの皆さんがまず一番先に目にするのは「サムネイル」です。そのサムネイルが見切れていたり、画質が荒いようでしたら、本文の質を見ないままに去っていきます。

見たとしても、気持ちが悪いままコンテンツを読みますので、良い導線では決してありません。たかがサムネイル・・・と思わずにしっかりと質の良いサムネイル設定を心がけていただきますようお願いいたします。
 

告知。5月中に低品質のまとめを削除いたします

毎週やっていることではありますが
・違反まとめ
・1サイトのみからの引用まとめ
・低品質まとめ
を主に削除致します。

ただまとめるだけではなく まとめた本人の視点も書いていただくとGoogleからの評価も上がります

告知。5月中に既存のまとめに付いている「テーマ」を正しく付け直します

Sharetubeは「テーマ」を元にコンテンツを整理整頓していきたいと考えていまして、この機能が将来大事になってくるので、今からしっかりとしたテーマ付けをよろしくお願いいたします。

基本的に大見出し、中見出し、小見出しに出てくる人名、場所名、問題テーマ、感情etc...などを細かくテーマ付けしていただくと助かります。

シリーズものであれば
「〇〇シリーズ」のようなオリジナルテーマをつけて欲しいです。

まとめ

久しぶりのSharetubeマガジンとなりましたが、いかがだったでしょうか?
雑なまとめを100個書くよりも、しっかりしたまとめを1個書いた方が流入があります。
それを念頭に置いて、まとめを作成していただきましたら運営側としてはありがたいです。

まだまだ至らぬことが多い運営ではありますが、これからもよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。