• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
京都の穴場はここ!絶対訪ねてみる価値あり!!

サムネイル出典:

京都の穴場はここ!絶対訪ねてみる価値あり!!

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
京都の穴場はここ!絶対訪ねてみる価値あり!!

醍醐寺

醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある、真言宗醍醐派総本山の寺院。山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。本尊は薬師如来、開基(創立者)は理源大師聖宝である。古都京都の文化財として世界遺産に登録されている

所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22 

出典:醍醐寺 - Wikipedia

	

瑠璃光院(るりこういん)

窓を覗くと辺り一面が真っ赤に染まる美しい景色。京都・光明寺にある「瑠璃光院(るりこういん)」は、京都の八瀬(やせ)という地にひっそりと佇む由緒あるお寺で、秋の京都を彩る大人気の紅葉名所です。

所在地 京都市左京区上高野東山55 

出典:瑠璃光院 | 京都の観光スポット | 京都観光情報 KYOTOdesign

	

梅小路公園・朱雀の庭

朱雀の庭は、長年にわたって培ってきた京都の作庭技術・技法の粋を結集し、平成の時代にふさわしい空間づくり、伝統と創生の調和をめざした約9,000平方メートルの池泉回遊式庭園です。

庭園中央の池の周囲には築山(つきやま)や滝、野筋(のすじ)※2や花床などが配置され、歩みにつれて変化する景は、訪れるたびに新鮮な発見に満ちています。現在の感覚にもマッチする新しい試みを随所に取り入れたこの庭園は、平安建都1200年を記念し、平成の様式美を表現した新しい市民の憩いの場として親しまれています。

所在地 京都市下京区観喜寺町56-3 

出典:朱雀の庭 | 梅小路公園 | 京都市都市緑化協会

	

光明院

東福寺塔頭。1391年(明徳2)金山明昶の開創。方丈前の庭園は波心の庭。池泉式の枯山水で、州浜型の枯池に三尊石組を配し、背後にサツキやツツジを雲紋になぞらえて刈り込み、雲の上に茶亭蘿月(らげつ)庵があり、月が昇る姿を形どる。入り口に雲嶺の庭がある。

所在地 京都府京都市東山区本町15−809 

出典:京都観光Navi:光明院

	

鹿王院

本堂(開山堂) - 方三間(柱間が正面側面とも3間)、寄棟造、桟瓦葺き。本尊釈迦如来坐像を安置する仏殿であるとともに、開山春屋妙葩の塔所でもある。本尊像のほか、普明国師(春屋妙葩)像、足利義満像、虎岑和尚像などを安置する。延宝4年(1676年)の建立。

所在地 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24 

出典:鹿王院 - Wikipedia

	

神應寺

貞観2年に石清水八幡宮を勧請し建立されました。建立した当時は「應神寺」だったそうですが、天皇の号をはばかって「神應寺」と改められました。大阪の「淀屋橋」を架けた江戸時代の豪商、5代目淀屋辰五郎の墓が本堂の西にあります。

この淀屋辰五郎は、幕府だけでなく西国33ヵ国に大名貸しを行った人物でもあり、百万石の大名も凌ぐとも言われているのです!!

所在地 京都府八幡市八幡西高坊24 

出典:神應寺 クチコミガイド【フォートラベル】|八幡・城陽

	

雲龍院

昭和30年になってから一般開放されるようになった、皇室と大変ゆかりの深い泉涌寺(せんにゅうじ)。それよりもさらに山の手にある「雲龍院」は、総本山泉涌寺の別院であり、真言宗泉涌寺派の別格本山として位置付けられています。

もし、泉涌寺が何らかの事情で皇室行事ができない場合、雲龍院が変わって執り行うことになっているそうです。皇室専用の勅使門が置かれているのも、今なお皇室と深い関係で結びついている表れです。

所在地 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36 

出典:ちょっと言いたくなる 京都通 : 宇治茶 伊藤久右衛門

	

白龍園

京都にある白龍園という場所をご存知ですか?

おそらく知らない人が多いのではないでしょうか。それもそのはず、白龍園は2012年に初公開となったばかりの場所。なにがすごいかと言うと、新緑が芽吹く春の1ヶ月半と、紅葉の見頃である11月の1ヶ月間しか公開しておらず、しかも1日100人限定という超限定スポットなのです。

所在地 京都府京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

出典:京都・白龍園 - 1日100人限定、知る人ぞ知る秘密の庭園 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン

	

厭離庵(えんりあん)

臨済宗天龍寺派の寺院。藤原定家の小倉山荘跡で、定家が百人一首を撰したところという。のち荒廃し、江戸中期に令泉家が修復。霊元法皇から厭離庵の号を賜わる。その後再び衰え、明治に入り復興。書院のほか、茶席時雨亭、定家塚などがある。(非公開)明治四十三年白木屋社長大村彦太郎氏が佛堂と庫裡を建立され山岡鉄舟氏の娘素心尼が住職され以後尼寺となる。

所在地 右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2 

出典:京都観光Navi:厭離庵

	

桂春院

妙心寺塔頭。慶長年間(1596-1615)美濃の豪族石河壱岐守貞政が父の菩提を弔うため、桂南和尚を請じて創建した。庭園(名勝・史跡)は江戸時代の作庭で、方丈南庭、東庭、書院前庭の三つに分かれ、三様の趣きを持ち、飛び石伝いに続く。書院の東北隅に、藤村庸軒ゆかりの草庵風茶室「既白庵」がある。
建立:1598(慶長3)年6月

所在地 右京区花園寺ノ中町11 

出典:京都観光Navi:桂春院

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。