• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
塔の上のラプンツェル グリム童話の原作が怖くて面白い

サムネイル出典:

塔の上のラプンツェル グリム童話の原作が怖くて面白い

Author:
うぃぐうぃぐ
Posted date:
Update date:2017年06月27日
塔の上のラプンツェル グリム童話の原作が怖くて面白い
大人気のディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル 」ですが、実は原作のグリム童話はストーリーがディズニーアニメとは全く違います。え?どう違うのかって?それは、このページを読んでのお楽しみです。

塔の上のラプンツェルって?

『塔の上のラプンツェル』(とうのうえのラプンツェル、原題: Tangled )は、2010年のアメリカ合衆国のアニメ映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目であり、初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」。

出典:塔の上のラプンツェル - Wikipedia

	
	

ディズニーアニメのストーリー

ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに伝えるが、いつものように「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。
その日の朝早くに城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーは、衛兵に追われて森へと逃げ込んでいた。追っ手を振り切った先で塔を見つけたフリンは壁をよじ登って侵入するが、油断したところをラプンツェルに気絶させられてしまう。一人で侵入者を捕まえたことで自信をつけたラプンツェルはティアラを隠し、目を覚ましたフリンに、ラプンツェルは"自分を「灯り」が現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること。そうすればティアラを返す"という条件を突きつける。得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れる。

ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせる。一方、森の中に衛兵の馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つける。事態を察したゴーテルは、ラプンツェルを捜し始めるのだった。

出典:塔の上のラプンツェル - Wikipedia

	

映画を観た方の感想は?

『塔の上のラプンツェル』をはじめて観たんだけど。もっと早く観るべきだったわ
	
塔の上のラプンツェル観たよ、面白かった!
	
『塔の上のラプンツェル』久しぶりに観たけど、やっぱり面白い!
最後泣いちゃったし😂
	
と、ファンの多い塔の上のラプンツェルですが、実は原作は全然違うストーリーなんです。

ちょっと残酷で、少し官能的な物語なんですよ。

映画の大ファンの方はその世界観が壊れないよう知らない方が良いかもしれませんので、この先を読む方は自己責任でお願いします。

ラプンツェルの原作 あらすじ

そもそも、ラプンツェルには原作が存在しないようです。

グリム兄弟が口伝されていた昔話を集めて編集したものがありますが、グリム兄弟が作者というわけでもないようです。

ですので、完ぺきな原作というものは存在しないものの、古くから口伝されたストーリーがあるようです。

正確には原作はありませんが、話を難しくしないために、ここではあえて原作という態で話を進めさせてもらいます。
ここからは、簡単にあらすじを説明します。

※※※※※※※※※※※※※※

あるところに、子どもがなかなか授からない夫婦がおりました。

やっとのことで身ごもることができた妻が、ラプンツェル(野菜)が食べたいと言い出しました。

夫は困ります。

妻があまりに食べたいというので、夫は隣の家の庭からラプンツェルを盗んでしまいます。

妻はそれを食べてとても喜び、もっと欲しがります。

もう一度夫が隣の家に盗みに入るのですが、見つかってしまいます。

恐ろしいことに、隣の家の住人は悪い妖精(魔女の場合もあり)でした。
妖精は盗みを許してくれると言います。

ですが、許す条件が生まれてきた子どもは妖精が貰うというものでした。

恐ろしい顔の妖精を前にして、怯えてしまった夫はその条件を飲んでしまいます。

生まれてきた子どもは女の子で、ラプンツェルという名を貰いました。

妖精はラプンツェルをすぐに連れて行ってしまい、森の中にある高い塔の最上階に閉じ込めて育てました。

その塔には入口も階段もはしごもありません。

最上階に窓が一つあるだけでした。
妖精だけしか最上階へ行くことができない造りになっているのです。

なぜ妖精だけが行けるのかと言えば、ラプンツェルの髪を下まで伸ばして、その髪をよじ登って塔内に入るのです。

ある日のこと。

王子が塔にいるラプンツェルの存在に気が付きます。

そして、王子はラプンツェルに恋をしてしまうのです。

ですが、塔には入口がありません。

王子は何度も塔に通いつめ、塔への入り方を学びました。
ある晩、王子は塔内に入るとラプンツェルと結ばれます。(ここで本当は官能的な描写あり)

ラプンツェルは妊娠してしまい、それに気が付いた妖精は怒り狂い、ラプンツェルを荒野へと追いやります。

その後ラプンツェルは子どもを産みますが、親子二人はホームレスとして生きていくことになってしまいました。

何も知らない王子が塔に来ると、そこにラプンツェルはいません。

鬼のような顔をした妖精がいるだけです。

ガクガクと震えて怯えてしまった王子は、そのまま塔から落ちてしまいました。

そのときに、失明してしまうのです。
失明して森の中をさまよっていた王子は、聞き覚えのある歌声に惹かれ、森を進みました。

そこでラプンツェルと再開したのです。

もちろん、二人の間にできた子も一緒にいます。

ラプンツェルと王子は再会に涙し、3人で暮らしていくのでした。
と、あらすじはこんな話です。

色々衝撃を受ける箇所はありますが、まず何と言ってもラプンツェルの本当のお父さんが妖精に怯えて実の子を簡単に渡してしまうところでしょう。

お父さん薄情すぎます。

次に王子様が、とても情けないのですね。

妖精に怯えて塔から落ちてしまうのですから。

女性に手を出すのは早いけど、ホントは何もできない情けない男性に思えてしまいます。

ラストも、本当に「めでたし、めでたし」なのか謎です。

王子様と再会できたものの、果たしてその後どうやって暮らしていくのでしょう?

二人ともホームレス状態ですからね。

ラプンツェルと子どもと元王子様の3人は、この先は物乞いをして生きていくしかないのではないでしょうか…

筆者には、これが「めでたし、めでたし」とは思えません…

ほら、けっこう衝撃を受ける内容ですよね。
もっと詳しく読みたい方は、Amazonの青空文庫で無料で読めるのでそちらで読んでみると良いかもしれません。
ただ、青空文庫は文章が少し古くて、ちょっと読みにくいのでこちら↓のページもどうぞ。

こちらの方が読みやすいので、ストーリーが入ってくると思います。
関連ページ。
↓↓↓↓↓

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ

釣りと食べ歩きが趣味の会社員(♂)です。前職はライターをしてました。