• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【27話】おんな城主直虎感想まとめ145

【27話】おんな城主直虎感想まとめ145

Author:
kangidankangidan
Release Date:
【27話】おんな城主直虎感想まとめ145

記事リンク、botツイート等は除外して見やすくしてあります。

先日の放送で脚光を浴びた堀川城。
から南西に5分ほど歩くと堀川城址があります。
堀川城址には駐車場がありませんので、ドラマ館の駐車場をご利用いただき、ドラマ館を楽しんだ後、少し足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
	
直虎の中野役の人の、芝居が見ててしんどい。
	
初期の直虎予告編の完成度の高さすごくて、限られた尺の中で見所余すことなく伝えてるのなもっと見たくなる。
	
大河直虎、織田,豊臣,徳川がガンガン出てくれないと離脱しちゃいそう。高橋一生と柳楽優弥が居なかったら離脱してたと思う。早く「大博打のはじまりじゃあああああー!」みたいにならないかな。てか、なるの?
	
いやぁ直虎、難しい過ぎて楽しい。
	
ほんまに
音羽の周りには、エエ男ばっかりやんけど
	
直虎総集編にムロさんでてる!っと観てたら青ジャージ?の中学生か高校生ぽい人が出てきて吹いた。



	
天然の要塞を活かせるのは城をつくるうえでは大きなアドバンテージ 
	
「自由」って言葉を使えないのはまた不便でもあり楽しくもあるなあ。
	
頼りになる政次 ଘ(੭ु*ˊ꒳​ˋ)੭ु*.°

	
プラトニックの間は、♀有利 鉄則だわ。
	
この独眼竜政宗ちっくな音楽、好きー。
	
北条といい、今川といい、危険になれば白塗りするのか  
	
派手な戦はないけども
なんかドキドキする頭脳戦
の醍醐味
	
見守る政次がだんだん飛雄馬のお姉ちゃんに見えてきた件
	
モン=サン=ミシェルというか、厳島神社というか。
	
おお、まるで沖縄海洋博のアクアポリスみたいな城だ。
	
スタジオに田んぼを作ったばかりか、水まで入れてしまいおってからに、このスタッフはww
	
「死の帳面」
ぇ まんま「デスノート…
	
待ってたーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!俺このシーン待ってたーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!政次さんと龍雲丸がいい笑顔で並ぶこのシーン俺ホント待ってたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!! 
	
次週「死の帳面」?!デスノートですか?! 
	
次回「デスノート」ご期待ください
	
直之27話感想です。今日はあまり頻繁には出て来ませんでしたがめちゃめちゃかわいい前歯を見せて笑う顔が見られたので万事オッケー。あのかわいい前歯と涙袋には保険をかけたほうがいいと思うくらいかわいい。
	
成敗!と言いながら最強の武田信玄がくる。これは殺される。  
	
来週は泣けそう。新キャラいっぱいで不穏な予感 
	
政次「おとわが、気賀をとったぞ。」 戦わずして町をとり、城をとった。これが直虎。
	
おんな城主。次回、死の帳面とはデスノート!?
	
政次もそのまわりもとてもいい感じなのだが、長くは続かないってことよな。
	

中村屋
子犬

などなど
愛すべき男が多すぎるこのドラマ
	
高橋一生の表情の演技がうますぎて気持ちがだだもれ
	
あのマツケン信玄の後ろに昌幸パッパがいる。勝てる訳が無い。    
	
政次もカシラも方久も みんな頼もしいイイ男になってきたネ
	
気賀の町衆・中村屋の役者さん味があるなあ、あと柳楽優弥は目が良い。
	
高橋一生いい仕事しすぎてなんかもう怖い
	
「おとわが気賀をとったぞ」
政次の涙の報告、ぐっと心に響きました。
今川氏真の崩れ落ちる政治、一方でひたすら前進する龍雲丸と井伊家の対比が印象的でした。
湖上の城、どんな姿でそびえ立っていたのでしょう!
次回はあの新たな登場人物が!
	
【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第27回・林家きく姫さん】今川は、イベント製作会社か?!と思うくらい次々、企画を打ち出してきてボヤボヤしていませんよね。井伊の側も……続きは
	
浜名湖周辺には水を利用した城があったんだ。
	
武田まだ来ないのかよ。待ちくたびれたぞい。
	
来週もsame time same channelで、皆さんご機嫌よう さようなら!
	
氏真がほうけて白塗りで踊り狂ってたけど、マツケン信玄の方がもっと派手にキラキラで踊るから、踊り対決でも勝てる気がしない、今回の大河の武田VS今川の戦い。  
	
政次が良い人回でしたなあ。あとは直之もっと見たいす!
	
次回、おんな城主直虎「死の帳面」・・・・デスノートですか?(笑)
	
いかなる方面に向けても最強の武田信玄かな…  
	
今日もラブコメ大河「直虎」面白かった。次回「死の帳面」あぁ、DEATH NOTEですやね。
	
中村屋は今日も安心の中"⭕"屋だった…🙆
	
はーー、良かった。楽しかった。領地が増えたよ!しっかし、気賀を手に入れるのに必死になってるけど、武田がいよいよやばそうだぞ!今川は泥舟なのでは…政次も今川外は見えてないのか…!! 
	
直虎、来週は『死の帳面』て
デスノートか(笑)
本当に題名を毎回良く考えるな~、スゴい!!
これで菅田くんでたら大笑いしちゃうけど、まだ出ないよね。



	
今日はBGMも相まってファンタジー感が強かった
モンサンミッシェルみたいな城とか
殿の為の城というよりも姫の為の城みたい
	
来週から更にハードマシマシなストーリーになっていくのに、このタイミングでこんなはっちゃけた事をやっちゃう公式さんが好きすぎて好きすぎて
	
ムロツヨシが入ると締まるなあ。
ゼニの犬🐕
かーっかっかーと鳴いているけど、当時はなんて鳴いたのか?まだびょうびょうではないのか?と思った次第。
	
映画や小説のタイトルをもじっている のサブタイトル。次回は「死の帳面」。デスノートですな(^。^)直虎どんどん面白くなって最高です。
	
おんな城主 直虎📺。面白くなってきた&勉強になる。いつの時代も、身分に関係なく人への思いやり、相手の立場となり行動する、が故の繋がりと信用。これ忘れない。うん、忘れちゃイカン!
	
次回「おんな城主 直虎」サブタイトル[死の帳面]って、「デスノート」?ですか!?
	


何だろなー、、悪くはない、面白くないことはないんだがなー、、

薄っぺらい感じ、、
	
お城には詳しくないんですけど気賀城ってモンサンミッシェルみたいな感じだったのかなあって思っちゃいました。
	
デスノートって何って思ったけど次週のサブタイか
	
「直虎」第27回、いよいよ氏真が大変なことにっ💦しかし、なんとか駿府の賑わいを取り戻していたり、この時期でも正室を気遣う一面を見せたり、尾上氏真は結構頑張っていたほうだと思うぞ…。
次回は今川家の人間としては見逃せない回になりそうな予感だっ…😢 
	
おとわが気賀を手に入れたぞ…
この言葉にグッときた
	
」のサブタイトルってほとんど毎回、映画や小説のパロディ(若しくはそのものズバリ)なのが面白いですね。第3回の「おとわ危機一髪」で初めて「ん?」と気づき、以来、次回予告が毎週楽しみです。来週の「死の帳面」なんて明らかに「デスノート」のパロじゃないですか(^_^;)
	
柳楽君も、ムロさんもほんまええ味出してる。 もちろん松也さんも
	
最後政次が「おとわが気賀を取ったぞ」と亡き直親に向かって報告するシーン、幼名を言うことで3人の絆の深さが伝わってきます。今日のあらすじ更新しました。
	
毎回毎回やっている事だけど、今回も現代社会に繋がる「根回しと交渉の重要性」を説いてる直虎は「ああ明日から仕事だなぁ…」という気持ちを植えつけてくれるね!
	
直親に気賀を獲ったことを報告する政次(´ω`*)
	
【今日の政次まとめ】
・日の当たり方が絶妙。照明さんグッチョブ
・囲碁シーン再び。
・墓の前で政次の素を見せるところがたまらなく泣けた
・龍雲丸と政次のツーショ
・今日の政次穏やかなお顔でこちらも幸せ




	
龍雲丸、かっこい〜♡タイプ〜♡
🐯🏯
	
井戸で政次を見つめる南渓和尚。鶴の本心を知ってるのは和尚様だけ。同情しているようにも見えるし、心配しているようにも見える。
	
今日も 面白かったです。
気賀を手に入れた。徐々にレベルアップしていく。
まるでロールプレイイングゲームのように。笑
	
なんだか今日は龍雲丸の回(´ω`)あまり大河ドラマに明るくないのだけど、すごくファンタジーな話だなーって回が多い気がしている。ガチガチな歴史物よりも取っつきやすいのか。
とりあえず近々大河ドラマ館に行ってきます!たのしみっ!
	
にゃんけい「南渓の四次元ポケットは…昔から…誰よりも、温かい…」
♪~You are my 僧 僧 いつもすぐそばにある
	
囲碁のシーンと
井戸のシーンもよかった。
(計らずも韻を踏むことに)
	
「おんな城主直虎」も見ました♪ 気のせいか、パーヴォの音楽が胸にしみます(^^)華やかな音楽でステキです。あと柳楽優弥くんが抜群のかっこよさ。俄然直虎の柴咲コウさんもイキイキ笑顔で輝き始めました。ちょっと展開がジブリっぽいんですけど、ご愛敬で♪  
	
だからNHKさん、はやく但馬様の写真集を出してくださいってば。
	
直虎28話楽しかった。
こんなに安心して見てられたのって初めてじゃないかしら。
それと次回の「死の帳面」って「デスノート」www
Lたんはぁはぁの回でオケ?(ノベライズは読んでません。)
   
	
龍雲丸の雲の謎がついに明かされましたね~。
あるところにはあるけど無いところには無い。現代にも通じますね。今回のエピソードは心に響いた…。
	
2人の揺るぎない関係を表現したであろう、碁を打つ場面を囲碁デートって呼ぶのやめない?
(やめない)
(むしろ、かなり気に入ってる)


	
鶴丸→政次→政鶴と変化していく彼の表情、言動に泣けてきてしまう…。
子役から切り替わった時、政次はずっとペルソナをまとって生きていくと思ってたからね…。
	
ゆきのじが鳥の民でバイトしてて、ダブルで嬉しい。日曜日。
	
直虎の中野役の人の、芝居が見ててしんどい。
	
初期の直虎予告編の完成度の高さすごくて、限られた尺の中で見所余すことなく伝えてるのなもっと見たくなる。
	
大河直虎、織田,豊臣,徳川がガンガン出てくれないと離脱しちゃいそう。高橋一生と柳楽優弥が居なかったら離脱してたと思う。早く「大博打のはじまりじゃあああああー!」みたいにならないかな。てか、なるの?
	
いやぁ直虎、難しい過ぎて楽しい。
	
バイトで今夜の直虎観るのが遅くなったんだが………………………

((関口様ちょろいやん))


	
今夜の『直虎』は、おもしろかった。新たな物語の展開の予感…。
	
しかし、関口様(矢島健一さん)のお目々は、世の女子高生が羨む程の美しい瞳でありますな。キラキラのグレー!そしてかっこいい(小声)


	
今回は、大団円エンディングに向かう乙女ゲーかな?って思いましたよ。
	
瀬戸方久をムロツヨシさんがやったのははまり役だったよなあ、銭の犬でひょうきんでありながらずる賢い感じが出ていていいよね 
	
和尚さまー。あんな顔して見てるんだったら、政次の為に、『お前なぁー、』から始まって、なんか言ってあげて!じゃなければ、なんか裏で小細工して!
	
柳楽優弥の男気が溢れすぎて震える笑
しかし浜名湖周辺にたくさん城があったんだなぁ、知らなんだ。泣くような回じゃないのになんか泣いてたずっとww
	
一気に見たから1話だとあまりに話が進まなくてね、色々もどかしくてね、先が気になってね、歴史のあらすじ見ようかどうしようかとヤキモキしてしまうのです。
	
今週の直虎、初見の段階で気になってたんだけど。大沢様の方から断らせる策を思いついて、里に戻ったら真っ先に政次探してたであろう殿。井戸のところに到達するまで「政次、政次はどこじゃー!」と立寄そうなところをひたすらかけずり回ってた姿を想像すると…(ムネアツ)。
	
急にこの場面が懐かしくなった。
直虎、そこそこ面白いけど、戦国時代が舞台の中小企業物語にしか見えないからなぁ。
去年の真田丸らしさを求めちゃいけないのだろうけど、この気持ちって真田丸ロス?
	
今週の直虎。
二転三転して、遂に気賀を領地にした直虎。
今回の最功労賞は方久だけど、龍雲丸、政次達、皆の力があってこそ。
何より、1滴の血も流さずに領地を獲るという“理想”を成し遂げたことが見事。
	
もっとも、そこにはピンチをチャンスに変えるような、偶然の重なりが味方した部分もあるだろうけど、そこを逃さなかったのは、直虎の領主としての成長でもある。
	
あと、ひっそりじゃなく、あからさまに文を殿に宛てて出しちゃった政次。
そして、ふたりの新居(違)で(ふたりきりじゃないのに)殿にタメ口になってる政次。
いつもの今川への警戒心と敵対行動(の演技)はどうしたよ(笑)。完全にフラグだから。
	
冒頭で、気賀の城主の話に、意外にも慎重な態度を見せた直虎と、意外にもノリ気だった政次の対比も、2人の関係性の変化が描写されてて、良かった。
お互いが、何を思っているか、どう考えるだろうかが、もう分かってるんだよね。
	
今日も「直虎」一緒に観ていて、「なおとらは1582ねんに死んだんだよ」て教えてくれました。「という事は、直虎って本能寺の変があった年に死んじゃうんだね…」て言ったら「そうだよ」と。コッソリ調べたら本当だった(・・;)

	
今回のもうひとつの注目点は、龍雲丸の心の変化を、その生い立ちを追いながら描くことで、説得力のある者にしたこと。
凄絶な過去があるからこそ、束縛されない自由を求めていた筈が、だからこそ、いつの間にか絆や、安住の地を求めていた。
	
互いにないものを相手に見ながらも、本質的に同じものを持ちあわせてる直虎と龍雲丸だからこそ、政次とは違った絆を築けたんだろうね。
	
ラストシーンで、政次が龍雲丸を、本当に認めたようなシーン。

なかなか感無量でした(^^)
	
本田博太郎の👏🙆のジェスチャーがツボすぎて。
	
来週のデスノート回から政次ロスト回まで、井伊はしっかり転げ落ちていきますからね…。幸せなのは今週までっていう。
でも政次の、何をしてでも井伊(=おとわ)を守るっていう意志の強さと自己犠牲が最大の見せ場になるのは間違いない。とても悲しいが。
	
今回の一番の名シーンは、やっぱり、ここ。

「おとわが、気賀を獲ったぞ」

この時の政次、静かな笑顔の中に、自分のことのように喜んでる様子が見えて、素晴らしかった!
	
今週のツボ。
氏真様、ぶっ壊れる(wwww
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kangidan

芸術文化振興組織「文芸実験室」主宰。芸術助成金研究や、アーツコンサルティングの研究。現在2芸術系団体の監事。20位上の芸術系団体の各種申請協力、広報協力。高野山真言宗にて得度。某派入峯行準先達。岡山美作の古流神道の二十七代目宗家伝承。