• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】見回り・治験・窓に映った自分の顔【怖い話】

サムネイル出典:

【閲覧注意】見回り・治験・窓に映った自分の顔【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】見回り・治験・窓に映った自分の顔【怖い話】

窓に映った自分の顔

彼女は、交差点の店の窓に映った自分の姿がやけに気になった。
窓は彼女の上半身を映していた。
はじめは見間違いだと思ったが、そこに映っている自分が、どこかおかしいのだ。

あれは窓ガラスだから、鏡みたいにちゃんと映らないんだ、暗いから、そんな風に見えるだけ…
そう自分に言い聞かせたが、よく見れば見るほど、何がおかしいのかハッキリ見えてきて恐ろしくなった。

その数分前、彼女は小さな神社と墓地に挟まれたその道を、自転車で家路を急いでいた。
「痛いっ」
鳥居の前まで来たとき、おでこに小石のようなものが当たった気がして、ブレーキをかけて足元を見た。
白いチョークで道路にいたずら書きのようなものがある。
チョークの線を何気なく目で追っていくと、事故現場で死体の周りを囲って書く、あの印が自転車の真下にあった。

交差点の店の窓に映った自分の姿…。
自分の顔に別人の顔が貼りついている。
たぶん同じ年ごろの女で、彼女が恐る恐る自分の顔を手で触ると、窓に映った自分も同じ動きをした。
その手の中で、女の顔だけがニタリと笑った。
彼女は赤信号を無視して、全速力で自転車を走らせた。

家に着くと、母親がキッチンから出てきて、何か話しかけてきた。
彼女は顔を見られたくなくて、急いで自分の部屋に入った。
母親に見られたとき、自分の顔が別人だったら…。
恐怖でいっぱいだったが、ちゃんと確認して安心したい。
その思いが強くなり、手鏡を取り出してゆっくりと目を開いた。
鏡に映っていたのは見慣れた自分の顔だった。やっぱり見間違いだった!
安心して鏡をしまおうとしたとき、彼女の真後ろを誰かが通ったように感じた。
思わず振り向いたが、誰もいない。

気分がすっきりしないまま、とりあえず着替えようと制服を脱いだ時、小石のようなものがころっと転がり落ちた。
神社の前でおでこに当たった小石だと思って床を見ると、そこに落ちていたのは、折れた人間の奥歯だった。
その時、
「コンコン」
ノックの音が聞こえ、彼女はびっくりしてドアを見た。
「コンコンコンッ」
声が出ない。ノックはだんだん大きくなってくる。
どうしようもできなくて、両耳を押さえてしゃがみ込んだ時、
「ちょっと、なにやってんの?」
母親だった。片手にはジュースが2つ乗ったトレイを持っていた。
うずくまっている彼女を見て、あれっ?という顔つきをしながら、部屋の中をキョロキョロ見回した。
「ねぇ、お友達はどこ?」

母親は、彼女が女の子と一緒に2階へ上がっていくのを見たと言った。

治験

治験薬番号「TGN1412」の恐怖。これは実話である。
製薬会社は新しい薬の効果を調べるため、健康な人間に投与してみる。
もちろん、その前には動物実験をして副作用などの問題が出なかったら、何百分の1かの量を人間で試す。

治験を受ける被験者は7人で、そのうち2人は偽薬(ただの生理水とか)を投与した。
しばらくすると、5人は全身の激しい痛みを訴え、大量の嘔吐、皮膚はどす黒くなり、頭は3倍に腫れ上がった。
治験用ベッドは地獄絵図の様相を呈した。
あまりの苦しみのため、医師に殺してくれと懇願した者もいた。
全員が意識を失って集中治療室で人工呼吸器をつけられた。
死亡者は出なかったが、足の指を全部、手の指を3本失って車椅子生活になった者もいた。

治験薬番号「TGN1412」。検索すれば真実が分かる。

見回り

その日、俺はパソコンのトラブルで同僚と二人で22時頃まで残業していた。
仕事が終わって、最後の退出になるため4階から順番にエレベーターで降りながら、すべての階の電気を確認していった。

会社は4階建てのこぢんまりとした自社ビルで、古いながらもエレベーターがあった。
4階、3階、2階とチェックが終わり、あとは1階を残すだけ。

ところが、1階に降りるとフロアの様子が変だった。
1階は大きいワンフロアになってるはずなのに、エレベーターを降りてまっすぐ歩くと、棚にぶつかったのだ。
真っ暗で見えない状態だが、明らかに1階ではない。
「おい、ここ2階じゃないか」同僚が言った。

言われてみれば、エレベーターを降りてまっすぐの場所に棚があるのは2階だけだ。
でも、さっき2階は確認したはず。その後、確かにエレベーターで1階へ下りたはずだ。
「と、とりあえず、下に降りよう」
そういって、エレベーターに向かったとき、フロアの隅にあるトイレからジャーと水を流す音が聞こえてきた。
それと同時に、トイレの明かりがついた。

思わず、同僚と顔を見合わせたが、そもそもトイレの電気のスイッチはトイレの外側についているので、
中にいる人は点けられないはずだ…。
一瞬で鳥肌が立ち、急いでエレベーターに乗り込んだ。
閉まるボタンと1階のボタンを連打したが、エレベーターが古いせいか、なかなかドアが閉まらない。
その間、怖くて仕方ないのにトイレの扉が気になってしまう。

今度は無事に1階に着き、タイムカードを押して鍵を閉めた。
安心した気持ちで同僚を見ると、顔をひきつらせている。
「エレベーターの扉が閉まりきる直前にトイレの扉が開いた」

「何か見えたのか?」と聞くと、同僚は首を振った。
「なにも、ない。何も見えなかった」
誰も居なかったのに水が流れて、電気が点いたのだ。
俺たちは恐怖のあまり、一目散に走り出した。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran