• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】エリーゼのために・警察官の無念・家が怖い【怖い話】

【閲覧注意】エリーゼのために・警察官の無念・家が怖い【怖い話】

Author:
haranharan
Release Date:
【閲覧注意】エリーゼのために・警察官の無念・家が怖い【怖い話】

エリーゼのために

268 :1/6:2009/12/15(火) 22:15:46 ID:1fSqPHYk0 
病院にまつわる幽霊系の話はよく聞きますが、自分では1つしか体験したことがありません。 
というわけで、その唯一を…。 

これも研修医時代、しかも働き始めの4月です。(日付まで覚えています) 
おりしも世間はお花見+新歓シーズン真っただ中。 
浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 

ちなみに、ある意味洒落にならないことに、前後不覚の酔っ払いは研修医のいい練習台です。 
普段めったに使わない太い針で、点滴の練習をさせられたりしました。 
一応治療上、太い針で点滴をとって急速輸液ってのは、医学上正しいのも事実ですよ? 
でも、血行がよくて血管がとりやすく、失敗しても怒られず、しかも大半は健康な成人男性というわけで、 
上の先生にいやおうなしに一番太い針を渡され、何回も何回もやり直しをさせられながら、 
半泣きでブスブスやってました。 
普通の22G針は、研修医同士で何回か練習すればすぐ入れれるのですが、 
16Gという輸血の為の針になるとなかなかコツがつかめず、入れられる方も激痛… 
でも練習しておかないと、出血で血管のへしゃげた交通事故の被害者なんかには絶対入らないわけで。 
(皆様、特に春は飲みすぎには注意ですよ!) 


269 :2/6:2009/12/15(火) 22:16:37 ID:1fSqPHYk0 
話を戻します。 
その日の深夜、心肺停止の患者が搬送されてきました。 
まだ本当に若い方で、医者になりたての若造は使命感に燃え、教科書通りに必死に蘇生を行いました。 
しかし結局30分経過したところで、ご家族と連絡をとった統括当直医の一言で全ては終了。 
その方は、(自分は知りませんでしたが)今まで何回も自殺未遂で受診していた常連さん。 
しかもいわゆる『引き際を抑えた見事な未遂』で、ギリギリ死なない程度でとどめていたようです。 
しかし今回、運が悪かったというのか自業自得というのか… 
だいぶ薬のせいで心臓が弱っていたらしく、(推測ですが)まさかの心停止。 
駆けつけた知人という人も、固定電話から救急車は要請したものの、到着時にはその場におらず連絡不能。 
状況から事件性が否定できないため、警察に連絡。 
検視が行われることになりましたが、『たまたま大きな事件があったので朝まで引き取れない』とのこと。 

家族と連絡を取る時、やむを得ず故人の携帯を見て連絡をとりましたが、あっさり蘇生中止を希望。 
『生前、家族全員をさんざん振り回し、借金を負わせ、みんなが疲れきって病んでしまった。 
 自殺が最後の希望だったろうから、頼むから逝かせてやってくれ』と…。 
死亡確認後、改めて連絡しましたが、 
地方に住んでいて、今晩は引き取りにも付添にもいけないとのことでした。 
最後に携帯から電話をしていた(おそらく通報者でしょう)異性の知人にも連絡をとりましたが、 
『今までまとわりつかれ、逃げようとすれば自殺未遂をされて疲れ切っていた。 
 家族でも友達でも何でもない。もう関わりたくない』 
と泣き声で通話を切り、その後はつながらず…。 

暗澹とした気分になりました。最初の社会勉強でした。 


271 :3/6:2009/12/15(火) 22:17:53 ID:1fSqPHYk0 
結局「遺体をどうしようか」という話になり、もう一度話は警察へ。 
誰かが面会に来た時にすぐ会えるようにという配慮から、『隔離室』に安置することとなりました。 
この隔離室、少し説明しにくいのですが、救急の一番奥まったところにあります。 
手前から診察スペース(ウォークインの診察室と救急車受け入れ)があり、処置のスペースがあります。 
私たちはだいたい、この処置スペースと診察スペースを行き来しています。 
さらに奥に経過観察用のベッドが10台あるのですが、そのさらに突き当りにあります。 
カーテン付きのドアで仕切られていて、救急室のベッド側と廊下2か所から出入りできますが、 
どちらも施錠できます。(以前知らない間にホームレスが入っていたりしたことがあったので…) 
正しい使用方法はインフルエンザの患者の点滴などですが、今回はそこに入っていただこうというわけです。 
空調も別になっているので、その部屋だけ最低温度に設定してクーラーをかけ、施錠しました。 

ショックを受けていた自分も、すぐにまた怒涛のように運び込まれる酔っ払いの相手をしているうちに、 
その患者のことが頭から抜け落ちて行きました。 
それがだいたい11時ごろ。 
異変が起きたのは、深夜1時半ごろでした。 


272 :4/6:2009/12/15(火) 22:18:50 ID:1fSqPHYk0 
観察用ベッドと隔離ベッドは、先ほども言ったように近いとはいえ少し離れているので、 
各ベッドに一つずつナースコールがあり、鳴らすと『エリーゼのために』が流れます。 
意外と音が大きく、救急全体で聞こえるので、 
だいたい看護師さんが誰か手を止めて、ベッドのところに行ってくれます。 
(しょうもない要件ばかり何回も言ってると、何もしないこともあるみたいですが) 
しかし、悲しいことに看護師よりも研修医の方が立場が下で…あとは察してください。 

というわけでぱっと板を見に行くと、観察室のランプがチカチカ。 
何も考えずにナースコールを取って、「どうしましたか?」と言った瞬間、 
後ろからぱっと別のドクターが切ってしまいました。 
(ちょうど壁についてる固定電話みたいになっています) 
「え・・・」 
「お前良く見ろ、隔離室だぞ」 
「あっ・・・え、あのー、酔っ払いが忍び込んでる、とか?」 
「鍵は俺がかけた」 
そういってポケットから鍵を出す上級医。 
「そして今も持ってる。あとは聞くな、考えるな。こういうことも、たまにある」 
そして鍵を戻してぼそっと、 
「ただの故障だ、厭な偶然、それだけだからな」 

もうそのあとは怖くてしかたありませんでした。 
しかし自分がやらかしてしまったせいでしょうか、その後ベルが鳴る鳴る…。 
ひっきりなしにエリーゼのためにがガンガン流れます。 
そのたびにめんどくさそうに受話器をガチャギリする上級医。 
しかしベルはひどくなる一方でした。 


273 :5/6:2009/12/15(火) 22:19:51 ID:1fSqPHYk0 
♪ミレミシレドラ~…、のメロディーが流れるのですが、 
途中くらいから、こちらが切らなくても勝手に途中で切れるのです。 
ミレミシレドミレミシレド、みたいな感じで。 
最後はミレミシミレミシミレミレミレ…みたいになってましたね。 
明らかにこちらをせかしていました。 
私と同じく入りたての看護師さんもいたのですが、彼女は完全に腰が抜けて泣きながら座り込んでいたし。 
そして、「おい!うっせーんだよ!!さっさと行ってやれやゴルァ!!!!」と空気の読めない酔っ払い共。 
中にはオラオラ言いながら隔離室のドアを蹴るDQNまでいて、ちょっとしたカオスでした。 

そんな中、一人不機嫌オーラを立てていたのは師長さんでした。 
とうとうしびれを切らした彼女は、ツカツカと受話器のところに行ってさっと取ると一言、 
「 黙 っ て さ っ さ と 死 ね ! ! ! ! ! 」 


274 :6/6:2009/12/15(火) 22:20:51 ID:1fSqPHYk0 
救急中にしっかりと声が響き、ぱたりと途絶えたナースコール。 
理解したのかしないのか知りませんが、空気をやっと読んでくれた酔っ払い達。 
くるりと振り返った師長さんは、それはそれは、頼もしいとかじゃなくて純粋に恐ろしかったです。 
「 仕 事 し ろ ! 」 

その後は馬車馬のように働きましたとも。 
酔っ払いはいつも居座ってしまって返すのに苦労するのですが、皆様本当に理解が早かった。 

腰を抜かしていた看護師さんはその後、 
「ICUで死ぬ間際の人が氷をポリポリ食べていて、その音が耳から離れない」 
と言い残して辞めて行きましたが、師長さんいわく「軟弱もの」だからだそうです。 

女社会、子供を5人育て上げ、なおかつ893やDQNのやってくる救急外来をあえて選ぶ、そんな猛者。 
今でも心底恐ろしいです。 

あと、心当たりがあっても、この話はあまり広げないでくださいね。 
特定されたら…考えたくないですから。 


278 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 23:07:23 ID:W3vfcLsc0 
>>274 
これ単に蘇生したとかいうことは、ないの? 


281 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 23:44:00 ID:1fSqPHYk0 
>>278 
当時の自分もちょっと考えましたが、やはり何度考えても答えはNOでした。 
挿管こそしませんでしたが、 
三次救急病院の蘇生メニューで、全くのAsys.(心臓が完全に止まった状態)でしたからね… 
特に低体温などの特殊な状況だったわけでもありませんし。 
医学的常識を超えて蘇生してくるケースを全く否定するわけではありませんが、非常に考えにくいです。 

ちなみに、隔離室はかなり広めの個室です。 
インフルエンザの時期、5組のインフルエンザの子供+保護者を収容できる広さです。 
その中央に、柵付きのベッドを一台だけぽつんと置いた状態。 
ナースコールは一台のみで壁に固定です。 
生きている人を寝かせるときには、延長ケーブルでボタンを持たせますが、 
当然当時は必要ないので、ケーブルは収納していました。 
鍵はあくまで外からの侵入を防ぐためなので、中からはつまみ一つで簡単に開きます。 
本当に生き返って、柵をはずして壁まで歩いてナースコールを鳴らすぐらい元気だったら、 
せめてカーテンを開けて助けを呼ぶくらいしてほしかったかなあ。 

あと、救急外来のナースコールは電話と違い、かけることはできても切ることはできません。 
こっちから切らない限り、新しくかけなおすことはできないはず。 

なので、もっとも科学的に説明がつくのは『故障』なんでしょうね。 
なにはともあれ、自分には色々と洒落にならなかったです。 

警察官の無念

946 :本当にあった怖い名無し:2008/05/08(木) 19:42:33 ID:mczy1heWO 
先に飛び降りの話を書いていて思い出しました。 
一昔前のことですが、目の前で見た、ちょっと洒落にならない話です。 

年末、某県のフェリー乗り場で、船の時間待ちをしていた。 
寒空の下、ベンチに座って海を眺めてたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。 
区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車場内をグルグル回ったり。 
何してんだ?とボンヤリ見てると、俺の側まで来て停まり、中年の痩せた女が出てきた。 
続けて、娘と思われる小学校低学年位の女の子と、もう少し年長の女の子が出てきて、 
中年女にジュースを買って貰っていた。 
自販機を探してたのか、と思い、俺はそれきり興味を無くしていた。 

しばらくして、パトカーが駐車場に入ってきた。 
フェリーの建物に横付けして停め、中から年寄りの警察官と、若い20代前半位の警察官が降りてきた。 
のんびりとした様子で、事件とかいう感じじゃなく、ゆっくりと建物に入っていった。 
年末だったんで、歳末警戒とかいうやつだろう。 
俺もそろそろ中に入ろうかなと思っていると、駐車場の方からタイヤが擦れるキキーという音が聞こえた。 
とっさに振り返ってみると、さっきの軽四が急発進していた。 
海に向かって。 


947 :本当にあった怖い名無し:2008/05/08(木) 19:44:25 ID:mczy1heWO 
スローモーションみたいに、軽四がゆっくりと岸壁から離れ、アっと思っている間に、頭から海中に飛び込んだ。 
俺はしばらくの間呆然としていたが、誰かの「車が海に落ちたぞ!」という叫び声で我に返った。 
辺りにいた数人と、岸壁まで駆け寄る。 
軽四はケツを水面に出して、プカプカ浮いていた。 
俺はどうしよう?と思ったが、何も出来る訳がなく、波間にユラユラ揺れる白い軽四を見ているだけだった。 

しばらくしてフェリーの建物から、従業員と先程の警察官二人が走ってきた。 
しかし、彼等にしたところで何が出来る訳でもなく、岸壁まで来て呆然と立ち尽くした。 
重苦しい緊張が場を支配する。 
やがて意を決したように、若い警察官が上着と拳銃などを吊したベルトを年配の警察官に渡すと、 
一気に海に飛び込んだ。 
海面に浮き上がった警察官は、徐々に沖に流されつつある軽四に向かって泳ぎだした。 
「頑張れ!」 
周囲から警察官に向かって声援が飛ぶ。 
俺も我知らず叫んでいた。 
その警察官はあまり泳ぎが得意ではないらしく、浮き沈みしながらも何とか軽四まで辿り着いた。 
そして車体に手をかけ、リアウィンドウの上によじ登る。 


948 :本当にあった怖い名無し:2008/05/08(木) 19:46:35 ID:mczy1heWO 
軽四は警察官が乗っても、まだプカプカ浮いていた。 
岸壁から大きな歓声が上がる。 
警察官は窓越しに何か叫び、バックドアを開けようと取っ手を動かしていたが、ドアは開かない。 
車体が浮いているからには、中はまだ空気がある筈だが…… 
そう思っていると、いきなり警察官が窓に拳を叩き付けた。何度も何度も。 
「…はなし…やれ。……まき……に……な」 
途切れ途切れに、警察官が怒鳴っているのが聞こえた。 
振り上げる警察官の拳が、遠目にも赤く出血しているのが見える。 
それでも拳を叩きつけるが、窓はなかなか破れない。 
その時、ようやくこの状況に気付いたのか、沖で操業していた漁船が猛スピードで近づいてきた。 
漁船が軽四のすぐ近くまで来て、これで助かる! 
皆がそう思った瞬間、慌てたためか、なんと漁船が軽四に衝突した。 
海に投げ出される警察官。 
しかもバランスが崩れたためか、軽四が急速に沈みだした。 
岸壁から見る大勢の人の前で、あっという間に軽四は波間に消えてしまった。 
出てきた者はいなかった。 


949 :本当にあった怖い名無し:2008/05/08(木) 19:51:00 ID:mczy1heWO 
しばらくして、漁船に救助された警察官が岸に連れられてきた。 
歩くこともできないほど憔悴した若い警察官に、皆が拍手した。俺も手が痛いくらい拍手した。 
助けられなかったけど、十分頑張ったと。 
すると警察官は、地面に突っ伏して大声で泣き出した。 
そして、 
「母親が、どうしても子供を離さんかった。子供が泣きながら手を伸ばしてたのに……」 
鳴咽と一緒に洩れた言葉にゾッとした。 

家が怖い

788 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 18:30:40 ID:HEX3Pcn/0 
母親の部屋の襖に描かれた壷の絵から、河童みたいなのが飛び出して去ってった事があったんだよね… 
一緒の布団に入ってた妹もその事覚えてるし、母親もその話するといきなり不機嫌になる。 
今ではその絵の前に、玄関に置いてあった靴箱を無理矢理置いちゃって、 
部屋がとんでもなく微妙なレイアウトになってる。 
母の部屋が靴だらけで笑うしかない。 

10年くらい前には、何も入ってなかった屋敷神様の祠に、妹が紙粘土で狐の人形を作って入れて、 
その直後に妹は狂ったように暴れる、徘徊癖、部屋に入ると1ヶ月近く何も食べない出てこない… 
(屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、妹はこっちも御狐様かと勘違いしたのかも) 

これだけじゃないけど…正直、自分の家なのに凄く怖いです。 
知らないおじいさんと子供もいるみたいで、 
外にある鉄の階段を上り下りする音が、毎年初夏の早朝聞こえてきたり。 
何なんだろう。とにかく家が歪んでるみたいな気がして怖いです。 
外に出かけると稀に脳みそに直接響くみたいな感じで、周りに誰も居ないのに超至近距離で囁かれたりします。 


791 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:25:39 ID:Y+qDG4GDO 
>>788 
古い家だったりするの? 
それとも曰くのある土地だったり。 


792 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:28:34 ID:HEX3Pcn/0 
788です。 
住んでるのは富士山麓・・・えっと、正直に言うと富士五湖周辺の某地です。 
家も古いし、土地も人の住むような場所じゃない所を、無理矢理整地した様な溶岩台地の上に住んでます。 
やっぱり土地が悪いのでしょうか。 


794 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:53:06 ID:HEX3Pcn/0 
初めの書き込みがあまりに支離滅裂で申し訳ありません。 
もう少しだけ詳しく書きますね…。連続での書き込みをお許し下さい。 

河童っぽいヤツ→とにかく頭と目が身体に対して物凄く大きい。 
サッカーボール程の頭に布切れみたいな身体(?)。 
でも地元では、河童信仰というものは全くありません。 

祠事件(と我が家では呼んでます)→妹の部屋の入り口に、おにぎりやお茶を置いても手を付けた形跡全く無し。 
いきなり失踪したかと思えば、裸足で河○湖まで素足で徘徊。 
親も流石にヤバイと思い、部屋から叫びまくる妹を無理矢理引きずり出して御祓い。 
その後は以前よりマシにはなりました。 
神主さんに言われて、今でも毎月24日ごろに、卵やお米等、色んなお供え物をして祠と御社を祀ってます。 

家に居る知らないおじいさんの霊みたいなのは、 
屋敷神様の祠に住み着いた隣の人の霊だと、御祓いしてくれた神主様に言われました。 
(これは話すと長くなります;) 

子供は謎です。夏になると聞こえる足跡が軽いので、子供だと思うのですが… 

…書き込みながら色々思い出して、またパニックになりかけてしまいました。 
読んで下さった方には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですorz 


803 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 02:58:26 ID:CwfHQw0B0 
794…というか788です 
アンカーの付け方を知らないので解り辛いですね;すみません。 
私の話に耳を傾けて下さる方がいらしてくれて嬉しいです…有り難う御座います。 

えと、妹は数年前の御祓い後、段々と普通の女の子の様になってきましたが、 
その時に中学3年生だったので高校入試に間に合わず、結局は中卒になってしまい、 
現在は自宅にて通信教育をして、今までの遅れを取り戻そうと頑張ってます。(因みに20代前半です) 
御祓い等、その時の事は触れないようにしているのですが… 
あの時に自分で自分の髪をむしってしまって、今はウイッグで誤魔化してます。 
毛根にダメージがいってしまったのか、全然生えてこないんです。髪が。 
また…ふとしたきっかけで、今度は別の家族の誰かがああなりそうで怖いです。 

屋敷神様の件なのですが、今の新しい社に変える前の古い社に、 
何故か隣のお爺さん(かなり昔に亡くなられてる方です)の名前が書かれた、お札が入っていたそうです。 
お彼岸とかでお墓参りする時に、その人のお墓にもお線香をあげに行ってます。 

そういえば台所にも、台所の神様に隠しているような感じで、別の神様がいます。 
真っ黒い、握りこぶし大のダルマのような神様です。 
これといった話は無いのですが、不思議で堪りません。 
新米とイワシを食べる日には必ず、この神様にもお供えします。誰なんだろう? 

裏庭にも小さい神様が居るので、ほぼ家の四隅に何かしらの神様を祀ってます。 
友達や知り合いに聞いてみたのですが、 
屋敷神様や神棚はあっても、私の家の様に沢山は祀っていないそうです。 

あと外の鉄製の階段。 
その階段を下りると、目の前にお稲荷さんと屋敷神様の社があるので、夜は降りるの怖いです。 
霊感が少しでもある人なら、先ずココで気持ち悪い、寒いって思うらしいです。 
神様なのになんでだろう…と不安になります。 

父の部屋に飾られた刺繍絵の湖の水面が動いたと、家に遊びに来た友達が騒いだ事もありました。 

面白い、と思って下さったのなら、勇気を出して書き込んだ甲斐があります。 
本当は「これからどうしよう」っていう気持ちでいっぱいなのですが; 
今後が心配だし、とにかく怖いです。毎回長文ですみません。 


807 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:22:48 ID:bo5iRB1+O 
>>788 
>屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、 

↑ 
これはマズくないの?祠だから大丈夫なのかね…よく分からんが。 
ずっと昔からそういう状態なの? 


808 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:26:03 ID:qa18t4R50 
速攻で引っ越す事をお奨めしたいな。 
正直、それだけの目に逢っているのに、まだその土地に居るって事そのものが、土地に縛られてる。 

隣に何時人を刺すか判らない(しかも刺した事のある)通り魔が住んでいたら、引っ越すしかないだろう? 
状況はそれよりも悪い様な気がするな。 


810 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 04:54:40 ID:UqA0qGjf0 
ケガレチの封印にしか見えん803の家。 
もう家族全員が異常に慣れてしまってる感じ。 
生贄状態なんだと思う。 
家族の誰かが変死しても、それをおかしく思わないようになってくる。 
まだ正気が残っている今の内に引越しするのが先決だろう。 
手遅れにならない内にね。 


811 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:20:58 ID:8zS8TP32O 
お守りでさえ喧嘩するってよく言うのに、そんなに神様奉って大丈夫なのかな? 
>>803 
そもそも神様ってのはたたるもんなんだよ。 


812 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:29:44 ID:WrIXtppY0 
>>811 
そうそう。 
祠なんかで祭られてる日本の『かみさま』ってのは、たいていが雑魚の低級霊で、 
そもそも人間を守るようなもんじゃなく、むしろ逆にキゲンをそこねないようにと祭ってある場合がほとんど。 
「○○しないと、悪さするぞ」とばかりに脅しをかけてくるような、霊界のヤクザみたいな存在だよ。 
そんなものを大量に敷地内に飼ってたら、平和に暮らせるわけがない。 
さりとて、霊界ヤクザに出て行ってもらうのは難しい。 

ヤクザに取り囲まれた家でおびえて暮らすより、逃げ出した方が利口。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran