• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】這い上がってきた男・冷蔵庫・自動車事故・まっくろくろすけ・遭難者の遺言・首がない【怖い話】

サムネイル出典:

【閲覧注意】這い上がってきた男・冷蔵庫・自動車事故・まっくろくろすけ・遭難者の遺言・首がない【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】這い上がってきた男・冷蔵庫・自動車事故・まっくろくろすけ・遭難者の遺言・首がない【怖い話】

這い上がってきた男

奈良県の大峰山地は近畿の屋根って呼ばれてる。それはそれは山奥の天川村と上北山村の境に行者還トンネルってのがある。一応国道の309号線だけど車がすれ違い出来ない幅員の場所も多く酷道とか言われてる。
有名じゃないけど一部ではここより怖いトンネルは無いんじゃない?と超1級心霊スポットと呼ぶ人もいる。まあトンネル自体ではなく、上北山村の169号線から309号線に分岐する辺りからトンネルにかけての話だけど… 
このトンネルってか309号線は天川村側のトンネル出口から169号線の近くまで冬季通行止め。以前は冬季通行止めじゃなかった。凍結してスリップして崖から落ちた車が多数。
地元の人も避ける道。でも169号線がよく大きな落石で通行止めになって迂回路が309号線しかなく夜でも通らざるを得ないことも多い。
169号線から309号線に入ってしばらくすると崖の上をクネクネ縫うような登り道になる。昼間は絶景だが夜は真っ暗闇で車のライトしか明かりはない。
ビクビクしながら走ってると遠くだが山を下ってくる車のライトがチラッチラッと見える。一本道だからしばらくするとすれ違うはずだが一向に対向車は来ない。
あれっ?おっかしいなあ…
と思いながら走っていく。そして急なカーブを曲がって目に飛び込んできたのは…
崖から血を流した男性が路肩に這い上がってきた。目が合ってしまった瞬間…
うわ! 
男性の腕をひいてしまった。車を止めて男性がいた場所に駆け寄る。
男性がいない。
ひき逃げする気はないが山奥過ぎて携帯は圏外。交通量も夜間はゼロに等しい。急いで里まで降りて警察に電話。警察官と一緒にまた現場に戻る。しかし、あれだけ血を流していたにも関わらず血痕がない。
「ホンマにここ?」まるで狂言扱い。
しかし数日後、警察から連絡があった。
「車が転落してました。ただ…死亡推定時期が半年ほど前なんです。ただ気になるのが…腕の骨が折れてるんですが…亡くなってから折れたようなんですよ。警察がこんなこと言うのおかしいですが見つけて欲しくて崖をよじ登ってきたのかも…」
生きた人間を轢いたんじゃなかったらしい…

冷蔵庫

友人の部屋に泊まり込むと、ほとんど必ずと言っていい程「狭い場所に閉じ込められる」夢を見た。
しかも結構リアルで、手足を縮こまらせているしかないスペースの暗闇で、こちらからはどんなに叩いても悲鳴を上げてもぴくりともせず、何も出来ないままどんどん酸素が減って行くのだ。
いつも死ぬ寸前に目を覚まして、汗びっしょりで目を覚ましていた。

自動車事故

男2人、女2人が深夜のドライブに出かけた。この4人は最近出会ったばかりで、男達は少しでも自分達に女の気を惹きたいと考えていた。そこで男達は、心霊スポットに行かないかと言い出した。真夜中の密室で、少しでもお近づきになりたかったのだ。女達はあまり乗り気ではなかったが承諾した。
その心霊スポットは海岸沿いをしばらく走った後にある。海岸沿いを走っている時は夜の海もキレイで、ドライブを楽しんでいた。だが、しだいに道は険しくなり、車の数も減っていく。雰囲気も徐々に怪しくなっていく。
ここで運転していた男Aが調子に乗ってアクセルを踏み込んだ。「キャハハハー!」「やめなよー!!」そんな事も言い合いながら4人は楽しんでいたはずだった。
だが、次のカーブを曲がりきれず、車はガードレールに突っ込んだ。男Aが目を覚ました時、そこは病室だった。「あっ、起きた!」「よかった」他の3人が男Aのベットを囲んでいた。幸いにも4人は無事だったのである。男Aは泣きながら謝った。「調子に乗ってごめん」他の3人は、怒りながらも無事だったんだから、と言った。
そんなことがあっても4人は休日一緒に遊ぶなど仲がよかった。けれども、あの日以来、4人で遊んでいる時に男Aの様子が少しおかしいのだ。すれ違う人が、奇妙な目で見てくるのだという。他の3人は「心霊スポットでふざけるから、何かに祟られたんじゃないか」何てからかっていた。男Aはしばらくその事を気にしていたが、次第に気にかけなくなっていた。
それから日は経ち、ある日の休日、4人は遊んだ帰りの車の中だった。男Bが「そういえば、あの事故からちょうど1年ぐらいだね」と言った。女達が「あったねそんなこと。あの時は死ぬかと思ったよー」それに対し男Bが「なぁ、もう一回あの場所に行ってみない?あの時、結局最後までいけなかったじゃん?」と言い出した。男Aはあの事故の責任を感じていたので、あまり乗り気じゃなかったが、他の3人が「行こうよ!」というので仕方なく車を走らせた。道中は1年前と同じく穏やかだった。けれども次第に口数は減って言った。
男Aが確認すると、他の3人は疲れからか、寝ていたのだった。仕方なく男Aは一人で音楽を聴きながら車を走らせ、あと少しで事故現場というところまで来たので、3人を起こそうとした。男A「おーい、起きろよ」
…返事はない。次の瞬間、男Aはパニックになった。ブレーキがきかないのである。「ちょっとお前ら起きろ!ブレーキがきかない!!」「おい!」と叫びながら横を見た。
三人の顔が真横にあった。それも笑っている。そしてぽつりと男Aに向かって3人は言った。「何でお前だけ生きてんの?許さないから」
車は1年前と同じ場所で事故を起こし、車は大破した。翌日、新聞のニュースで訃報が流された。

まっくろくろすけ

878 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/02/25(月) 00:07:34.87 ID:i+fVe7V90
マホにしたので初カキコ 

私が小学3~4年生位の頃の話 
怖い話しというよりは変な話しです。 

当時、私は大分県の竹田市って所に住んでて 私の住んでる所の近くには 昔使われてたキリシタンの礼拝堂がありました。  

礼拝堂っていっても綺麗な建物じゃなくて 山を無理やりくり抜いた洞窟にキリストの人形みたいなのがちょこんと置いてあるだけのきったない場所。 

当時、私の通ってた小学校ではかなり話題になった有名な話しなのだが この礼拝堂に暗くなってから行くと まっくろくろすけがやたら出る というものでした。 

どれくらいかというと 本当にわんさか出る。20匹くらいが洞窟あたりでひしめきあってる感じ。
壁やら地面やらに人の顔サイズくらいの黒いモヤモヤがいっぱいいるの。 

たまーに洞窟から出てこっちに向かってくる時があって そんときは友達とギャーギャーいいながら逃げたのはいい思い出。 

遭難者の遺言

とある冬山で遭難した登山者が死体で見つかった時のこと。捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。
遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたものではなかった。しかし日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むことができた。
おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい たのまれたので かきました 
まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違っていた。遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったということだ。

首がない

544 本当にあった怖い名無し New! 2005/07/16(土) 02:01:32 ID:j1JvEYq5O
去年の夏友達4人で海に行ったときの話です。行きはルンルンで音楽爆音にしながらテンション上げて行きました。すると一人がトイレ行きたいと言いコンビニを探しました。
でもそこの地域はなぜか時代が遅れてるような古い感じの地域でした。コンビニを探してもみつからず彷徨っていました。
初めて行った所なので道もわからずただ地図を便りに走ってました
見つからず彷徨っているうちに友達も限界になり外で済ませました。
その後の事ですいきなり対向車から凄いスピードの車が来ました
すみませんたぶんつまらないと思われると思いますが。。
その対向車の車が通り過ぎる前何か嫌な感じがしたんです
通り過ぎる前に私は運転手だったので対向車の運転手は見なかったのですが助手席に乗ってた友達が通り過ぎた瞬間
キャー!!と悲鳴をあげたんです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran