• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ヒトラーの右腕が語った、戦争をきらう国民を簡単にコントロールする方法

サムネイル出典:CNN.co.jp

ヒトラーの右腕が語った、戦争をきらう国民を簡単にコントロールする方法

Author:
whitework_jpwhitework_jp
Posted date:
Update date:2017年11月07日
ヒトラーの右腕が語った、戦争をきらう国民を簡単にコントロールする方法

サムネイル出典:CNN.co.jp

安倍政権に入ってから繰り返される、北朝鮮のミサイル発射と核実験。
ひたすらに恐怖を煽り立てる政府と、政府に忖度して異論を出せないマスコミ。
危機的な情報があふれる今だからこそ思い出したいのが、ドイツを第二次世界大戦へと駆り立てたナチス幹部たちの言葉です。

冷静に考えてみてください。
国民を憎しみへと駆り立てているのは、誰なのでしょうか。
戦争を起こすことで利益を得るのは、誰なのでしょうか。
ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(1893年1月12日 ‐ 1946年10月15日)

ドイツの政治家、軍人。第一次世界大戦でエースパイロットとして名声を得る。
1922年 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党。
1928年 国会議員に当選
1932年 選挙でナチ党が第一党となると国会議長に選出、ナチ党と上流階級の橋渡し役を務めてナチ党の党勢拡大と政権獲得に貢献する。
1933年 ナチ党政権誕生後にはプロイセン州首相、航空相、ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者、ドイツ経済相、森林長官、狩猟長官など要職を歴任し、ヒトラーの後継者にも指名された。
引用
第二次世界大戦でドイツが敗戦すると、ゲーリングは戦犯として捕えられ、ニュルンベルク裁判で絞首刑の執行前に自殺しました。 

ゲーリングは収容されている刑務所に訪ねてきた米国人の心理学者グスタフ・ギルバートにこう語ったといいます。
	
一般市民は戦争を望んでいない。
貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。
当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。
ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。
しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。

出典:改めて考えたいゲーリングの言葉の意味

	

※原文は赤い線で囲んだ部分(出典:G.M.Gilbert『Nuremberg Diary』(※G.M.ギルバート著「ニュルンベルク日記」)278~279ページ) 

国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。 簡単なことだ。 自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。 そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく 国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。 この方法はどの国でも同じように通用するものだ。

出典:改めて考えたいゲーリングの言葉の意味

	

出典:USMC Life

			
ドイツ人は一人なら、立派な人間だ。ところが二人寄ると同盟を作り、三人寄れば戦争を始める。(ヘルマン・ゲーリング)
	
人は誰でも死ななければならない。だが殉教者として死ぬということは、不死になるということだ。(ヘルマン・ゲーリング)
	
百人の死は天災だが、一万人の死は単なる統計にすぎない。 (アドルフ・アイヒマン)
	
国民の自由を達成し、国家の力を確保するためなら、多少の快適さをあきらめてもたいして大きな犠牲ではない。(ヘルマン・ゲーリング)
	
もしあなたが、十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう。(ヨーゼフ・ゲッベルス)
	
人をよりよくするのではなく、それらの弱点を利用するために私はこの世界に入った。(アドルフ・ヒトラー)
	
沈黙が普通は一番賢い。人はどんなことがあってもいつも真実を言うべきなのではなく、十分な理由があってそれが本当に必要な時にだけ言えばいい。(マルティン・ボルマン)
	
私の罪は従順だったことだ。(アドルフ・アイヒマン)
	
ナチスと言えば、何度失言しても政権にいすわり続けるこの方。
麻生氏は、上記のナチス幹部の事をよく勉強しているのでしょう。ナチス政権の動機が正しいなんていうのは、常識的な感覚では言えないことなのですから。
こういった感覚を持つ、戦争を知らない世代の人々が政治の中心にいるというのは非常に恐ろしいこと。そして、彼らによって70年間に渡って続いた平和が脅かされているのです。

出典:JNN

			
安倍首相がトランプ大統領と“対北朝鮮戦争”への参加を勝手に約束! 米国との軍事一体化で日本も攻撃対象に
	
北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射して安倍官邸が空襲警報を発令してここぞとばかりにお祭り騒ぎを起こし、更にはネトウヨが調子付いて「こんな非常時なのに護憲を叫ぶのは反日勢力」などとバカ騒ぎしている今こそ、改めてこれを掲げておきましょう。極めて分かりやすい戦争プロパガンダです。
	
北朝鮮がどれほど非難すべき愚行を犯したとしても、ドイツのメルケル首相が言うように、平和的解決の道を模索すべき点は変わらない。戦争になった場合、真っ先に巻き込まれるのは一般市民なのだから、それと権力者のつまらない見栄や意地などは比べようもないだろう。
	
韓国が北朝鮮の暴発を止めようとするのは当然として、おそらく被害が出ないロシアや中国も止めようとしてる。一方で、北朝鮮が核を撃ち込む能力を有していて、一発東京に喰らえばほとんど終わる日本はそれを止めようとしてない。平和ボケって、まさにこういうことなんだろうな。
	
「集団的自衛権」で平和になるどころか、余計危うくなってきた。「集団的自衛権」は結局、日本人に血を流させるためのものなんだよね。
安倍首相は日本人が血を流して初めて、アメリカと対等だと考えている。北朝鮮との交戦を望んでいるかもしれず、好機と考えているとしたらヤバいな。
	
2011年春、自衛隊員23万人の半分が東北の被災地に投入された。一水会顧問の鈴木邦男さんは言います。「あの時、日本の国防力は最も脆弱でした。侵略するには絶好の機会。では、北朝鮮は攻めてきましたか? 義援金を送ってきました」。憲法の理念を考える際に思い出すエピソード。(奥村隆)
	

戦争ができる国へ。急激に進んでいる日本

これは2004年、日本が戦争へと近づいていくのではないか?と感じたメンバー達によって制作された絵本のアニメーション版。13年の時を経て、この絵本に描かれている戦争へ向かう国は、今の日本と瓜二つのように感じます。
	
ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。
ぜひ、この記事を【シェア】してお友達、フォロワーさん等、多くの人に広めてください。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
whitework_jp

【ホワイト労働を広める会】 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント