• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【またゲス不倫?】川島海荷が40代のTBS局員と手繋ぎデート【画像あり】

【またゲス不倫?】川島海荷が40代のTBS局員と手繋ぎデート【画像あり】

Author:
RRRRRR
Posted date:
【またゲス不倫?】川島海荷が40代のTBS局員と手繋ぎデート【画像あり】

川島海荷に不倫疑惑でZIP!降板??

女優としての活動をメインに朝の情報番組やCMに多数出演する川島海荷に不倫疑惑が浮上した。
報道が事実であれば、昨年、朝の人気番組ZIPで司会者に抜擢され“朝の顔”になったばかりであるが、不倫ということになるとメイン視聴者の主婦層からの反発は必須のため降板は免れない。

手つなぎデートの相手は40代のTBSの敏腕プロデューサー??

明るみとなったスキャンダルは、3日発売の週刊誌『フラッシュ』がスクープした。
『フラッシュ』によると、朝の情報番組ZIPの生放送のために午前3時半には自宅を出て、午前8時に放送が終了すると他の仕事へと向かうという毎日で、翌日に放送がない金曜日の夜だけが唯一心が休まる日だそうだ。

そんな大切な金曜日の夜に川島海荷さんが、40代のTBS局員A氏と2人っきりでお酒を飲んでいたところを写真が撮られたということです。

40代のA氏は既婚者という情報もあり、長くドラマの仕事を担当し、TBS人気ドラマの監督やプロデューサーを務めた人物で、現在はドラマを企画する仕事を担当しているそうです。

肉料理店でワインデートを楽しむ川島海荷

			

薄暗い夜道を歩きながら二人は徐々に体が近づき…。

都内の人気肉料理店で食事し、束の間のひと時を赤ワインで乾杯。
約3時間後に店を後にした2人は夜風に当たりながら歩き出し、酔いもあったのか10分後には体を寄せ合い自然と手を繋いで歩いていたと報じています。
その後、22時半に2人は隠れ家バーへと入店し、関係者らと合流し深夜まで楽しんだ。 

川島海荷さんがバーから出てきたのは約1時間半後で、川島さんは1人でフラつきながらタクシーに乗って帰宅したと報じています。

このデート報道について川島海荷さんは…。

A氏については「ドラマでご一緒させてもらってから、たまに相談に乗ってもらったりとか」と答た。

手を繋いでいたことについては、「あぁ…。ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだったんです。」と説明。

また、この時のことを覚えているか聞かれると、「若干、ちょっと怪しくて…。はめを外しすぎちゃったかなって、後悔してたところなんですけど…。」といい、A氏と交際しているのかについては「全くそういうのではないですね」とキッパリ否定。 

そして、「(いま恋愛は)したいけど、してないんです(苦笑)せっかくなら、最初は好きな人と撮られるべきだったなと…」と話していた。

帰りもA氏と別れて一人で帰っていますし、交際はしていない可能性が大きいです。

酔いが回ってついつい手を繋いでしまったようです。

TBSプロデューサーのA氏は…。

TBS広報部は取材に対して、「打ち合わせなどでお会いしたと聞いています」と回答し、川島海荷さんに近い関係者は「A氏には昔から世話になっていて、川島が兄のように慕っている人。恋愛関係ではない」と話しているとしている。 

二人を結びつける共通点は

プロデューサーのA氏と女優の川島海荷さんはTBSのドラマで一緒に仕事をすることが多かったようです。

■川島海荷出演ドラマ 
①『誰よりもママを愛す』(だれよりもままをあいす)は、2006年7月2日から9月10日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送された

②『99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜』(きゅうじゅうきゅうねんのあい ジャパニーズ・アメリカンズ)は、日本のTBSテレビの開局60周年記念として、同局系列で、2010年11月3日 - 11月7日まで5夜連続で放送されたテレビドラマの特別番組

③『ぴんとこな』。2013年7月18日スタート、毎週木曜よる9時放送!

■A氏担当ドラマ
①誰よりもママを愛す 
②99年の愛 
③ぴんとこな 

この報道に対してインターネット上では

斉藤由貴と似たような言い訳だな 
zip降板 
みんな不倫大好きだな 
このおかげで仕事取れてるんやろ 
えー!!不倫なのか枕営業なのか…いずれにしてもイメージ悪くなるね 
ゴリ押し終了 
40代のTBS局員…枕の匂いが… 
もう朝のイメージではなくなるね。ZIP降板かな 
この時期にやるテレビマンと女優、こいつらは馬鹿としか言えない 

などのコメントが寄せられています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
RRR