• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】謎のメモ(不可思議・中編)

サムネイル出典:

【洒落怖】謎のメモ(不可思議・中編)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】謎のメモ(不可思議・中編)

『謎のメモ』

287 :予備軍:03/05/10 11:28
危険人物扱いされそうで、周りの人に言えないことなんだが…
たまに、もう一人の自分(らしき者)からの伝言がある。
それも段々不気味なものになってる。

初めての体験は5年位前。
テレビに没頭していて、ふと気が付くと目の前のテーブルにメモがあった。
『これはテスト』と書いてあった。
確かに自分の字。でも全く覚えが無い。
半年に一度くらいのペースで、こういうことが起こってる。

次のメモには、
『どういうことなんだろう、この状態を記録しておきたい。
 書いたものを見れば思い出すかもしれないから書いとく。』

その次は、
『前に来たのはいつごろだっけ。どうも、来てない間は時間が止まってるような感じだ。』

その次、
『ここに来る前の記憶が全然無いから、
 わけわかんねぇ あっちの自分に気付いてもらうしかないかも』

その次、
『てめぇ、しらんぷりしてんじゃねーよ! なんとかしてこっちに引き込んでやる』

で、今日のメモ。
『もしかしたら、そっちはこっちの記憶がないのか? 
 だったら・・・ とりあえず返事書いてみろ』

こんな感じで、忘れた頃に変なメモを目にする。
実際はもっと回数が多いんだけど、全く意味不明なものもあって、
ちゃんとした文章は、上に書いたような内容。
そんで、別に記憶が飛んで時間があるってわけでもないし、
周りから変な言動してるなんてことも言われない。
これって、精神病の兆候なんだろうか…
返事書こうかどうか迷い中。
つーか、次にメモが現れるのがいつなのかわからんから、
返事をいつどこに置いておけばいいのかもわからん・・・
どーしましょ。

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 11:34
空き箱かなんかに「返事置き場」って書いて、メモ置いとけば?

289 :287:03/05/10 11:39
>>288
お、いい考え・・・でもないなぁ。
そんなもの家の人間に見られたら、マジで頭疑われかねないし・・・
いつの間にかメモがあるんだよな。
決まって何かに熱中した直後。はっと我に返ると置いてある。
ちょっとコワイ。 

290 :287:03/05/10 11:42
返事書いて会話が成り立ったりしたら、もっとコワイ。いや、マジで(w

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 12:02
287様

今日、あなたのもとに六黒がたずねてきます。

色々質問されるので、返事は最後の質問を除いて全て「はい」と答えておいてください。

世間話などの合間に巧妙に質問をはさんでくるので、
間違って「いいえ」と答えないように。
答えを訂正することも可能ですが、怪しまれます。

最後の質問には「しげちゃん」と答えてください。
念のため、漢字で「重ちゃん」と書きますので、もし聞かれたらそう答えてください。

あまり緊張すると逆効果なので、気楽に構えていてください。
でも上記の事は『絶対』守ってくださいね。

以上のことで質問があれば、30分以内に1回だけ受け付けます。 

294 :287:03/05/10 12:06
では、一回だけ質問です。
最後の質問は何ですか? 

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 12:18
287様

最後の質問の前に、「最後に質問ですが」などと切り出すことになっているので、
分かると思います。

質問の内容には詳しくお答えできませんが、
「答え」から容易に類推できるように、ある人物の名前に関する質問です。

では、ごきげんよう。さようなら。

P.S. あなたがご本人様なら、失礼ながら私の予想以上に頭がよいお方ですね。
あなたなら大丈夫です。 

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 07:27
287だけどなんなのん¥ 

374 :287:03/05/13 09:19
来たよ。
ホントに変なのが俺のとこ来たよ。

昨日の早朝、6時半頃に呼び鈴が鳴ってさ、
近所の住人かと思ってドア開けたら、(なぜか早朝の訪問者は近所の人って思える)
赤い大きなカバンを持った、すごく小柄な爺さんがいた。
なぜか下向いてたからちゃんと顔は見れなかったんだけど、
長くて白い顎鬚と声から老人だと思った。

浮浪者かと思ってドアを閉めようとしたら、
いきなり「ここにお住まいですか?」と聞いてきた。
ちょっと面食らって沈黙してたら、ゆっくり、すこーしずつ顔を上げるんだよ。
得体の知れない不気味さを感じて、「はい・・・」と答えた時に、
>>293の書き込みを思い出した。
質問に答えたらまた顔を伏せた。で無言…

いやーな気持ちになって、ドアを閉めようとするとまた質問。
「************?」(何言ってるのか聞き取れなかった)
静かに顔を持ち上げてくる・・・怖くなって「はい」と答えた。うつむく爺さん。
「西はこちら側・・・」 バタン!! ドア閉めちゃった。
その後、しばらくうちの前にいたみたいだけど、そのうちいなくなった。

これだけなんだが、物凄く不気味だったよ。
すぐにこのことを書き込もうと思って>>365を書いたんだが、
変になっちゃって、いきなり回線切断。仕事の時間まで接続不可状態だった。
なんなんだろね。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。