• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【世界一大きい○○】哺乳類から昆虫まで、世界の大きい生き物をご紹介!
殿堂

【世界一大きい○○】哺乳類から昆虫まで、世界の大きい生き物をご紹介!

Author:
tolawotolawo
Posted date:
【世界一大きい○○】哺乳類から昆虫まで、世界の大きい生き物をご紹介!

世界のいろいろな大きい生き物ご紹介!

世の中には数えきれないほどの生き物たちが共存しているわけですが、今回は世界で一番大きい○○を集めてみました。みなさんお気付きかと思いますが虫系が多いです。哺乳類に始まり、だんだん苦手な方が多い動物になっていきますのでゆっくりスクロールお願いいたします…。

最大の哺乳動物

シロナガスクジラ

世界で一番大きい哺乳動物は「シロナガスクジラ」です。確認されている最大の大きさでは34メートルにもなると言われており、平均的な個体でも小学校の25メートルプールと同じくらいかもっと大きいくらいです。

ドキュメンタリー番組でも取り上げられることの多いシロナガスクジラですが、絶滅危惧種に指定されている守るべき存在です。

世界最大の鳥

ダチョウ

鳥のなかで世界一大きいのは「ダチョウ」。これはみなさんご存知ではないでしょうか。動物園でも(人気かどうかは別として)よく見かける鳥ですね。首の途中から頭まで毛がないという、じっくり見たらおもしろい動物です。

世界最大の飛べる鳥

コンドル

鳥類で世界一大きいのはダチョウですが、ダチョウは飛べません。飛べる鳥のなかで一番多きいのは?というと「コンドル」です。翼を広げたときの長さはなんと3メートルにもなります。
コンドルは飛んでいくという曲が有名なので名前はご存知ではないでしょうか。この写真ではあまりわかりませんが、この鳥はハゲていらっしゃいます。ものすごく貫禄のあるお顔です。興味のある方はぜひ検索してみてください。

世界最大の肉食動物

ミナミゾウアザラシ

世界で一番大きい肉食動物は「ミナミゾウアザラシ」です。体重はなんと3トン。この巨体のわりにはかわいい顔をしています。

陸上最大の肉食動物

ホッキョクグマ

ミナミゾウアザラシは陸で生活していませんが、陸で生活する動物で一番大きいのは「ホッキョクグマ」です。あまりにも有名なので画像は赤ちゃん白くまにしてみました。ぬいぐるみみたい…。
 
ここからかわいらしい動物はほとんど出てきません。人によっては全部気持ち悪いかもしれないのでご注意ください

世界最大のカエル

ゴライアスガエル

日本で一番大きいカエルと言えば「ウシガエル」ですね。ウシガエルでも相当大きいですが、それが比にならないくらい大きなカエルがいます。こちらの「ゴライアスガエル」です。さすがにこれは作り物では…と思いましたが本物でした。

じっと座っている(?)ときは30センチ脚をビローンと伸ばすとなんと80センチを超えるカエルさんもいるのだそう。大きすぎて置物と間違えそうですね。

ちなみにゴライアスガエルは「鳴のう」と呼ばれるゲコゲコ鳴くための袋がないので鳴かないと言われています。鳴けたら声量がすごそうです。

日本最大級の蝶(チョウ)

オオゴマダラ

世界最大の前に、日本で一番大きい蝶をご紹介します。「オオゴマダラ」です。翅開長翅を広げたときの長さは15センチにもなります。大きいですが白と黒できれいですね。こちらは暖かい地域に生息しており、日本では限られた場所でしか見ることができません。動植物園でも飼育されているので知っているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
バサバサッと飛ぶより、ひらひらお上品に空を舞っています

世界最大の蝶(チョウ)

アレクサンドラトリバネアゲハ

そして世界最大の蝶が「アレクサンドラトリバネアゲハ」。開長はなんと最大28センチオオゴマダラの約2倍。世界は広いですね。この蝶はオスよりもメスの方が大きいのですが(写真はメス)、オスは小さい代わりにめちゃくちゃ綺麗な翅をしています

オスの写真がこちら↓

この写真は標本なのでちょっとパサパサしてますが、飛んでいる姿はさぞかしキレイでしょう…見たことはありませんがキレイに違いありません。大きいですが。

日本最大の蛾(ガ)

ヨナグニサン

こちらも日本で最大の蛾をさきにご紹介いたします。「ヨナグニサン」です。見た目もまあ蛾っぽいですが、そこまで気持ち悪いイメージはないです。筆者だけかもしれませんが。大きさは開長20センチ以上になると言われています。アレクサンドラトリバネアゲハより大きいです。顔をドアップでみると触覚がかわいいので見てみてください。

世界最大の蛾(ガ)

アタカス・アトラス

世界最大の蛾は「アタカス・アトラス」です。…あれ?ヨナグニサンと似てね?と思った方は友達になりましょう。
実はアタカス・アトラスはヨナグニサンの亜種で、翅を広げると最大30センチにまでなるのだとか。

太陽の下でヒラヒラするアタカス・アトラスをご覧ください。

	

世界最大の翅面積

ヘラクレスオオヤママユ

翅を広げたときの長さが一番大きいのがアタカス・アトラスでしたが、面積はこの蛾には負けてしまいます。「ヘラクレスオオヤママユ」です。茶系なのになぜかキレイ。スベスベしてそうです。会ってみたい。
別名ではヘラクレス・モスヘラクレスサンとも呼ばれており、オーストラリア~ニューギニアに生息しています。

ヘラクレスオオヤママユの幼虫がこちら。

え…でかすぎでしょ…。映画「バグズライフ」に出てくるあのいもむしさんみたいです。そう思うとちょっとかわいい。

世界最大のトンボ

テイオウムカシヤンマ

標本の写真しか見つからなかったのが残念ですが、世界最大のトンボ「テイオウムカシヤンマ」です。写真の一番大きいトンボがそうなのですが、15センチを上回るビッグサイズです。

世界最大の蝉(セミ)

左:アブラゼミ 右:テイオウゼミ

世界最大のセミ「テイオウゼミ」です。写真の左側がみなさんおなじみのアブラゼミ。ジーーーーーーーって鳴くあれです。体長は大きくても8センチくらいですが、羽を広げると20センチになる個体もいるのだとか。すごい羽音がしそうです。

世界最大のコオロギ

ジャイアント・ウェタ

これこそ偽物みたいなコオロギ「ジャイアント・ウェタ」です。もう逆に2次元っぽいですね。大きさは最大10センチを上回るのだとか。ここまで大きいと指もかじられそうですが、動きは鈍く、性格も優しいそうです。たしかにそう思って見れば可愛い顔してらっしゃいます。

世界最大のムカデ

ペルビアンジャイアントオオムカデ

世界で一番大きいムカデ「ペルビアンジャイアントオオムカデ」です。名前がもうおかしいです。ジャイアントオオムカデ。巨大な大きいムカデ。…それくらい大きいということですね。

大きさは平均が30センチ程度。大きいものでは40センチになるのだとか。平均が30センチってもう基準がどうかしてます。

世界最大のゴキブリ

	
こちらは残念ながらそれらしい写真が見つかりませんでした。見つけ次第ご紹介いたします、世界最大のゴキブリ「ナンベイオオチャバネゴキブリ」です。南米だし、チャバネゴキブリだし、写真があっても見たくないかもしれませんが大きさは10センチを超えます。羽を広げると20センチになるゴキさんもいるのだそう。

世界最大重量のゴキブリ

ヨロイモグラゴキブリ

世界最大のゴキブリの画像はございません、ではなんだか申し訳ないので”世界で一番重たいゴキブリ”をご紹介いたします。「ヨロイモグラゴキブリ」です。その名の通り鎧をまとったような外観と、地中で家族単位で生活しています。家に出るゴキブリのイメージとは違ってゆっくり動きます。日本の小さいゴキブリよりぜったいこっちの方が可愛いです。

動画がありましたのでご覧ください。

パパー!めっちゃでかいゴキブリいるよホラ!!((ゴキブリテコテコテコテコ …ゴキブリ感ゼロです。かわいい。このゴキブリなら触れそうです。オーストラリアにしか生息していないそうですが、家に出ることもなかなかないようです。迷っちゃったのでしょうか。

最後は…世界最大のキノコ

オニナラタケ

とんでもないキノコが見つかりました。オニナラタケです。これの仲間は日本でもよく食べられていますが、なんとアメリカで東京ドーム684個分のオニナラタケが見つかったのだか。ということは最初に紹介したシロナガスクジラよりもはるかに大きいわけですが…。
実はこれはめちゃくちゃでかいキノコがニョキっと生えているのではなく、そのへんにポコポコ生えているキノコがすべて同じDNAを持っていたので1つの生物として解釈できる、ということです。強引な例えですが、私たちの腕はリビングに、足は寝室に、キッチンに…みたいな感じです。それをぜんぶ合わせるとめちゃくちゃ大きい1つの生物になったぜ!ってわけです。

最後の最後でなんだか騙された気分なので、ハリネズミの画像で癒されてください。

世界は知らないことだらけです。かわいい哺乳動物も生理的に受け付けない虫たちも、実は私たちと同じいきもの。嫌悪してしまう気持ちもわかりますが、まずはテコテコ可愛らしいゴキブリを愛でてみましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tolawo

フリーランスで活動中...。 まとめを含む記事の執筆、書き起こしなど。立派な実績はありませんので書きまくって腕磨きます。