• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
デュアルモニター、マルチモニターのススメ。作業効率アップ、同時に複数の事ができるようになる。
殿堂

デュアルモニター、マルチモニターのススメ。作業効率アップ、同時に複数の事ができるようになる。

Author:
seo-shareseo-share
Posted date:
Update date:2017年12月16日
デュアルモニター、マルチモニターのススメ。作業効率アップ、同時に複数の事ができるようになる。
皆さんはデュアルモニタという言葉をご存知ですか?
デュアルモニターとは1台のパソコンに2台のモニターを接続することを言います。
デュアルディスプレイとか、あるいは2台以上のモニターを接続する場合だとマルチモニタ-、マルチディスプレイとも呼ばれます。
このいろんな呼び方をされているデュアルモニターですが一度慣れるともうシングルモニターには戻れなくなります。

まだやっていない方は早くやったほうがいいです。
やった後にもっと早くやってればよかったと思うはずです。
今回はデュアルモニタがどれだけ便利なのかと活用法についてお話していきたいと思います

デュアルモニターとマルチモニターとは

デュアルモニターとは、PCのモニターが2枚あることをいいます。通常はシングルモニター(画面が一枚)ですよね。
マルチモニターとは、モニターが3枚以上あることをいいます。
株やFXのトレーダー用のPCが有名ですが、通常のPCユーザーでもデュアルやマルチモニター環境はやって損はないはずです。
特にPC使用時間が長い方、画像変種、動画編集をなさる方、調べ事をしながら別の何かをする場合などの作業が多い方はデュアルモニターにしてみると世界が変わります。

今回はWindowsパソコン用のデュアル、マルチモニターの設定からフリーソフトの紹介までまとめました。
是非最後までお付き合いください。

デュアルモニターに必要な物

・ディスプレイ2台
・マルチディスプレイ対応のビデオカードまたはビデオカード2枚
(ケーブル、端子があわない場合は変換ケーブル)

ノートPCでもデュアルモニター可能

13.3型2in1ノートPC(VAIO Z)にEIZOの液晶ディスプレイ「FlexScan EV2455」を接続した例。

13.3型のノートPC内蔵ディスプレイに、大きな24.1型WUXGA(1920×1200ピクセル)の外付けディスプレイが加わることで、一覧性が大きく高まり、作業効率もアップする
ノートPCでデュアルモニターにするには、お使いのノートPCに映像出力があるかどうか確認が必要です。あればその出力の規格に合った入力を備えたモニターが必要になります。無い場合は変換ケーブルを使う手もあります。

お使いのノートPCに、映像出力端子が無い場合は、USBモニターを使うことになります。

デスクトップPCでデュアルモニターにするには、PCの背面に画面出力用の端子が余っているかを調べる必要があります。余っていればその端子からモニターに繋げるとデュアルモニター化可能になります。

モニターは出来るだけインチと解像度を揃えた方がいいかもしれませんが、揃えなくてもデュアルモニターとして使うことは可能です。用途や、スペース、余ったモニターの活用などに合わせて片方は小さい画面などの使い方もオススメです。

デュアルモニター、マルチモニターの活用法

2枚以上あるモニターをどう活用すると作業効率が捗るのかを紹介していきます。
活用法は様々なので、使う人のアイディア次第ではありますが、そのアイディアが既に頭にある人とそうでない人とでは、活用の仕方も変わってきますので活用のアイディアを広げていきましょう。

Windows10のスナップ機能を活用する

マルチモニター活用テクニック
  • 画像、動画の編集でプレビューをサブモニターに配置
  • 動画を見ながら片方のモニターでググる
  • 動画の文字起こし作業ではテキストエディターと動画をそれぞれのモニターに分けて表示して活用
  • ブログの更新にも画面を分けて作業でき効率的
  • 2つの動画や画像を拡大してそれぞれ比較して活用
  • 常に最新情報を得ながら片方で関連情報をググって活用
  • その他画面をまたいで作業を進行する作業では、最前面の画面切り替えが不要になり圧倒的にデュアルモニター、マルチモニターが作業効率がアップします

Windows 10はウィンドウの配置がより容易に

画面半分サイズと1/4サイズのスナップ機能を利用すれば、このようにウィンドウをすき間なく敷き詰めて無駄なく使える
Windows 10ではウィンドウを画面端にぴったり吸着させるスナップ機能がマルチディスプレイでも利用可能になり、利便性が高まっている。ウィンドウを画面の左右端までドラッグすれば、画面の左半分、右半分にそのウィンドウがすき間なく表示され、拡張デスクトップ表示でもそれぞれの画面端にピタッと吸着させることが可能になった。「Windows」+「←」もしくは「→」のショートカットキーでも同様の操作が可能だ。

 また、スナップ機能で左右の片方にウィンドウを吸着した際、反対側の空いている領域にはその他に開いているウィンドウがサムネイルで一覧表示され、もう片方の画面端に吸着させるウィンドウを選択できる。これもWindows 10からの新機能だ。

Windows 10では画面の四隅にウィンドウを移動させると、1/4サイズで四隅にウィンドウを吸着できるようにもなっている。マルチディスプレイ環境でウィンドウをたくさん表示しすぎてデスクトップUIが散らかってきたら、ウィンドウをドラッグしてシェイクするように素早く小刻みに動かすと、他のウィンドウを全て最小化することが可能だ(「Windows」+「Home」でも同様)。

出典:Windows 10をもっと便利にする「マルチディスプレイ」活用テ...

ウィンドウスナップ機能は沢山の画面を開く機会の多いデュアル・マルチモニター環境では、ぜひ活用したい機能です。
ウィンドウの境界線はドラッグでサイズ調整可能にもなっています。

グーグルマップを拡大して活用する

グーグルマップで拡大しても広い範囲を見渡せるようになる

液晶ディスプレイの高さ調整範囲が広ければ、このように縦に2画面を並べて横幅を抑えたマルチディスプレイ環境の構築も可能だ。写真はVAIO ZとFlexScan EV2455を組み合わせた例だが、VAIO Zの内蔵ディスプレイをチルトさせれば、FlexScan EV2455の画面にほとんど重なることなく、自然に2画面を利用できた

6画面マルチディスプレーの巨大デスクトップを構築する技

1000万画素のデジカメ写真を縮小せずに表示すると迫力はあるが、ベゼルが邪魔で鑑賞するには向いていない。グーグルアースなど衛星写真を表示して楽しむなら、迫力があっていい。

 ただ、3Dゲームやシアター代わりに使うには、筆者の環境では大幅に性能が足りない。無理に表示してもコマ落ちがひどくて利用できない。3Dゲームや6画面をまたいだ全画面表示をするなら、USBディスプレーアダプターを使わず、PCI Express x16スロットを複数備えているマザーボードとx16のグラフィックスカード複数枚を利用する必要がある。

複製や拡張、配置などを工夫してマルチディスプレイを便利に活用

通常、主に使うのは、拡張して使うことになります。

マルチディスプレイを100%使いこなす!Windows 10で複数画面を上手に活用するテクニック | d.365(ディードットサンロクゴ)

複製や拡張、配置などを工夫してマルチディスプレイを便利に活用 2つ以上のディスプレイを使って表示するマルチディスプレイ。手軽にデスクトップを広げられることから使っている人は多く、中には3つ以上のディスプレイを使っているという人もいます。一...

www.digimonostation.jp

マルチモニター環境を構築するには、確かに予算がかかる。ただ、それ以上のメリットは必ず感じられるはずだ。2台のモニターをつなげることができるデスクトップパソコンを使っているなら、まず、17型スクエアを2台用意してはいかがだろう? うまく選べば、2台で4万〜5万円の予算で横方向に2000ドットを超える広い画面が使えるようになる。オススメです。

出典:作業がバツグンに効率化するマルチモニター(2)〜使いこなし...

作業時間短縮に、作業効率アップに、仕事にも趣味にも活用してマルチモニターを使いこなそう。

デュアルモニター環境のメリット

クリック回数が減る
ディスプレイ1台で調べ物をするとしましょう。ブラウザで資料になるページを開き、メモを取るためにWordを開きます。ブラウザで資料を読んだら、メモのためにWordをクリックします。メモが終わったら、調べ物に戻るためにWordを最小化するか、ブラウザのウィンドウをクリックします。調べ物が完了するまで、何度もクリックを繰り返すことになるはずです。

出典:デュアルディスプレイでPC作業が劇的に効率化できる理由 | ラ...

	
操作が簡単になり、操作ミスが減る
最小化とクリックを繰り返しているときに、うっかり終了してしまったことはありませんか? デュアルディスプレイではこの手のミスは起こりにくいです。

また、デュアルディスプレイではドラッグアンドドロップで簡単に作業を終えることができます。1つのフォルダにまとめようと思っていたのに、複数の画像をバラバラに保存してしまったとしましょう。一方のディスプレイで画像の保存場所を呼び出し、別のディスプレイで本来保存するはずだったフォルダを開いておけば、画像ファイルをドラッグアンドドロップするだけです。

ある文書ファイルから別の文章ファイルへテキストをコピーしようとして、ペーストする場所をまちがえてえしまったことはありませんか? デュアルディスプレイでは、一方のスクリーン上で必要なテキストを選択し、もう一方のスクリーン上で正しい位置にそれをドラッグするだけです。コピー・ペーストの手間がなくなるのです。

デュアルディスプレイを導入することで、さまざまなミスを減らし、作業効率を高めることができます。作業中の2つのウィンドウを簡単に見ることができるので、ミスにも気付きやすくなります。

出典:デュアルディスプレイでPC作業が劇的に効率化できる理由 | ラ...

	

エルゴトロン LX デスクマウント デュアルモニターアーム 縦/横型 45-248-026 amazon.co.jp

 スクリーンサイズ:24インチまで (重量をご確認下さい)
荷重範囲:18.1kgまで(モニター1台あたり荷重範囲3.2 〜 9.1 kg / ノートPC荷重範囲1.1〜5.4kg / 最大総重量18.1 kg 。モニター・ノートPCを付けていない状態、または上記荷重範囲外のモニター・ノートPCを取り付けた状態では、製品は正しく機能しません。)
チルト幅:後方70°前方5°(モニターを取り付ける場合)
長身ポール+デュアルアーム仕様。モニター2面の横並び・縦並び可能。LXノートブックトレイ(メーカー品番50-193-200)付属。ノートPC+モニターの2面構成も可能。
アームを折りたたむことでモニタをコンパクトに収納できます。スナップフィットキャップでアームとエクステンションのつなぎ目を安全にカバーし、安定性を高めています。
「縦置き」のチカラ
ご存じの方も多いと思いますが、一般に売られている液晶ディスプレイのほとんどは、16:9と呼ばれる横長の形状ばかり。しかしデジタル文章を多量に読み書きする目的には、横長ディスプレイは非合理的です。なぜなら余程のことが無い限り、デジタル文書はすべて横書きで、上下にスクロールして読む仕様になっているからです。横長のディスプレイだと、一度に表示できる範囲がどうしても狭くなります。

出典:化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦! | C...

	
デュアルディスプレイの恩恵を受けられる人は多い
デュアルディスプレイは、プログラマーのような一部の職種の人たちだけのものではありません。作家やビジネスアナリスト、動画編集者、アカウント・マネジャー、営業まで、パソコンで仕事をし、2つのソフトを同時に使うのであれば、効果を発揮します。

出典:デュアルディスプレイでPC作業が劇的に効率化できる理由 | ラ...

	

デュアルモニター環境のデメリット

デュアルディスプレイで生産性が下がる場合
2台目のディスプレイを何に利用するかが問題です。

映画やゲーム画面、ミュージック・ビデオを映せば、仕事そっちのけでそちらに目が向いてしまうでしょう。デュアルディスプレイのメリットは、作業スペースを広げられる点にあります。お楽しみに気を取られるようでは、根本的に使い方を誤っています。

出典:デュアルディスプレイでPC作業が劇的に効率化できる理由 | ラ...

他のモニターが1つの作業に集中する妨げになってはいけない。
1. 場所をとる
当然ですが、デスクをディスプレイが占領してしまいます。今まで広々としていた机に大きな画面が置かれることで、ちょっと圧迫感を覚えることもあるかもしれません。

2. コストがかかる
当然のことながら初期投資が必要になります。追加のディスプレイ・ケーブル・パソコンによってはアダプターです。古いディスプレイを再利用することもできますが、端子の入れ替わりは意外と早いものなので、アダプターを買う必要があるかもしれません。(最近ではHDMIの端子がないパソコンもあるんです)

3. PCによっては重くなる
PCのスペックがあまりに低い場合は、ディスプレイを追加すると重くなったり、フリーズしたりすることもあるので注意したいもの。最新のものであればAtomのような低価格のCPUでも、ある程度は機能するようです。可能であればCore iシリーズのようなパワーに余裕のあるCPUが望ましいですね。

出典:デュアルディスプレイって業務効率そんなに上がるの?そのメ...

	
首が疲れる
シングルモニターの環境よりも目線の移動が増えるため、首の疲労、肩こりにもつながります。 対策としては、主な作業はなるべく中心付近で行うこと、画面のサイズを考えて選ぶこと、画面と最適な距離をとることです。
消費電力が増える
僅かですが、モニターの消費電力が増えてしまうのもデメリットです。 消費電力を気にする方は、モニターを購入する時は、消費電力も調べた上で検討するといいです。 これらのデメリットをなるべく最小限にするために、生産性アップ、効率アップ、時間短縮につなげていけばメリットの方が大きくなります。
カーソル、ポインターの位置を見失う
画面が広いのでマウスカーソル、マウスポインターの位置を見失ってしまうことがあります。 特に一旦PCから離れて戻ってきたときなど「あれ!ポインターが無い」となることがあります。 しかし、そういう時は焦らず、左→上の順番でマウスを移動してください。 そうすると必ずカーソルが左上まで移動し見つけることができます。 「→」→「↑」のに移動するのには理由がありまして、ポインターの形は左上を指す矢印形状で、画面の角に追いやってもポインターが表示される位置は、左上だからです。 右上、右下、左下の角ではポインターは隠れて見えなくなります。

デュアルモニター・マルチモニターの関連情報

デュアルディスプレイは超おすすめ。使うだけで作業効率が約2倍に!

あなたは、デュアルディスプレイを使っていますか? デュアルディスプレイとは、「モニターを2台使うこと」を指します。...

sigyou-school.biz

【知っ得!虎の巻】2台のモニターでデスクトップを広く使おう - ライブドアニュース

携帯性に優れたノートパソコンの中には、画面の解像度が狭い製品も多い。そういうノートパソコンでは、外付けのモニターを接続して画面の解像度を高められるが、ノートパソコンの画面と併用すれば、2つの画面を繋げ

news.livedoor.com

『PCとタブレットでデュアルモニター化してみる』

■タブレットをPCのサブモニター化?以前、Android画面をPCに「j5 create Android Mirror USBアダプター JUC600」を利用…

ameblo.jp

デュアルディスプレイでPC作業が劇的に効率化できる理由

作業スペースを広げるためには、より大きいデスクを買い、備品類をしまいます。作業スペースに限りがあると、物が散らかり、積み重なっていきます。必要な物を見つけることができたとしても、物探しで貴重な時間が無駄になっています。同じことがPCのディスプレイについても言えます。今回は、デュアルディスプレイ(=ディスプレイをPCに2台接続してデスクトップを広げること)のメリットをご紹介します。

www.lifehacker.jp

パソコン画面を2台の複数モニター画面で見て快適に使用する方法 | Windowsパソコン初心者ナビ

持ち運びに便利なノートパソコンですが、仕事場や家で使う時には、画面が小さく作業効率が悪い場合にはディスプレイを1つ増やしたり、テレビに接続して複数画面にして快適に使えるようにできます。ノートパソコンの画面とは別に、もう1つディスプレイやモニターを増やすことをデュアルディスプレイというようです。そこで今回は、2つの画面を使ってもっと快適に作業ができる設定をしたいと思います

www.wpbnavi.com

デュアルモニター向けのモニターの選び方

隣の画面にまたがってウィンドウや一枚の画像を表示したい場合は、狭額ベゼルを選ぶようにしましょう。
ベゼルの幅が1mm、非表示エリアが4mmなどのモニターを選ぶといいです。
上下に並べる場合は、モニター下部のベゼルは太めの物が多いため、上の列は上下を逆さまにして設置するといいです。

【2017年】私が絶対おすすめする液晶モニター・ディスプレイランキングベスト9 | おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

高性能で低価格の液晶モニター・ディスプレイが続々出てきています。しかし、いざ買うときどれを買えばよいか迷うこともあるかと思います。そこで今回は、おすすめの液晶モニターをランキング形式でご紹介します。

pentabu.it-kaden.com

デュアルモニタで快適さアップ!15,000円以下の液晶モニタをピックアップ!(19インチ以下)

15,000円以下のモニタだったらデュアルモニタにしても30,000円!デュアルモニタ・デュアルディスプレイの環境ならば、TVを見つつ、もう片方のモニタでブラウジングすることも可能です。19インチ以下の製品をランキング順にご紹介します。

kakaku.com

最後までお読み頂き、有難う御座います。
SNSでシェアしていただきますと、まとめた人が飛び跳ねて喜びます。ヽ(`▽´)/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
seo-share

Web作成、SEO集客、物販アフィリエイトを得意としております。 その他コピーライティングや、行動心理学なども合わせて勉強中で、皆様の参考になるページをわかりやすくまとめることをモットーに精進していきたいと思います。