• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
演劇助成金の「え」の字!その1「うち、貰えるんですか?」~演劇助成金についての講座~

サムネイル出典:

演劇助成金の「え」の字!その1「うち、貰えるんですか?」~演劇助成金についての講座~

Author:
kangidankangidan
Posted date:
演劇助成金の「え」の字!その1「うち、貰えるんですか?」~演劇助成金についての講座~

「演劇助成金についての講座」を開講します!

この講座は、演劇人にも、その他観客の皆さんや、世間一般に広く知ってほしい内容です(大切な税金・国庫支出金の話なのですから)どの方々にもわかりやすいよう、努力しながら書いていきますのでよろしくおねがいします。

税金の使い方を知ることは、大切なことです。
※注:芸術文化振興基金などは、基金運営益なので厳密には国庫支出ではないですが。それは後の講座で書いていきます。

『演劇についての助成金、つまりは国や地方自治体からお金を貰える制度があるらしい、とは聞いて入るのだけど・・・』

みなさん、そういう制度はあるのは知っている。しかし、

よくわからないし、難しそう

ということで、触れないままでいる方がどれだけ多いことか。

実際問題として、ググってみましたが、詳しくこうした助成金に関することを書いているページがあまりありません

みんな公式のページを見るしかなくて、とっつきにくいと思います。

それでも、お金はいただけるならほしい!

誰もがそれは、思うところです。
一番に気になるところは、

うち(劇団)、もらえるんですか?

ということ。
はっきりいいます。

わかりません(笑)

その劇団ごとにコンサルティングして、強みや弱みなど色々調べなくては、貰えるかどうか?なんて判断つかないし。そして、仮にそうしたコンサルティングしたところで、助成は審査がありますから。その審査が100%通るなんて、言い切れません。

けれど『判断材料』はあります。

これを知るだけで、だいぶ違うと思います。
色々な考え方がありますが、とりあえず『芸術文化振興基金』のページで、過去の助成実績をみれば、「ああ、うちは取れる」「いや、うちはむり」というのが、なんとなくわかるのではないかと思うのです。
なので、今からその過去助成実績のページのリンクを書きますが・・・

それを見て、「あ、うちむり!」と、戻って来ないようなことはしないでください(笑)

他にも助成金は沢山ありますし、また、たとえば「演劇」の項目でだめだったとしても「アマチュア」の方で申請するなど、色々な方策もあるのです。

だから、必ず、戻ってきてください(笑)

それでは、実際に、助成実績を見てみましょう

各年度の「芸術文化振興基金助成対象活動 決定」という項目をクリックしてください。数年分みてみると良いと思います。

「現代舞台芸術創造普及活動:演劇」というのが、演劇の項目です。

※注意:金額は千円単位です。1万円→10。100万円→1,000です。よく見間違えて、100万の所を1000万と読み違える方がいます!

見てきましたか?日本全国の劇団が、様々な金額をもらっています。

ここで、もらってる面々を見て、もう「あ、うちだめだわ」となるか?または、「お!あそこがもらってるならうちもいけるのではないか?」となるか?は、劇団によりけりだと思います。
・「いけそうだ」と思った劇団は、しっかりと申請書を書いて提出をするのが大事です。
・「難しい」と思った劇団は、取れてる劇団の顔ぶれみて、どこの様になればいいか?などを考える事が重要です。もちろん、他の助成に変えてみるなどの方法も考えられます。(後々、そのことも講座で触れていきたいと思っています)
さて、この一覧は、「取れた」劇団の一覧です。採用された一覧。しかし、もちろん不採用だったところもあるわけです。
倍率が、どれくらいなのか?ということですが、これはデータが出ています。さっきのページの
「芸術文化振興基金の助成実績」というのをみれば書いてあるのですが、かいつまんで説明しますと、

平成28年度分の応募件数は「339」。採用件数は「181」です。

通過は約53%ですね。半分程落ちております。
ちなみに、この芸術文化振興基金の助成は、例年11月が申請。結果が翌3月末に出ます。

次の11月、あなたは申請し、この応募件数の1件になるのか?そして、それは採用件数の1件となるのか?ならないのか?

全ては、あなた次第です。

とりあえず、第一回としては、ここまでにしておきます。

読みながら、実際にどういう所が取れていて、いくら位の額をもらっていて、どれくらいの難関なのか?がわかったと思います。実際にどこのページに実績報告が乗っているのかもわかりました。
これだけで、随分と助成金への理解が深まりました。

次回は、申請書はどういうものを書けば良いのか?どれくらい時間がかかるのか?などを書いていく予定です。

よろしくおねがいします。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kangidan

芸術文化振興組織「文芸実験室」主宰。芸術助成金研究や、アーツコンサルティングの研究。現在2芸術系団体の監事。20位上の芸術系団体の各種申請協力、広報協力。高野山真言宗にて得度。某派入峯行準先達。岡山美作の古流神道の二十七代目宗家伝承。