• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
今週金ローで放送!『ゲド戦記』の原案『シュナの旅』って?

サムネイル出典:

今週金ローで放送!『ゲド戦記』の原案『シュナの旅』って?

Author:
ぴよしいぴよしい
Posted date:
今週金ローで放送!『ゲド戦記』の原案『シュナの旅』って?

2018.1.12放送の金曜ロードSHOW! は『ゲド戦記』

今週の金曜ロードSHOW!で放送される、ジブリ映画『ゲド戦記』。
楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

初見の方も、既に見たことがある方も、放送の前に『ゲド戦記』を予習してみませんか?

『ゲド戦記』ってどんな映画?

舞台は多島海世界のアースシー。
聖なる生物の竜が共食いを始めたり、職人は技を忘れてしまったりと、様々な異変が起こり始め、世界は荒廃していた。
人々が魔法を信じることができなくなった時、大賢人のゲドは”世界のバランスを崩す者”の正体を突き止めるため旅に出る。
そこで国を捨てた王子アレンと出会った…
2006年に公開されたアニメ映画で、宮崎駿の息子である宮崎吾朗が監督を務めました。
宮崎駿が痛烈に批判したことでも話題となった作品。

主役・アレンの声には岡田准一(V6)、ヒロインのテルーには当時無名だった手嶌葵が起用されました。
劇中でテルー(手嶌葵)が歌った『テルーの唄』もヒットしましたよね。

原作は児童文学の傑作

原作はアーシュラ・K・ル=グウィンのファンタジー小説。

英語圏では『指輪物語』や『オズの魔法使い』と並んでファンタジー作品の古典とされています。
ジブリの『ゲド戦記』は、第3巻の”さいはての島へ”を主に原作としているそうです。
しかし、元となった話はファンタジー小説の『ゲド戦記』だけではないのだとか。

原作とは別に、原案があった!

原案となったのは宮崎駿の絵物語『シュナの旅』。
全体の雰囲気は『風の谷のナウシカ』と似た部分があり、宮崎駿本人が『もののけ姫』の元にしたともされている作品。
宮崎吾朗はこの『シュナの旅』を映画化したかったそうですが、宮崎駿に反対された為、『ゲド戦記』を原作として制作したそうです。

早く観たい!

放送は2018.1.12。
楽しみですね!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ぴよしい

食べること、活字を読むこと、映画を観ることを趣味としています。カワウソとチョコレートが好きです。