• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【頭文字Dで有名なAE86】カローラレビン / スプリンタートレノとは?
殿堂

【頭文字Dで有名なAE86】カローラレビン / スプリンタートレノとは?

Author:
丘の町丘の町
Posted date:
【頭文字Dで有名なAE86】カローラレビン / スプリンタートレノとは?

後輪駆動の古典的FRスポーツカー「AE86」

AE86とはトヨタ 4代目カローラレビン 及び6代目スプリンタートレノで
1600ccDOHCエンジン「4A-G」を搭載したスポーツグレード(GT APEX/GTV/GT) の形式名です。
AE86ことハチロクには2種類あり、今でもカローラを売っているトヨタカローラ店扱いの「カローラレビン」(以下、レビン)と、昔は兄弟車スプリンターを売っていたトヨタオート店(現・ネッツ店)扱いの「スプリンタートレノ」(以下、トレノ)がありました。
新車販売当時に人気があったのはレビンの方でトレノはそれほど売れず、漫画「頭文字D」でトレノが主人公車になったのも、単に作者が昔乗っていたからです。

出典:

1500ccSOHCエンジンを搭載する下位車種は形式がAE85(通称ハチゴー)と呼ばれる。
発売当時はレビンの方が人気であり、販売チャンネルもトヨタ・カローラ店系の方がトヨタオート店系より強かったこともあって、新車販売台数はレビンのほうが圧倒的に多かった。 
しかし、前述の『頭文字D』で、AE86トレノが主役車になったため、中古需要が殺到し、タマ数が不足、一時期は中古価格急騰の事態に陥った。 

出典:

AE86の販売台数はレビン66,105台/トレノ35,469台になります。
1972年~1974年(TE27)
1974年~1975年(TE37)
1977年~1978年(TE51)
1978年~1979年(TE55)
1979年~1983年(TE71)
1983年~1987年(AE85/AE86)
1987年~1991年(AE91/AE92)
1991年~1995年(AE100/AE101)
1995年~2000年(AE110/AE111)

出典:トレノとレビンの違いを教えてください。またみんな86といい...

AE86とは上記でいう1983年~1987年式の車を言います。
1500ccエンジンはAE85、1600ccエンジンはAE86です。

AE86を一躍有名にした頭文字Dとは

頭文字Dと書き「イニシャルディー」と読む。

主に前期と後期に分けられる。
初期は群馬県の上毛三山(作中では秋名山と呼ばれている榛名山、妙義山、赤城山)や碓氷峠、いろは坂などを舞台に、主人公の藤原拓海が、藤原とうふ店店主の藤原文太の愛車「トヨタ・スプリンタートレノ」(AE86型、通称ハチロク)に乗り、ライバル達を相手に峠バトルを繰り広げるという内容です。
後半は高橋涼介率いるプロジェクトDの活動が主な内容となっていて、対外遠征で関東の峠を舞台にライバルとのバトルの中で拓海と涼介の弟・高橋啓介の成長などをテーマとして書かれた。
本作頭文字Dのヒットにより、一般層にもハチロクの愛称が認知され、当時ハチロク=レビンと言った印象を一変させた。さらに1983年発売の車であったにもかかわらず中古市場でのハチロクトレノの需要が急増し市場価格が跳ね上がる現象が起こった。これが間接的にも、後のトヨタ86・スバルBRZの発売に至るきっかけともいえる。
頭文字DのDの由来は、本作の一つのテーマであるドリフトのDから作者が取っていると公言
しかし一方で「プロジェクトD」の由来となるDreamのDであると最終話にて高橋涼介が明かしている。
なお原作の作者しげの氏はバリバリ伝説の単行本で入った印税で、当時新車だったAE86を購入するも、峠でガードレールに突っ込む事故を起こしているが、この経験が頭文字Dに活かされる事となったと語っている。
藤原拓海とハチロクの伝説はここから始まる・・・

【新車より高い!?】もし車庫にあれば高値が付くとされる超人気車

【旧車ブームの代表格】トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86)

言わずと知れた元祖「ハチロク」。90年代中盤までのハチロクの特徴として、手頃な価格で買えるFR車であり、なおかつモータースポーツでも活躍していたことから、アフターパーツが豊富である車であった。
漫画「頭文字D(イニシャルD)」の人気と共にハチロクの価格も右肩上がりとなりフルノーマルの低走行車は300万近いプライスタグが付けられている状況。

レビンとトレノ違いはライト!

リトラクタブルヘッドライト

一番分かりやすい見分けかたとしては
トレノはライトが開く「リトラクタブルライト」と呼ばれるものになっており
レビンは普通のライトというので見分がつきます。
リトラクタブル・ヘッドライトとは、車体内部にヘッドライトが格納できるヘッドライトのことをいいます。
国産で初めてリトラクタブルヘッドライトを搭載した量産車は1967年デビューのトヨタ 2000GT。ロングノーズでボンネットを思いきり低くしたため当時の法規で定められた位置にヘッドライトを装着できませんでした。そこで必要なときだけライトを出すことになったのです。 日本車における最後のリトラクタブルヘッドライト搭載車は2002年8月まで生産されたマツダ RX-7(FD)。世界に目を向けるとシボレー コルベットが2005年にC6へとフルモデルチェンジし、リトラクタブルヘッドライトは新車市場から姿を消しました。 

トレノ

全長×全幅×全高(mm):4,215×1,625×1,335
ホイールベース(mm):2,400
車両重量(kg):900
エンジン仕様・型式:4A-GEU 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc):1,587cc
最高出力:(グロス値)130ps(ネット値換算)110.5ps/6,600rpm
最大トルク:(グロス値)15.2(ネット値換算)12.92kgm/5,200rpm
トランスミッション:5MT
駆動方式:FR

AE86 カローラレビン

全長×全幅×全高(mm):4,180×1,625×1,335
ホイールベース(mm):2,400
車両重量(kg):900
エンジン仕様・型式:4A-GEU 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc):1,587cc
最高出力:(グロス値)130ps(ネット値換算)110.5ps/6,600rpm
最大トルク:(グロス値)15.2(ネット値換算)12.92kgm/5,200rpm
トランスミッション:5MT
駆動方式:FR

【駆動方式の違い】FF・FR・4WDとは?

駆動方式とは、どの車輪(駆動輪)にエンジンからの動力が伝えられるかの方式をいいます。4輪それぞれに動力が伝えられる4輪駆動(4WD)と、2輪が駆動する2輪駆動(2WD)があります。さらに、2輪駆動には、前輪が駆動する(FWD)後輪が駆動する(RWD)があります。よく耳にするFF方式やFR方式とは、この駆動輪と、エンジンの位置をまとめて表現したものです。

FF [ FRONT ENGINE / FRONT DRIVE ]

FFとは、フロントエンジン・フロントドライブの頭文字の略語で、車の前部にエンジンが位置し前輪を駆動輪とする方式のことを指します。前輪駆動のFF車はフロント部にエンジン、駆動輪、操舵が集まり、リヤのパーツ点数も少なく重量がかからない分、フロントに重量が掛かり駆動力が伝わりやすくなります。さらに、室内空間が比較的広くとれる上に、自動車全体としては軽量化につながります。

FR [ FRONt ENGINE / REAR DRIVE ]

FRとはフロントエンジン・リヤドライブの頭文字の略語で、車の前部にエンジンが位置し後輪を駆動輪とする方式のことをいいます。後輪駆動のFR車は前後の重量配分がよく、操縦安定性がよいのも特徴です。ドライバーの思い通りの走りができるため、ドライブの楽しさも味わうことのできる駆動方式と言われています。

4WD [ 4 WHEEL DRIVE ]

4WDとは、「4 Wheel Drive」の頭文字をとった略字で「四輪駆動車」のことをいいます。FF方式とFR方式の駆動系が組み合わさったような構造をしており、エンジンの駆動力を前後4つのタイヤに伝えるため、操縦安定性が高まります。自動車によっては、AWD(All Wheel Drive)ともいわれ、FF方式やFR方式をベースにしたものなどがあります。

AE86対抗車

日産:S12シルビア

S13シルビアの先代モデルで1983年8月に発売が開始されたシルビアの4代目となるモデルです。
AE86より大きい1.8~2リッタークラスのFRスポーツクーペです。
デビュー時はR30スカイラインRS譲りの2リッターDOHCエンジン、FJ20Eとターボ版のFJ20ET搭載車がスポーツバージョンで、リトラクブルライトのためAE86トレノの大型版のような印象。
「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックの認定
NA6CE ユーノス・ロードスター 
サスペンションはマツダでは初となるダブルウィッシュボーン式が前後とも採用された。また、ミッションケースとデフケースを結合するパワープラントフレーム(PPF)の使用により、駆動部の剛性を高めてダイレクト感のあるアクセルレスポンスやシフトフィールを実現している。フロントミッドシップのレイアウトやダブルウィッシュボーン式サスペンション、パワープラントフレームは後の世代のロードスターやFD3S型マツダ・RX-7、マツダ・RX-8にも採用されている。ボンネット、シリンダーヘッドカバー、PPFなどをアルミ製にするなど軽量化も徹底され、車重は940kg - 950kgに収められている(AT車は980kg)。
価格は標準車で170万円、スペシャルパッケージで180.5万円、VスペシャルやSスペシャルは200万円以上の設定であった。

出典:もう一度売って欲しいクルマ!AE86レビン/トレノの魅力と人気...

	

新旧コンパクトスポーツ論争FFとFRどちらが優れているか

通称「ワンダー」と呼ばれるホンダ・シビックで、先代スーパーシビックからガラリと変わる1980年代デザインへと大変身して、AE86と同じ1983年に発売。

これに1970年に生産終了したS800以来13年ぶりとなるDOHCエンジン「ZC」を追加したシビックSiが1984年に追加され、AE86と並ぶ新時代スポーツとなりました。

ホンダ「シビック」新型に改良ディーゼル、燃費は29.4km/リットル

ホンダモーターヨーロッパは、新型『シビック』の2018年モデルを発表した。大幅改良を受けたディーゼルエンジンの搭載がハイライトとなる。

このディーゼルは、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」。強化ピストンや低フリクションのシリンダーボアを採用するなど、大幅な改良を受けた。最大出力は120ps/4000rpm、最大トルクは30.6kgm/2000rpmを引き出す。

トランスミッションは6速MTを基本に、駆動方式がFF車には9速ATを設定。0~100km/h加速は10.5秒の性能を備える。

「ハチロク」後継機種トヨタ 86/「BRZ」

2009年10月、東京モーターショーにて富士重工業(スバル)との共同開発になる
コンセプトカー「FT-86」が登場。 
 第42回東京モーターショー2011には正式名称「86」
「BRZ」(こちらはスバル名義の兄弟車)として正式発表された。
トヨタ 86はトヨタが若年層をターゲットにスバルと共同で開発した小型のスポーツカーです。
トヨタ 86は漫画イニシャルDでもおなじみの「ハチロク」(AE86)のコンセプトを引き継いでいます。
86およびBRZは2012年の発売し、世界初の水平対向エンジンをミッドシップに搭載したFRスポーツカーとしての地位を築いてきた。
トヨタ 86はスバルと共同開発され、スバルからは「BRZ」の車名で販売されています。

出典:

AE86にちなんで新「86」と付けられたクルマではあるが、エンジンはスバルの水平対向エンジン、まるっきりのスポーツカーボディーと、 
「実用車のボディに既存のシリンダーブロックベースにチューンしたエンジン乗っけた」AE86とはまるっきり別物 という主張も根強い。 

トヨタ 86のスペック

ミッション6MTの場合
全長×全幅×全高	4,240×1,775×1,320mm
ホイールベース	2,570mm
車両重量1,210kg
エンジン	水平対向4気筒DOHCターボ無し
(型式:FA20)
排気量1,998cc
最高出力207ps/7,000rpm
最大トルク21.6kgm/6,400~6,800rpm
燃費(JC08モード)11.8km/L
トヨタの全販売チャンネル(トヨタ・トヨペット・カローラ・ネッツ)で取り扱い、また全国のトヨタディーラーの283店舗内にはトヨタ・86専門のカスタマイズショップ「AREA86」を設置している。なお、通常のメンテナンスに関しては各店舗にて実施している。2017年9月にTOYOTA GAZOO Racingの地域拠点となる「GR Garage」(GRガレージ)が立ち上がることから、AREA86に関しては2018年3月をもって全店閉店となる予定。

トヨタ86/スバルBRZの次期モデル開発2020年頃発売か

次期86/BRZのエンジン型式は現行のFA20型から大きく仕様を変える可能性がある。現段階ではまだ複数の候補がある状況ではあるが、なかでも有力視されるのが1.6Lの直噴ターボである。これに近いタイプのエンジンはFB16型のDITエンジンがレヴォーグで搭載実績があり、そのスペックは最高出力170ps、最大トルク25.5kgfmとなっている。

出典:86、BRZ後継モデル開発へ、次期型もスバル主導のトヨタ合作、SGPベース

	
新型トヨタ 86は
・パワートレインが2.4リットルへ拡大
・水平対向4気筒ターボエンジン搭載
・最高出力は250ps・最大トルクは258Nmへ向上
などの変更点が予想されています。

ハイブリッドモデルが追加されるとの噂もありますが、まだ明らかにはなっていません。

出典:トヨタ新型86フルモデルチェンジで水平対向エンジン搭載!発...

2.4リットルの新型パワートレインのみが採用される場合は、現行車種と比較し70~100万円ほどの価格の向上がなされることが予想できます。
ただ、現行車種と同様の2.0リットルモデルも採用される場合は、ベースグレードの価格は現行車種と比較し、大きな違いはないと思われます。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
丘の町

フリーランスを目指しています。 少しでも皆様のお役に立てる記事をとうこうできればと思います。