• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
契約社員でも適用される?!裁量労働制ってつまり、#定額働かせ放題 だろ
殿堂

契約社員でも適用される?!裁量労働制ってつまり、#定額働かせ放題 だろ

Author:
whitework_jpwhitework_jp
Posted date:
契約社員でも適用される?!裁量労働制ってつまり、#定額働かせ放題 だろ
政府は働き方改革関連法案に盛り込まれる「裁量労働制」が適用される範囲を、契約社員や最低賃金で働く労働者まで可能とする答弁書を決定しました。法案は今国会で提出する予定といいます。

裁量労働制とは?

実際の労働時間に関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間=「みなし時間」だけ働いたとみなす制度。仕事の段取りや時間配分を自分で決められる働き手が対象となり、SEやデザイナー、メディア関係者などの19業務が対象となる「専門業務型」と、企業活動の企画や立案、調査業務などを行う「企画業務型」の2種類に大別される

出典: IT業界にはびこる「裁量労働制」の闇――どんな...

	
一見すると、会社にしばられず自分のペースで仕事できたり労働環境が良くなるかのように錯覚するこの制度。しかし、実際は労働者側に選択の余地はなく長時間労働を助長している批判があり、裁量がない人にまで拡大される恐れがあるとして野党は反発しています。

政府は「企画業務型」の対象業種への拡大を法案に明記する考えだそうです。
それって、専門的な業務に携わるから収入はいいんでしょ?と思いきや
裁量労働制なんて高収入のエリートでしょ?という現実を見ない発言はこの記事を読めば二度とできなくなるはず。裁量労働制ユニオンで現在対応中の事案では、基本給10万円台・時給900円台(都内)の、最低賃金水準の事案が複数あります。この記事でも2つが紹介されています。
	
基本給10万円台が67%、25万円未満が90%!

出典:裁量労働制で月給25万円以上はわずか1割! 低賃金でも「残...

 ハローワークで提示された求人票を調べたNPO法人POSSE代表の今野晴貴氏の話では、15万円未満の求人すら存在したそう。これは、一般的なフルタイムの月の就業時間で計算すると最低賃金以下になり、最低賃金法違反の可能性さえあると。
これでは、「残業代ゼロ」「定額使い放題」に値した労働の対価はまったく払われていないといわざるをえない。専門性のある高度な労働者だけでなく、ごく普通のサラリーマンや契約社員にまで適用されるとなると、過重労働をしいられた上に実質的な賃金の低下を招く可能性が高いように思われます。
私が労働者側代理人だった、専門業務型裁量労働制の適用を違法とした事例、京都地判平29.4.27労判1168号80頁の事件では、原告4名のうち3名は年収200万円台、月給は少ない人で額面16万円程度だった。
	
過労死の事例を見ると、ただ長時間労働になるだけではなく、証拠が隠滅されやすくなり、労働時間の特定が難しくなるなど、過労死認定が困難になる構図にある。きわめて危険の高い制度だ

「働き方改革」最大の焦点・裁量労働制 「過労死促進法」の構図(今野晴貴) -Y!ニュース
	
ただえさえ非正規労働者は

・賞与が無い
・社会保障が完備でない
・いつ解雇されるか分からない
・賃金が最低賃金かそれに近い金額

こんな人がザラにいるのに、さらに事実上「定額働かせ放題制」と化してる残業代なし&長時間労働の裁量労働制を適用しようとか酷過ぎる。
	
派遣が減って、契約社員が増えそう。残業代ゼロにできるし> 契約社員も裁量労働に 「適用可能」と政府答弁書 | 2018/2/6 - 共同通信
	
俺がなぜ裁量労働制や残業代ゼロに反対するかというと、労働というものは「お金を時間(=労働に充てる)と交換するもの」だからだ。

仕事の報酬は時間ではなく生み出した価値だとも言われるが、これはあくまで経営者や上級管理職の話。
	

では、実際に裁量労働が取り入れられている職種がどうなっているかというと...

編集プロダクションで働いていた元会社員の30代女性は、コンピュータ機器の専門誌などの編集・レイアウト・記事作成を担当。基本給18万1000円、固定残業代4万5000円。週6日間、繁忙期は早朝6時から深夜1時まで働き、残業時間は100時間にも及ぶことも。
激務の末に会社で倒れて入院。そのまま退職の後、残業代を請求した際に裁量労働制が「適用」されていたと初めて知らされた。
Dさんのケース:専門業務型裁量労働制を適用。一日10時間8分を“みなし労働”とし、ゲーム用ソフトウェアの制作を担当。ところが『ゲームの体験イベントの開催』、『ゲーム宣伝用のサイトおよびSNS運用』など、裁量労働制が禁じられている仕事もさせられたりして、時間外労働が100時間を超える月もあるなど、長時間労働を強いられた

出典: IT業界にはびこる「裁量労働制」の闇――どんな...

	
裁量労働制の対象業務の規定自体が曖昧でザルであるため、ITやデザイン、ゲーム開発などの業界を中心に、裁量労働制が悪用される例が後を絶ちません

出典: IT業界にはびこる「裁量労働制」の闇――どんな...


ブラック企業ユニオンのプロジェクトで「裁量労働制ユニオン」も担当する坂倉昇平氏によると、Dさんは上司の指示で徹夜仕事を余儀なくされることもあったという。 本来、裁量労働制では労働者が裁量するので上司が指示すること自体がおかしい。 しかも、企業側は労働時間の記録すらしないことが多いので、仮に過大な仕事を押し付けて労働者が過労死しても、その責任を立証することが難しくなるといいます。
厚生労働省は、2017年から裁量労働制の労働者の過労死・過労うつの労災認定の数を公表しています。
それによると、裁量労働制での過労で労災認定された数は2011年3人、2012年15人、2013年15人、2014年15人、2015年11人、2016年2人。うち亡くなった(自殺未遂も含む)のは、2012年4人、2013年2人、2014年2人、2015年5人(あくまで公式の数字)
2013年7月、裁量労働制を適用されていた証券アナリストの男性(当時47歳)が心疾患で亡くなり、2015年3月に労災認定された

出典:「働き方改革」最大の焦点・裁量労働制 「過労死促進法」の...

	
2004年2月、専門型裁量労働制を適用されていた江東区のシステムエンジニアの男性(当時20代)が、過労による精神疾患に罹患し、労災認定をされている

出典:「働き方改革」最大の焦点・裁量労働制 「過労死促進法」の...

	
いずれの事例においても、裁量労働制であるにも関わらず、肉体的・精神的に病んでしまうほどの長時間労働を強いられていた。これは結局のところ、裁量が労働者側にはなかったことを表しています。
光文社の編集者の過労死、小松製作所のレーザー開発者の過労自死、証券アナリストの過労死、システムエンジニアの精神疾患など、裁量労働制の長時間労働による事例が複数紹介されています。裁量労働制は過労死申請・訴訟が極めて難しく、これらは氷山の一角にすぎません。
	
裁量労働制の経験がある皆さん必読です。皆さんの裁量労働制に違法の可能性があるか確認できる「専門業務型裁量労働制違法チェックシート」(制作:ブラック企業対策プロジェクト)を公表しました!裁量労働制ユニオンも協力しています。ぜひチェックしてみてください。
	
上記のチェックシートには以下のような項目が含まれているそうです(一部を抜粋)

・仕事のやり方やスケジュールを上司から指示されて、働き方を自由に決められない(例えば、ミーティングへの出席義務がある、上司から締め切り間近の業務を急に指示されるなど)。

・出勤退勤時刻を守るよう指示されていて、遅刻・早退したら注意されたり、給料が差し引かれる。

・残業や休日出勤を指示される。

・「みなし時間」と実際の労働時間に1日2日程度、またはそれ以上の差がある。

・休日出勤しても、休日手当(割増賃金)が支払われない。

・休憩を取ることすらできない。

すべてを労働者の「自己責任」に転嫁することができる。 それが企業にとっての裁量労働の最大のメリット

裁量労働制ってうまくいっている事例ってあるのすかね。私が学生の頃に就職活動で訪問した企業で裁量労働制をアピールしていた企業のエンジニアの方に「残業しないで早く帰られている方もいるのですか?」と質問してみたところ「いません」という力強い回答が返ってきたことが良い思い出です。
	
返信先: @T_oogamiさん
我が社では一部の職種に企画業務型裁量労働制を「本人の同意のもと」(勿論断れません)採用していますが、影ではみんな「奴隷制度」と読んでいます。裁量労働手当は時間外換算約45時間弱、対象者の平均時間外は80〜100時間/月です。36協定の対象外。まさに「奴隷」。
	
裁量労働制って度に思うのは「じゃ、やるべきことちゃんと仕上げてたら、勤務時間短くてもも良いんだよね?」
もう10年とか年俸制で働いてるけど、超過勤務は何もつかず、休むと即ではないものの減給が待ってる。フレックスでもない。真っ当な仕事の調整もできなかったり。裁量っていったい何!?
	
昔、某T芝系エンジニア派遣会社でやってたことだけど、常駐派遣社員を途中から個人事業主にさせて、指揮命令系統はそのままに下請け業者へと転換し、定額働かせ放題にしていたよ。これだと残業代は発生しない。社会保険の負担を逃れる。裁量労働の拡大もヤバイけど、こっちの問題も根深いよ。
	
今の教員見てたら、裁量労働がどんだけ無意味がすでに分かるでしょう…定額低賃金働かせ放題って事だよ
昨年話題になった「ブラック部活」で明るみに出たように、教員の世界にはタイムカードというものが存在しないので、残業という概念も無いのです。
例えば、今まで1時間かかっていた仕事が、ITの活用とかで30分で終わらせる事が出来たとする。じゃぁ、残りの30分はどうするのか?経営者であれば、利益を上げたいから、その30分は労働者に別の仕事をさせる。
	
裁量労働制は「定刻より早く仕事を終えて帰っても賃金は減らない」というのが売りなのですが、反面「残業しても手当は出ない」ということでもあります。そして結局、前者は実現せず、後者だけになるのです。何故かと言えば、定刻より早く仕事が終わる人には、企業は新たな仕事を回すからです。
	
従って「ワークライフバランスのためには裁量労働制が望ましい」という論者は嘘つきor検討不足とみていいでしょう。逆の立場でスマホやネットの定額制料金を考えてみればわかりますが、定額で何かのサービスを利用できる契約なら、ユーザーは徹底的に使い倒すものです。
	

使われる側は仕事の範囲を明確にするよう、使う側と交渉することが求められる

裁量労働は相当実力を認められているKYじゃないと基本労働者が不利になるんだよね。日本人の性格がみんな変わらない限り、労働者が奴隷になる制度。
	
返信先: @ShinHori1さん
裁量労働制の前提として、雇用契約結ぶ時に業務範囲と分量があらかじめ決められてないと明らかにフェアじゃないと思いますが、普通日本の労働形態は「会社のメンバーになること」くらいしか決められてないので、そりゃ会社は無限に仕事与えますよね
	
返信先: @ShinHori1さん
本来の裁量労働は、ビッフエの食べたい放題みたいな"やりたい放題"ではないです。Job Discription ありき。です。そしてそこで「具体的な業務と質(やること)、量、締め切り」が明確にします。
日本の雇用契約にそれが欠落していること、雇用側にゴール意識ないことが問題なのです
	
アメリカだとそんな感じの制度みたいで、キャリア選択するとサビ残とかいっぱいやるけど報酬がすごくいい。ノンキャリだと時間給で残業をするのが厳しくて残業が多いとクビ。だとか。
裁量労働は同時に使用者との交渉もできないといけないんじゃないかなと思う。
	
裁量労働制の適切な運用、裁量無いと思われるくらい長時間働いている人を裁量制の適用から外せばいいのでは。
	
裁量労働制って労働者側に制度を選択できる権利を与えたらうまくいくんじゃないですかね。業務量が多すぎて割に合わないと感じればいつでも残業代が発生する制度に労働者の希望で戻せるみたいな。そうすれば適切な業務量の会社で本当に裁量がほしい労働者のみに適用されるような気がします。
	
ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。
この記事が気に入ったら、ぜひtwitter/facebookでの【シェア】をお願いします!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
whitework_jp

【ホワイト労働を広める会】 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント