• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
絶品!プリプリおいしいしらす丼

絶品!プリプリおいしいしらす丼

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
絶品!プリプリおいしいしらす丼
江の島など沿岸地域で人気のプリプリでおいしい生しらすたっぷりのしらす丼情報です。

生しらす丼

生しらす丼とは、生のしらす(いわしなどの稚魚)をたっぷりとごはんを持ったどんぶりに乗せて、しょうが醤油やダシ醤油でいただく、漁港の近くの沿岸部ならではグルメの粋です。

生しらすは鮮度が落ちると苦味が出てしまう上に、鮮度の落ちも早いので、海に近いところ(しかもそこで水揚げできるような漁港がある)でないとなかなか極上品には出会えません。
そして、極上がどうか以前に、まずメニューにも載りません。

しらすとは

ついでにちょっとだけしらすの豆知識もこちらでおさらいを。

シラス(白子、英: Whitebait)とは、カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。シラウオ(白魚)、シロウオ(素魚)とよく混同され、シロウオのことをシラスと呼ぶ地方もあるが、ここでは稚魚について述べる。これを塩ゆでにして干したものは、ちりめんじゃこ、白子干し(白子乾し)などと呼ばれる。

シラスは、様々な魚の仔稚魚の総称であるが、白子干しなどの形で積極的に食用とされるのは、イワシ仔魚(主にカタクチイワシ)がほとんどである。ただ、捕獲方法の都合(シラス網と呼ばれる網を打って捕獲する)にもより、様々な魚の仔稚魚が混入することも珍しくない。このため時には魚類だけではなくタコやイカの幼生やエビやカニのゾエア幼生(動物性プランクトンの一種)なども混入する。

幼魚はまだ骨格があまり発達しておらず、白子干しなどは様々な食品にまぶして丸のまま食べられる。ごはんの上にふり掛けたり(しらす丼)、大根おろしと和えて醤油で味付けしたりして食べられる。蛋白質やカルシウムが豊富な食品である。

塩茹でして加工されるものがほとんどだが、水分含有量の違いで区別され、茹で上げ後水きり程度で製品となるものが釜揚げと呼ばれ85%前後の水分含有量となる。50 - 60%程度に乾燥されたものが白す干・・関西では太白と呼ばれ、25 - 35%程度まで乾燥させたものがちりめん・・関東ではかちり等と呼び区別される。それ以外の加工方法として畳いわしという海苔を作るような方法でシラスを板状に乾燥させたものがあり、これは水分含有量15%程度となる。また近年は生食の消費も増えてきている。

しらす丼のおいしいお店

とびっちょ

中央にうずらの卵の黄身を落した絶品しらす丼がいただけます。

ぷりぷりの生しらすと、釜揚げしらすの二色丼が人気です。

人気の新鮮そのものの生しらす丼です。

ギャラリー

	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。