• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
映画「ロリータ」1962年/1997年どちらを先に観るべき?【おすすめ】

映画「ロリータ」1962年/1997年どちらを先に観るべき?【おすすめ】

Author:
tolawotolawo
Posted date:
映画「ロリータ」1962年/1997年どちらを先に観るべき?【おすすめ】

叶うはずのない奇抜な恋がテーマの「ロリータ」

世の中には、実にさまざまな「」があります。

映画「ロリータ」では、性的嗜好とされる"少女愛"がテーマになっていますが、誤解を恐れずに言うのであれば『本物のロリコン』です。

もっとも、ロリコン(ロリータ・コンプレックス)という和製英語がこの映画の原作小説「ロリータ」に起因しているのですが。

筆者は小説を知らずに映画に先走ってしまったのですが、同名作品がすでに2作公開されています。

1作目はスタンリー・キューブリック監督によって1962年に、
2作目は、エイドリアン・ライン監督によって1997年に公開されました。

どちらも基本的なストーリーは同じですが、2作目のほうが小説に忠実なようですね。

1962年「ロリータ」のあらすじ

(↑個人的名シーン。胸毛が湯に浮かんでる)

主人公の男が、とある男の家に押し入りピストルで射殺。
直後の光景を目の前に、かつて過ごした日々の思い出を振り返る。

主人公は大学の教授を勤めていた。
夏の間の下宿先として訪れた豪邸で、庭でたそがれる少女(通称:ロリータ)にくぎ付けになる。
そのまま流れるように下宿先を契約し、ロリータと母親、3人での生活がはじまる。

主人公はロリータに夢中の毎日。
しかしロリータの母親は主人公に惚れている…という奇妙な三角関係ができあがった。

母親は主人公にラブレターで想いをつづる。
ロリータのことが諦められない主人公は、ロリータ目当てに母親と結婚するのだが…

1997年「ロリータ」のあらすじ

大学で教授として働く主人公は、幼いころ恋人を亡くしたことで恋心を失っていた。
そんなときに訪れた下宿先に、当時の恋人とそっくりな少女の姿が…。
と、2作品の間で大きく異なるのは冒頭の部分です。
1962年製はたんなる一目惚れですが、1997年製ではロリータとかつての恋人を重ねています。

中盤から登場する謎の男のタイプも正反対。しかし気味が悪いというところは同じです。
個人的には1962年製のほうが(いい意味で)嫌いです。

一途なおじさんの恋

少々語弊がある言い方ですが、これはおじさんがただひたすらに少女へ愛を受け取ってもらおうとする。そんなストーリーになっています。

ロリータは14歳。中学生に大人の恋を強いるなど無理があるのです。
しかし主人公のおじさんは本気。相手の年齢はともあれ、本当に恋に落ちたのですね。

その想いを果たすために母親と結婚するのは賢明ではありませんが、かといって主人公が望むようなロリータとの関係が正当化できるわけでもありません。

一種の偽装結婚をしてまでロリータのそばにいたいと願う気持ちは、これ以上一途な恋はありません。まさに真正のロリータ・コンプレックスなのです。

どちらの「ロリータ」を観るべきか?

今日でもいたるところで見かける言葉の「ロリータ」…の、もとになった映画「ロリータ」。

日本語をつくった名作を、一度は観ておくべきでしょう。
しかし上映時間が1962年製は152分、1997年製は137分となんとなく気が重くなるのも否めません。

ということで、どちらか1作を優先するならばどちらにするべきか?という観点で両作品の特徴を挙げてみます。

モノクロ・単調好きなら1962年製

スタンリー・キューブリック監督作品の「ロリータ」は、全編がモノクロで撮影されています。
キューブリック作品にしては単調なストーリーだなあ、というのが初見の印象。

ストーリーがどうか、というよりもまずモノクロが大好物ならこちらがおすすめです。

登場人物に関して言うと、ロリータの母親の、主人公への執着っぷりはものすごいです。
声を荒げるシーンはもう…子は親に似るということですね。

ロリータの感情が激しいのは1997年製

小説に忠実なのが1997年製ということですが、こちらは1962年製に比べるとかなり描写が激しい印象。

冒頭で主人公が一目惚れするシーンにはじまり、書斎で仕事をする主人公を誘惑するように見つめたり、母親の前で甘えるようにくっついてみたり…。

「このおじさん、私に惚れているに違いないわ」と確信しているとしか思えない行動が山ほど登場します。

それが1997年製の魅力でもあるのですが、かえって現実的でないと感じてしまう人もいるかもしれません。

さらに、ロリータは終始情緒不安定気味。
旅のシーンの荒れっぷりにはさすがに疲れてしまうでしょう。

「思春期の女の子は難しいなあ…」と腕を組むシーンも盛りだくさんです。
※ちなみに、14歳のロリータを演じた女優さんは当時17歳でした。

「表現の仕方」が好きなほうを見るべし

この2作を連続して観た総括は、
現実的なのは1作目、非現実的かつ少女への愛が強烈なのは2作目といったところでしょう。

大まかなストーリーはどちらも同じですが、登場人物の愛情表現の仕方はみんな違います。

とくに主人公ロリータ謎の男の3人。
主人公とロリータは、1962年製では比較的おとなしい性格です。
たいして1997年製では、どちらも感情をぶつけ合っています。
(謎の男はその逆で、1962年製はとにかく怖い。)

どちらにしても、下心ありきで観ると後悔することには違いありません。

私たちが持つ「ロリコン」のイメージをはるかに超越した、叶うことのない苦しい恋の物語なのです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tolawo

フリーランスライター活動中…。 まとめを含む記事の執筆、書き起こしなど。立派な実績はありませんので書きまくって腕磨きます。お仕事はTwitterから。