• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ラーメンに合う最適具材のメンマ

ラーメンに合う最適具材のメンマ

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
ラーメンに合う最適具材のメンマ
日本の国民食と言っていいほど広がるラーメンによく合って、定番の具材ともなっているメンマのご紹介。

メンマとは

メンマは、マチク (麻竹、Dendrocalamus latiflorus) などのタケノコを乳酸発酵させた加工食品またはそれを味付けした製品。ラーメンのトッピングに使われる。かつては一般に支那竹(シナチク)と呼ばれていた。桃屋が1968年からテレビCMでメンマと称してから、この呼称が普及した。

出典:

	

メンマ(麺麻、麺碼)は、シナチク(支那竹)とも呼ばれ、タケノコを乳酸発酵させた加工食品である。これを味付けされた製品も、同様に呼ばれる事が多い。台湾の嘉義県における伝統食材ともなっており、現地では乾筍(カンスン)と呼ばれる。

発酵した麻竹を乾燥塩漬けしたもの、それを水で戻し塩抜きしたもの、さらにそれに味付けしてそのまま食べられるように調理した物などが業務用に流通している。一般的には長さ数センチ、太さ1センチ角程度に切りそろえられたものが多いが、用途によってさまざまな部位や形状のものがあり、先端の柔らかい部位は「穂先メンマ」などとも呼ばれている。日本では酒のつまみとしても用いられ、炒めたりゴマを振りかけたりキムチにあえたりと多様な食べ方がある。

ラーメンのトッピングとしてよく用いられるが、ほとんどが味付メンマである。なお、中国や台湾においてはメンマがラーメンに用いられることはなく、炸醤麺の具材の野菜類を菜碼(古くは麺碼)と呼ぶ。
メンマという名称は、台湾出身で丸松物産を経営した松村秋水が考案した。「ラーメン上のマチク」がその由来。考案したのは、支那竹の支那という単語に台湾政府が抗議したため。

出典:

	

台湾ではメンマを筍乾、筍絲、筍茸、筍尾片などと呼ぶ。沖縄では筍絲(スンシー)と呼ぶことが多く、豚の三枚肉とともに炒り付けたスンシーイリチーなどが食べられている。台湾や中国には、メンマを汁かけ麺の具材として使う習慣がない。お弁当の付け合せとしてよく使われている。
	

メンマ料理

そのまま

漬物的にそのままつまむのも好まれます。お酒などにもよく合います。

ラーメン

やっぱり定番はラーメンの具材としてたっぷりと♪
メンマをどっさり乗せたメンマラーメンを売りにしているお店も最近では登場しています。

メンマ丼

米好き日本では、メンマ丼もステキにおいしいです。濃い目に味付けしたメンマは、ごはんともよく合います。

もやしメンマ

ラーメンに合う王道食材のコラボ☆

メンマチャーハン

中華料理で合わないわけがない!!

豚肉メンマ炒め

			

キクラゲメンマ

			

スープ

			
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。