• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ビタミンたっぷりで料理に使いやすいお野菜ブロッコリーレシピ

ビタミンたっぷりで料理に使いやすいお野菜ブロッコリーレシピ

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
ビタミンたっぷりで料理に使いやすいお野菜ブロッコリーレシピ
ビタミン豊富で、おいしく大量に摂りやすい人気野菜のブロッコリーの解説や料理紹介です。

ブロッコリーとは

ブロッコリー(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花椰菜)。カリフラワーはブロッコリーの変種である。単位は「株」である。
地中海沿岸の原産。食用とするのは蕾の状態の花序と茎であり、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつける。

出典:ブロッコリー - Wikipedia

	

日本での主産地は北海道(2012年収穫量:22,600t、栽培面積:2,440ha)、愛知県(同:15,700t、951ha)埼玉県(同:14,900t、1,260ha)であり、市町村別では愛知県の田原市が全国で最も生産量が高い。
常温でも外見が変化しないカリフラワーに対し、ブロッコリーは収穫後ただちに低温保存しないと変色が進んでしまうことから、保存技術が未熟だったかつては、ブロッコリーの流通量は、カリフラワーに大きく水を開けられていた。

緑色の花蕾と茎を食用とする。ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含む。日本ではゆでてマヨネーズなどの調味料をつけて食べることが多いが、欧米ではサラダなどで生食されることも少なくない。スープやシチューの具、炒め物、天ぷら、糠漬け(主に茎)にすることもある。茎の部分の外皮は、繊維質で硬く食感が悪いことがあり、その場合は剥いてから調理するとよい。
発芽したての子葉と胚軸を、カイワレダイコン同様スプラウト(もやし)として食用にする。一般には、ブロッコリースプラウトと呼ばれる。
	

おいしそうな各種ブロッコリー料理

ブロッコリーの明太マヨサラダ

ブロッコリーはシンプルに茹でてサラダ系にするのがおいしいです。
ちょっと固いくらいでもバリバリ食べられますし。

ブロッコリーと卵のこくマヨ炒め

油と相性がよく、炒め物系によく使われます。

ブロッコリーとイカの炒め

海鮮ともばっちり

魚介の風味が美味しいホタテとブロッコリーのバター炒め

やっぱり魚介類との組み合わせがよいです。油もがっつりでこってりと。

ブロッコリーとえびのオイスター炒め

			

和風ブロッコリーパスタ

			

エビとブロッコリーのオーロラソース和え

			

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。