• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
確実に需要が少ないまとめ…大人の女性達、またロック系のファッションしましょ!

サムネイル出典:

確実に需要が少ないまとめ…大人の女性達、またロック系のファッションしましょ!

Author:
原田サキ原田サキ
Posted date:
確実に需要が少ないまとめ…大人の女性達、またロック系のファッションしましょ!

若い子みたいには着れないけれど…

酸いも甘いも噛分けられるようになった大人の女性、特に40overから50代辺りの皆様。更年期や老眼、旦那さんの愚痴ばかり話してませんか?疲れますよね。でもここでちょっと思いだして欲しいのです、若い頃にバンドブームがありました。バンドをしていた、大好きなバンドのライブに通いつめたなんて女性、案外多いんですよね。今でも当時好きだった曲ばかり聴いている人も。

さらに80年、90年代は洋楽HR/HMが流行ってたので、隠れ中年女性メタラーも多いですよ。そんな皆様、若い頃は派手なロック系のファッション楽しんでましたか?

でも今は「また着たいけど、もうこの年じゃ着れないなあ」なんて思いますよね…。若い頃みたいには着れないけど、たまには大人のロックテイストで楽しみたいな!と、まとめてみました。

ちなみに探していたら、下の画像の黒ライダースかハードめなアウター、ダメージ加工のスキニー、ブーツの女性が多かったです。

やっぱり基本はバンドT

基本中の基本!

もう基本中の基本、バンドTにダメージジーンズ。これが一番簡単でさりげないですね。靴やバッグで印象も変わりますよ。通りすがりの人に「あの人○○のファンだ」とこっそり思われたりもします。

カジュアルで可愛く

ガンズのTシャツを可愛く着こなしてますね。Tシャツのオレンジとカーデの色を合わせているので、あまり派手な感じは受けません。髪の色が赤っぽいので目立ちますが、カーデの色や靴で、もう少し落ち着いた雰囲気にもできそうです。

バンドTにスカート!

バンドTに普通のスカート、以外と合いますね。バンドTは黒が多いので、プリントされたデザインによっては使いやすいのかもしれません。右の女性、普通にランチとか行けますね。

左の女性は白のジャケットにスカートでカッチリしてますが、何故か着こなしちゃてます。

ええ~!ピンクのスカート

アイアンメイデンのTシャツに淡いピンクの品のあるスカート…なぜそれを考えたのでしょう。

多分袖を切っているみたいです。さらに裾を結ぶことでコンパクトにしてますね。

着る時にTシャツの形をアレンジしたり、もしミシンなどでリメイクができるなら、アイアンメイデンでも上品な着こなしができるかもしれません。

突き抜けてしまえ!がっつり系

本当はこれくらい着たい

バンダナ、レザーにスタッズのリストバンド、ごついシルバーの指輪、トゲトゲのライダース、完璧です。女性メタラーさん、ストレス溜まったら思い切ってこれくらい着たくなりませんか。このスタイルは、年齢がいっても意外といけるんですよね。ボトムが何かわからないのが残念。

パンク出身の女性はこちら

HEY!HO!let‘s GO!と「電撃バップ」が聴こえてきそうです。良く見るとロングスリーブの上にバンドTを着ていて、そこにGジャン、割と派手過ぎではないですね。

問題はスカートの短さとロングブーツ。このバランスは若くないと難しいので、自分なりにアレンジする必要がありそうです。

スタイルのよいかた、トライしてください

これは恰好良くてぜひ真似してみたいですが、背が高く細いモデル体型じゃないと、なかなか難しいですね…

やっぱりさりげなく取り入れましょうか…

普通に着るならこうですね

バンドTにダメージなしのジーンズ、スタンダードです。日常のファッションとして完璧です。スニーカーにすれば子どものお迎え、町内の草むしりも問題なしです。

ヒールでちょっと大人っぽさと女性らしくなりますね。これなら目立たないし、スーパーへ買い物やコンビニ、友達とのランチでも違和感ありません。

赤チェックは必須!

これは可愛い。赤チェックのシャツを「着てしまう」と、場合によってはモッサリとしてしまうので、巻いてアクセントにするのは良いアイデアです。他はブラックのシンプルなアイテムで統一。アウターで印象も変わりそうです。

女性らしくならこんな感じで

ハードなイメージのライダースも、キャメルやベージュにすると、組み合わせによって案外品良く着こなすのも可能。素材もよく選ぶと良いですね。

これは白いワンピースと合わせてますが、もう少し長めの黒や、柄のワンピースでも似合いますよ。

黒スキニー、万能

ファーのアウターもロックな雰囲気出ますね、多分多くの女性が持っている黒のスキニーかレギンスに合わせれば、簡単に完成しそうです。シンプルなので、ゴツめのブーツやアニマルパターンなどの靴をアクセントにしてみると、色々な個性が出せそうです。

ライダースはやっぱりほしい

白のインナーとプリーツスカートと、黒のライダースとブーツの2色でシンプルですが、女性らしさとハードさのバランスが絶妙で素敵ですね。黒のライダースもダメージ加工してなければ、カッチリした雰囲気の着こなしもできるようです。

取り急ぎ!必要だと思ったアイテム

1、とりあえず黒い服
2、ダメージ加工のジーンズ(程度はお好きに)
3、赤系チェックのシャツ
4、ライダースジャケット(ブラウン、キャメル、ベージュ辺りが無難)
5、ごつめの靴かブーツ(黒がおすすめ)
6、黒のスキニーパンツ(ウエストがゴムのレギンスでも可)

この6点をどれか1つ、好きだった音楽のジャンルに合わせた感じで取り入れると、なんとかなりそうですよね。

または普段のファッションに、左にあるようなアクセサリー類を足してもいいかもしれません。

ロックテイストをチョイ足しできるブランド3選

出典:ZOZOTOWN

個性的なデザインが良い!

ロックぽい雰囲気から、ストリート系、ガーリー系と多様で個性的なデザインは、見ているだけでも楽しいですよ。選びかたによって、意外と年齢関係なく着れそうです。

アメリカンな感じならこちら

ちょっとアメリカンな雰囲気で、シンプルだけど細かい部分のデザイン性にこだわり感があるところがおススメです。この黒のパンツ、使えそうですね。割とプチプラなのも嬉しいです。

出典:ZOZOTOWN

上品なパンクにいかが

「リネン ファッションキルト ラップスカート」です。本格的なキルトスカートやチェック柄は品があります。普段、普通のファッションの時にも、パンクっぽくしたいときも使えそうですよ。

あのころを想い、また明日も頑張ろう

家庭があれば子育てと家事に追われる目まぐるしい毎日、独り身なら会社で重責についたり、いつのまにか膨大な仕事量を抱えていたり…。ストレス満載で、疲れっきっているだろう様々な人生を送る女性達。どんどんと変わっていく世の中や体の変化に疲れると、時折ふっと、不便だけど元気で楽しかった若い頃が懐かしくなります。

そんな時、当時好きだった音楽を聴くと、不思議とその時の空気感が甦るような気がします。若い頃みたいに好き放題にはできないけれど、ファッションだけでも楽しみながら少しだけでも当時の気分を味わい、ノスタルジーに浸るのも悪くないかもですね。そしてまた頑張りましょう!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
原田サキ

3年ほどウェブライターをした後、現在は再び会社員に。 世の中に溢れる、隠れるたくさんの情報、特に社会的な疑問を色々と発信したいです。 個人的な趣味も♪