• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
欧州・原子炉を冷却する海水温の上昇で原発の出力低下や停止で電気料金上昇

欧州・原子炉を冷却する海水温の上昇で原発の出力低下や停止で電気料金上昇

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
欧州・原子炉を冷却する海水温の上昇で原発の出力低下や停止で電気料金上昇

海水温が25度以上になると原子炉を停止、23度以上では出力を低下させなければならない。

スウェーデンで原子炉7基を操業する国有電力会社バッテンフォールは今週、海水温が25度を上回ったことを受け、リングハルス原発にある4基の原子炉のうち、900メガワットのPWR1基を停止した。
同社のフォルスマルク原発には、BWR3基が設置されているが、バッテンフォールは7月初旬、周辺の海水温が23度を上回ったため、1基あたりの出力を30─40メガワット低下させた。
フィンランドの電力大手フォータムは先週、海水温が32度に達したため、ロビーサ原発の出力を低下させた。
海水温が原子炉の操業に与える影響の程度は、海水を取り込む深さによっても異なる。取水口が深い位置にある方が、海水温も低い。
また、冷却水として使われた海水を海に戻すときの温度によっても左右される。もしそれが34度を上回れば、一部の原子炉では、安全基準上の理由から、大幅な出力低下や停止を余儀なくされる。

スウェーデン最大のオスカーシャム原発3号機(出力1・4ギガワット)の取水口は深い位置にあるため、猛暑への耐性は他の原子炉に比べて高いと、同原発を運営する独ユニパー(UN01.DE)傘下OKGの広報担当者は話した。
「海水の取り込み口は水深18メートルの位置にあり、海水温は自然に海面より低い。そでれも海水温が高くなりすぎた場合は、それに応じて出力を低下させる」と、広報担当者は述べた。
オスカーシャム3号機は、海水温が25度を超えたら出力を低下させることになっているが、7月31日の時点では20度以下だった。
同様に、フィンランド産業電力(TVO)が操業するオルキルオト原発の取水口も深い位置にあり、海水温は上限の27度を下回っている。

出典: アングル:北欧の原発にも熱波影響、海水温...

	

地球温暖化が進むにつれ猛暑と干ばつに見舞われる欧州や米国では今世紀に入ってから海水温の上昇で原発に影響を受けるようになった。

 8月12日、コネティカット州南東部のニューロンドン近郊にあるミルストン原子力発電所では、原子炉2基のうち1基が停止した。冷却水として利用してきたロングアイランド湾の海水温度が、測定を始めた1971年以来最高レベルに達したためだ。再稼働の見通しは立っておらず、原発を運用する電力会社ドミニオン(Dominion)の広報担当ケン・ホルト氏は、「残りの1基では、湾内のより深い海水を汲み上げている。深層水に影響が及べば、もう打つ手がない」と話す。 
 電力供給量には余裕があり、一般市民の生活に影響はまだ出ていない。しかし、記録的な天候を前に電力生産をいかにして維持するのか、難題をはっきりと浮かび上がらせる象徴的事例となった。2012年7月は、記録が残る1895年から最高の暑さを記録しており、干ばつも1956年以来最も広い範囲に及んでいる。 

 テキサス大学オースティン校国際エネルギー・環境政策センターのマイケル・ウェバー(Michael Webber)氏は、「猛暑と干ばつが組み合わさって、電力網が受けるダメージが増大した」と指摘する。「電力生産では、水は一般に考えられているよりはるかに重要な資源だ。家庭で消費するより、家庭用の電気を生み出すために使われる量の方が多い」。 
 熱波で1万人以上の死者を出した2003年のヨーロッパでも、冷却水用の川の水温が高くなりすぎて、稼働レベルを下げる原発が相次いだ。「今夏のアメリカは何とか乗り切っているが、電力不足に陥る夏がいずれ来るだろう」とウェバー氏は語る。実際に冷却水源の水位が取水管の位置よりも低くなったために、操業を停止した発電所も出ている。 
 干ばつは水力発電にも影響を与える。カリフォルニア州の送電を担う独立系統運用機関(ISO)の広報担当ステファニー・マコークル(Stephanie McCorkle)氏は、「カリフォルニア州の水力発電所では今夏、電力生産量が例年に比べて1137メガワット減少すると予測されている。昨冬の干ばつの影響だ」と話す。水力発電の源となるシエラネバダ山脈の積雪量は、春の段階で例年の50%しかない場所もあったという。 

出典:アメリカ、猛暑と干ばつで原発停止 | ナショナルジオグラフィ...

	

北ヨーロッパの7つの気象観測所のデータを分析することにより北極圏に近いほど、この夏の気温が上昇したことを発見した。

PARIS - 北欧のこの夏は、聖書にある疫病の現代版のような感じだ。スイスでは脱水で牛が死に、スウェーデンで火災が発生し、オーストリアでは氷河が溶けています。
ロンドンの店舗にはファンやエアコンが不足しています。グリーンランドでは、巨大な氷山が砕けて崩壊し海に落ちて、海岸の集落を破壊する津波を引き起こす可能性があります。先週、スウェーデンで最高峰のケブネカイセ(Kebnekaise)山は、氷河の先端が溶けてもはや一番ではなくなった。
南ヨーロッパも暑く、スペインとポルトガルの気温は今週末華氏105〜110度に達すると予想されています。土曜日には、ポルトガルのいくつかの地域で記録的な暑さを記録し、先週、スペインでは2人が死亡し、ポルトガルでは3人が死亡した。
しかし、オックスフォード大学と世界天気予報ネットワークの研究者による調査によると、気候が最北端の緯度では世界平均よりも最も極端に速く気温が温暖化しています。研究者らは、北ヨーロッパの7つの気象観測所のデータを分析することにより、北極圏に近い地域社会ほどこの夏の暑さは温度記録で際立っていました。今夏のノルウェー、スウェーデン、フィンランドの多くの都市で、北極圏では過去最高記録のほぼ90度の気温を記録しています。

出典:

	
グリーンピース・インターナショナル(本部)事務局長 バニー・マクダーミッド
「各地で続いているこの世界的な悲劇の中で苦しむすべての方々に、お見舞いを申し上げます。異常気象の背景には複雑な要因の関与がありますが、私たちが経験していることは、『気候変動後の世界の状況予測』と一致しています。
激しい熱波の世界的な広がりは、気候変動が明らかな要因と考えられます。これは産業革命以前と比べ、平均気温がまだ1度に届かないほどしか上昇していない状況での出来事です。パリ協定で合意された世界の平均気温を1.5度または2度未満に抑えるという目標を超えて気温が上昇した場合、どのようなことが起きてしまうのか、私たちには想像さえできません。世界中で非常に悲惨な形で人々の命が失われていますが、このような状況が起こらないようにし、さらに極端な気象災害を未然に防ぐためには、緊急に気候変動対策を講じる必要があります。」

出典: 2018/07/27 グリーンピース声明:世界の異常気象は、気候...

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15