• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ニート一家5人殺傷事件を起こした「岩瀬高之」とは

ニート一家5人殺傷事件を起こした「岩瀬高之」とは

Author:
sicsic
Posted date:
Update date:2018年09月10日
ニート一家5人殺傷事件を起こした「岩瀬高之」とは
4月16日午前2時40分頃、豊川市伊奈町前山に住む58歳の男性宅で、長男(当時30歳)が父親(当時58歳)と三男夫婦の長女(当時1歳)を殺害し、また母親(当時58歳)と三男(当時22歳)と三男の内縁の妻(当時27歳)に怪我を負わせ、自室の布団に火をつけて家を半焼させた。

ニート一家5人殺傷事件(豊川市一家5人殺傷事件)

ニート一家5人殺傷事件とは、2010年4月17日愛知県豊川市で発生したニート・岩瀬高之(当時30歳)による、父と姪2人死亡、3人が重傷となった事件。

出典:ニート一家5人殺傷事件 - Yourpedia

	

事件概要

インターネットの契約解除された事に立腹し同居していた家族を刺したとして、2010年4月17日、愛知県警は豊川市に住む無職の30歳・岩瀬高之を殺人未遂で現行犯逮捕した。刺された家族のうち、父親と男の姪が死んだため今後殺人と殺人未遂の疑いで調べを進める。
逮捕されたのは豊川市の無職・岩瀬高之容疑者(30歳)。岩瀬容疑者の直接の逮捕容疑は4月17日午前2:15ごろ、豊川市の自宅で就寝していた父親の会社員・一美さん(58歳)を包丁でメッタ刺しして殺害をしようとした疑い。一美さんはその後病院に搬送されたが死亡した。
更にその上で岩瀬容疑者は母親(58歳)、三男(22歳)とその内縁の妻(27歳)、更にはその三男の姪の女の子(1つ)に次々に襲いかかっては切りつけ、そして自分の部屋の布団にライターで火をつけて、住宅の2階部分を半焼させた。この焼け跡から女の子が遺体で発見され、また母親が大動脈破裂の重傷。三男と内縁の妻も負傷した。なお次男(24歳)は新聞配達中で外出していた。
岩瀬容疑者は調べに対して「インターネットプロバイダーの契約を父親(一美さん)に勝手に解除されて腹がたった。家族を殺してやろうと思った」と供述している。また岩瀬容疑者はこの事件の5日前に一美さん名義の銀行口座を無断で作ってネットオークションで200万円から300万円の借金をしているとして、家族が警察に相談していたことが明らかになった。これが原因でインターネットプロバイダーの契約解除や借金についてのトラブルを起こし、さらに事件2日前に家族に物を投げて暴れているという通報が警察にあったといい、このようなトラブルが事件の背景にあると見ている。
岩瀬容疑者は約15年前から家に引きこもってインターネットに熱中しており、この殺人事件が起こる前の4月13日に岩瀬容疑者が一美さんの身分証明書を無断で持ち出して銀行口座を作ろうとして口論になった他、その数日前には一美さんの実兄(62歳)に「(岩瀬容疑者が)勝手に親のクレジットカードを使ってインターネットでゲーム機や雑誌を買ったのでインターネットを使えないようにした」と話していた。

出典:ニート一家5人殺傷事件 - Yourpedia

	

ニート一家5人殺傷事件とは【岩瀬高之】

			

動機

2010年4月18日5時6分 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で家族5人が刺され、一美さんら2人が死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された長男の岩瀬高之容疑者(30)が動機と語った、家族によるインターネットの接続解除は事件前日の16日だったことがわかった。
岩瀬高之の弟である次男(24)によれば、岩瀬高之はネットの通信販売などで200万円以上を使っており、警察などの助言でネットの契約を解除したという。
次男は事件発生当時、仕事で外出していて無事だった。
次男によると、岩瀬高之には、買い物160万円とキャッシング(借金)70万円のクレジットカードの利用額があったほか、岩瀬高之の父親の一美さんの給料を岩瀬高之が自ら管理するなど、家族間に金銭トラブルがあったという。
岩瀬高之がネットを通じて買い物をするようになったのは2、3年前から。
岩瀬高之は、父親名義のカードを使い、写真集やTシャツなど衣類を購入していた。
しかし、商品が届いても中身は開けず、段ボールに入ったまま。「毎日届く荷物は、2階の部屋のほとんどを埋めていた」と次男は語る。
「兄(岩瀬高之)の『買い物依存』をどうすればいいのか」。
3月ごろから豊橋市内にある県の相談部署・県民生活プラザや豊川署、豊川保健所を訪ねた。次男は「県民プラザや警察では、クレジットを止めて、ネットも止めた方がいいとアドバイスを受けた」と語る。
岩瀬高之の父親や次男は16日、信用情報機関でクレジットカードの履歴を照会し、総額200万円を超す利用額が判明。
2週間ほど前に、岩瀬高之の家族がいったんネットを休止させていたが、岩瀬高之が勝手に復活させていたため、16日に改めて父親がネットを解約したという。
家計を管理(支配)していた岩瀬高之は毎月、父親に5万円、母親に4万円を渡し、残りを自分のものにしていた。次男は「父が、兄に強く言えずにそうなってしまった」と語った。
岩瀬高之は中学卒業後、製菓会社に就職したが、病気をきっかけに退職し、自宅に引きこもるようになった。パソコンでインターネットをして過ごす日々で、次男は「私たち兄弟の間に会話はほとんどなかった」と語った。

出典:ニート一家5人殺傷事件 - Yourpedia

	

喋ったところをみたことがない

岩瀬高之は1980年、3人兄弟の長男として愛知県東部の小坂井町(現・
豊川市)に生まれた。
父の一美はガスの集金業務、母の正子は食品会社にパート勤務して
いた。夫婦仲は円満とは言えなかった。

近所住民が証言する。
「あの家はもともと一美さんの母親が建てたもんでね。ご主人と離婚し
てマッサージ師として働きながら女手ひとつで2人の男の子を育てた。
だから一美さんと母親との関係は緊密で、嫁として入った正子さんが、
”もっとまともな料理をつくりなさい”なんて叱責されることもあった」
嫁姑問題から転じて夫婦が衝突することも珍しくはなかった。そのスト
レスも一因だったのか、酒が入ると些細なことで、一美は妻や子供たち
にあたったという。

家族間に不協和音が軋み、周囲との近所付き合いもほとんどなかった。
高之も幼少時代から口数が少なかった。
岩瀬高之の小学校の同級生は「喋ったところをみたことがない」と口を
揃える。唯一の楽しみは給食を食べることだったという。

家では朝食が出されることはなく、夕食もカップ麺。それが普通の”食卓”
だと思っていた。
小学校時代、同級生からはしょっちゅう教科書を隠された。

中学時代の同級生の話。
「勉強は下から数えたほうが早かったぐらいだけど、毎日学校へは来て
いましたね、当時流行していたテレビゲームなどに熱中していました。
創部されたばかりのコンピュータ部に所属して、プログラミングなんかを
やっていたな」

中学校卒業後、高校には進学せず菓子製造工場に勤務した。ひたすら、
パンを包装するという単純作業だったが、その働きは評価された。サボ
ることなく淡々と仕事をこなしたからだ。

就職して1年間はまじめに勤めるも、後輩に指導することができず工場を
高之は退職した。

出典:サメ石・チャンネル:重い判断迫られた「豊川一家5人殺傷事件」

	

怖くて一緒には暮らせない

そして自宅にひきこもりインターネットへの過度の依存が始まる。
父・一美は高之と家で顔を合わせると、こう言った。
「お前そろそろ仕事せい」だが、高之は無言を貫いた。兄弟から無視され、
父から叱責を受け続た。

その孤独をいやしてくれるツールがパソコンだった。
近所では折り合いの悪かった父・一美と自転車で外出する姿も時々見ら
れていた。これは、銀行への振り込みに、高之が付き添ったからというもの。
金銭管理に関しては一美が高之を頼っていた様子が窺える。

一方、高之は同時期に親名義の銀行口座を新たに開設してクレジットカー
ドの契約を結んだ。それがネットショッピングやネットオークションにのめ
り込むきっかけとなった。

オークションで物を買うため父親のクレジットカードを管理し、借金が350
万円にまで膨らんでいても購入を続けた。その行動が、はたして障害に
よる影響によるものなのか。

障害だから、ネットにはまり借金を重ねたという結論は、何か乱暴なような
気がするのだが……

11月28日に改定された公判3日目。父と姪が死亡したことへの気持ちを
問われ、高之は言葉を絞り出す。
「苦しい、なぜこうなったか毎日考えているが、わからない・・・・・・」

殺意の有無や、責任能力が争点となっている公判では、中程度の知的
障害と、自閉症が認められるという鑑定結果も出た。だが、それに対し、
「知らなかった」と、母・正子は語る。
一方、娘・友美(当時1歳)ちゃんを殺害された三男夫婦はいずれも
「死刑にしてほしい」と述べている。

母親(29)は「かけがえのない娘の命を奪われた。遺体の苦しそうな顔
が忘れられない」と話した。父親で、岩瀬被告に切りつけられ重傷を負っ
た弟(23)は「今でも切られた時の夢を見て恐怖を感じる。被告に怒り
も覚える」と述べた。

友美ちゃんの母親は「クレジットカードの申し込みなどができ、知的障害
だったとは思わない」、弟も「事件後まで知らず、家族で話し合ったこと
もなかった」と証言した。

母の正子さん(60)は「怖くて一緒には暮らせない」としながら「死刑を
望んでいたが、息子が謝罪したので懲役2、3年を望む」と減軽を求め
ていた。

岩瀬高之は事件のあと二度泣いたという。一度めは母親が面会に来て
くれたとき、二回目は母からの手紙を受け取ったときである。

出典:

	

自閉症

インターネットの切断に腹を立てた被告が家族5人を包丁で襲い、2人を殺害、3人に重傷を負わせた豊川家族5人殺傷事件。31歳の被告に自閉症という障害があり、判決が注目された名古屋地裁岡崎支部での公判をすべて傍聴してきた。社会に障害者を受け入れる体制がもう少し整っていれば、事件は防げたのではないかとの思いを抱いている。

■買い物に執着心
 検察側、弁護側が被告に精神鑑定を実施。双方の鑑定医はともに被告を自閉症と認定した。 
 自閉症について私は「後天的な精神病の一種」という誤った認識を持っていた。「先天的な障害で、治療をしても治るものではない」。鑑定医はそう証言し、特徴的な症状として「こだわり」と「他人の気持ちが理解できない」点を挙げた。
 被告が犯行時、強いこだわりを持っていたのが、インターネットによる買い物だった。物ではなく、買い物という行為そのものにこだわりがあった。事実、買った物のほとんどは段ボール箱のまま部屋に山積みされていた。「買い物へのこだわりをなくすにはどうすればよいか」。質問に医師は答えた。「他のものにこだわりが移るまでは治らない」
 知的障害の程度は、被告自身が語る言葉が分りやすかった。被告は好きなテレビ番組を問われて「アンパンマン」と答えた。「それ以外の番組は難しくて話が分からない」。被告人質問でも、被告は大半の質問に「分らない」と繰り返した。
 しかし自閉と知的の障害があったことを被告の母親は「知らなかった」と証言した。人とコミュニケーションが取れないという認識はあったはずだが、障害が原因とは思っていなかったようだ。

出典:

	

名古屋地裁第1審

愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん=当時(58)=方で2010年4月、一家5人を殺傷したなどとして、殺人と現住建造物等放火などの罪に問われた長男で無職の高之被告(31)の裁判員裁判の初公判が2011年11月24日、名古屋地裁岡崎支部(久保豊裁判長)で開かれた。
同被告は罪状認否で、5人を包丁で刺したことについて「よく覚えていない」と説明。
殺意の有無に関しては「分からない」と述べた。弁護側は刺した行為を認める一方、殺意を否定し「被告の責任能力は限定的だった」と述べた。
検察側は冒頭陳述で「被告は家族がものを言わないのをいいことに、好き放題の生活を送っていた」と指摘。父親のカードでネットショッピングを繰り返し、借金は350万円に膨らんでいたことを明らかにした。
高之被告は逮捕後、動機について「ネットを解約され腹が立った」と供述。長年にわたり自宅に引きこもっていたといい、地検は刑事責任能力を調べるため4カ月余り鑑定留置した末、責任を問えると判断、起訴した。
一方、弁護側は高之被告に殺意はなかったとして、傷害致死罪などにとどまると指摘。さらに、発達障害の影響で行動制御する能力が低下しており、心神耗弱状態だったと主張した。

出典:ニート一家5人殺傷事件 - Yourpedia

	

名古屋地裁岡崎支部にて懲役30年

愛知県豊川市で2010年4月、会社員岩瀬一美さん=当時(58)=ら一家5人を殺傷したとして、殺人などの罪に問われた長男の無職高之被告(31)に対する裁判員裁判の判決で、名古屋地裁岡崎支部(久保豊裁判長)は2011年12月7日、「凶暴で残虐な犯行」として懲役30年(求刑無期懲役)を言い渡した。
判決は、長年引きこもり状態だった被告が「インターネットを解約されたことで家族への怒りが爆発した」と認定。争点となっていた責任能力の程度について「逃げる家族を追い掛けるなど、目の前の相手の行動に応じて行動している」などとして、完全な責任能力を認めた。

出典:ニート一家5人殺傷事件 - Yourpedia

	

15年引きこもり、インターネットを解約され一家5人殺傷のたかゆきに懲役30年確定

愛知家族5人殺傷、懲役30年確定へ…上告棄却 

 愛知県豊川市で2010年、会社員岩瀬一美さん(当時58歳)ら2人を殺害、3人に重傷を負わせたとして、殺人罪などに問われた長男で無職の高之被告(32)について、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は19日の決定で被告の上告を棄却した。 
懲役30年とした1、2審判決が確定する。 

 1、2審判決によると、引きこもり生活を続けていた高之被告は10年4月、弟にインターネットを解約されたことに腹を立て、同居していた5人を次々と包丁で突き刺し、父親の岩瀬さんとめいの金丸友美ちゃん(当時1歳)を殺害。母親ら3人に重傷を負わせた後、自室に放火した。 

 1審・名古屋地裁岡崎支部の裁判員裁判は、高之被告に殺意と責任能力を認めた上で、知的障害があったことなどを理由に、検察側が求刑した無期懲役を避け、有期刑の上限を選択。2審・名古屋高裁も支持した。 

出典:

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic