• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
おいしい保存食だが変わった材料で作る珍しいジャム

おいしい保存食だが変わった材料で作る珍しいジャム

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
おいしい保存食だが変わった材料で作る珍しいジャム
本来は果物で作ることが多いが一風変わった材料の珍しいジャム特集まとめです。

ジャムとは

ジャム (英: jam) は、砂糖が水分を抱え込んでその腐敗を遅らせるという性質を利用し、フルーツの果実や果汁に重量比10%から同量程度の砂糖や蜂蜜を加えて加熱濃縮し保存可能にした食品で、スプレッド類の1つである。コンフィチュール (仏: confiture)やコンフィテューレ(独: Konfitüre)ともいう。
果実や果汁に含まれているペクチンに糖類と酸が作用して、ゼリー状に柔らかく固まる作用を利用した加工食品。原料となる果物にペクチンが不足している場合、ペクチンを補うことでゼリー化させる。
酸が不足している場合、商業生産の現場ではクエン酸、酒石酸、リンゴ酸などを、家庭ではレモン果汁、酸味の強いリンゴ(紅玉など)などを加える。原料果実の風味を残すため、無加熱の超高圧下で調理し加える砂糖の量を少なくしたものも流通している。
完成したときに果実の原型が比較的保たれているものは、プレザーブ (英: preserve)という。オレンジやレモンなどの柑橘類を原料とし、果皮が含まれているものは特にマーマレード (英: marmalade) という。

出典:ジャム - Wikipedia

	

非常に甘いため、そのまま食べることは少なく、パンやクラッカーなどに塗って食べるのが一般的である。その他、サンドイッチの具としたり、ヨーグルトやフレッシュチーズにかけて食べたり、様々なケーキの原料とされる。
日本では、一部のスプレッド類についても「ジャム」という名称が用いられることがあり、ゴマをペースト状にした「ゴマジャム」や、牛乳を煮詰めてとろみと甘味をつけた「ミルクジャム」などの商品も販売されている。
	

近年登場の珍しいジャムの数々

ニンジンジャム・トマトジャム

甘みの強い野菜でもジャムは作れますので、最近ではこうしたお野菜ジャムも登場中です。

ルバーブジャム

ちょっと変わった最近日本でも登場しだした珍しい野菜、ルバーブを用いたジャムです。
元々荷崩れしやすくほんのり甘みのある野菜ですのでジャムにもよいです。

たまごジャム

驚愕の、たまごを原料にしたジャムです。たまご自体のほのかな甘みと加えた糖分でマイルドな甘みが楽しめます。

ミルクジャム

最近各所で評判、人気の牛乳で作るミルクジャムです。自然な甘みがたまらないと人気急増中です。

特に作るのに新鮮さも大事なので、牛乳のとれる牧場近辺で生産されることが多いようです。
他の果物のジャムと組み合わせて塗ったりしてもおいしいです。

チーズジャム

これは大変珍しい、チーズのジャムです。

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。