• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
驚くほど多様な種類が出ている人気のチョコ菓子キットカット

サムネイル出典:キットカット - Wikipedia

驚くほど多様な種類が出ている人気のチョコ菓子キットカット

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
驚くほど多様な種類が出ている人気のチョコ菓子キットカット

サムネイル出典:キットカット - Wikipedia

大人から子供まで、みんなに人気のチョコ菓子キットカットの驚くべきラインナップの数々をご紹介。

キットカットとは

キットカット (KitKat) は、ネスレ (Nestlé) が製造するチョコレート菓子。
細長い長方形状のウエハースを重ねてチョコレートでコーティングし、棒状にしたもの。これを4本または2本束ねてパッケージされる。
キットカットはローカル・コンシューマーの嗜好に応えるためパッケージデザインは同じでも国や地域ごとに味が異なる。アメリカ合衆国ではザ・ハーシー・カンパニーがライセンスを得て製造。日本ではネスレ日本が製造。英語: Have a break, Have a KitKat. のキャッチコピーが有名。
日本では1973年にイギリスのロントリー・マッキントッシュ社と提携した不二家から発売され、CMなどでも「マッキントッシュのキットカット」とうたわれていたが、ロントリー・マッキントッシュ社がネスレに吸収された関係で、1989年にネスレと不二家の合弁企業「ネスレマッキントッシュ」(当時不二家マッキントッシュ→ネッスルマッキントッシュ)を設立し、移管。ネスレマッキントッシュはネスレコンフェクショナリーに社名を変更した後、2010年にネスレ日本に吸収された。

出典:キットカット - Wikipedia

	

日本国内においては、基本となるチョコレートの他、2000年代から、ホワイトチョコ、宇治抹茶、ほうじ茶、わさび、ずんだ、いちご、ヨーグルト、巨峰、夕張メロン、マンゴー、パッションフルーツやバナナに信州リンゴ等、季節や地域を限定した商品も展開しており、日本国外でも日本での展開は注目されている。またレギュラー品のほか、スーパーやコンビニでは袋詰めのファミリーパックが多く出回っている。
	

様々な味のキットカット

キットカットはノーマルの品のサイズ違いなどの他に、多様なフレーバー、フルーツなどを用いた商品を出しています。さらにその中には、地域限定販売などのものもあり、ファンには垂涎の品も多々存在します。

時にチョコレートと混ぜることに疑問を感じるような商品もありますが、そうしたものも含めて多くの種類を食べるのを好むファンが多いです。

抹茶味

抹茶フレーバーなどはかなり初期から出始めていて、多くのラインナップが登場する人気商品です。

こんな風に形の変わったおもしろい商品も登場しています。

パンプキンプリン味

単にパンプキン味じゃなく、プリンにしてる味て、こだわりを感じますねw
ハロウィンなどのお菓子によさそうです。

こんなカオスなフレーバーが発売!?と思いきや、これはさすがにエイプリルフールのネタでしたねw

こんな豪華なギフトセットなども。
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。