• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
北海道のお土産に!!絶品お菓子集

北海道のお土産に!!絶品お菓子集

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
北海道のお土産に!!絶品お菓子集
人気の旅行地である北海道で、お土産にするのに最適なおいしくて評判の人気菓子の数々の紹介まとめです。

マルセイバターサンド

マルセイバターサンドは、北海道帯広市の六花亭製菓が販売している菓子。同社の販売額のおよそ4割を占める代表的な菓子であり、北海道土産としての知名度が高い。パッケージに記載されている「バ成タ」という文字から「バナリタ」の愛称で親しまれている。
六花亭専用の北米産小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートと北海道産生乳100%のバターおよびカリフォルニア州産のレーズンをあわせたクリームをサンドしている。長らく道内のみのローカルな人気に留まっていたが1990年代終盤頃より2000年代初頭にかけ全国的にその名が知られるようになった。単品の土産商品としては赤福や白い恋人と並ぶ大型商品である。

白い恋人と並ぶ二大北海道土産として定番となっています。空港などでも売っており、北海道に行けばほぼどこでも目にし、購入することができます。
	

白い恋人

白い恋人(しろいこいびと)とは、北海道札幌市の菓子メーカー、石屋製菓が製造・販売している洋菓子。ラング・ド・シャでチョコレートを挟んだもので、ホワイトチョコレートを挟んだ「白い恋人ホワイト」と、ミルクチョコレートを挟んだ「白い恋人ブラック」の2種類がある。パッケージは白色と水色を基調としたデザインで、中央に利尻島の利尻山の写真を配している。
白いクッキーのまわりにきれいな焼き色をつけたラング・ド・シャ。オーブンの細かな温度調節で、あの焼き色とサクサクのクッキーが焼き上がります。
そして、熱々のラング・ド・シャではさむホワイトチョコレートは、白い恋人用にブレンドしたオリジナルのもの。クッキーとよく合う甘さとなめらかさのチョコレートがサンドされ、40年以上も愛され続けている「白い恋人」が出来上がります。

出典:白い恋人 - 石屋製菓

	

間違いなく北海道土産としての知名度もトップクラス、個包装で食べやすく、職場や大勢相手のお土産としても大変向いています。

じゃがポックル

じゃがポックルは、カルビーが「ポテトファーム」のブランド名で製造している、じゃがいもを主材料とするスナック菓子である。生のじゃがいもをスティック状にしてそのままフライしている。正式な商品名は「じゃがポックル オホーツクの焼き塩味」。名前の由来は、アイヌ語で「ふきの下の人」を意味するコロポックルから。

安価でおいしく、こちらも北海道土産として定番となっています。
甘味でないお土産の中ではトップクラスの知名度です。
	

よいとまけ

よいとまけ(Yoitomake)は、北海道苫小牧市の銘菓。製造元は三星(みつぼし)。「よいとまけ」の名は、地元苫小牧にある製紙工場の木場で丸太を上げ下ろしする時のかけ声に由来し、外観も丸太をモチーフにしている。
勇払原野に自生するハスカップの実のジャムをロールケーキの内側と外側にたっぷりと塗ったあと、グラニュー糖をまぶした菓子。表面にはベタ付かないように、オブラートが巻かれている。しかし切り分けるためにはオブラートが邪魔をし、かといってオブラートを取り外せば結局手がベタ付いてしまうので、自称「日本一食べにくいお菓子」。

その有名な食べにくさはあるものの、味のよさで北海道土産として絶大な人気を誇っています。
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。