• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「未解決事件の為情報求む!」柴又三丁目女子大生殺人放火事件(上智大生殺害事件)とは

サムネイル出典:

「未解決事件の為情報求む!」柴又三丁目女子大生殺人放火事件(上智大生殺害事件)とは

Author:
sicsic
Posted date:
「未解決事件の為情報求む!」柴又三丁目女子大生殺人放火事件(上智大生殺害事件)とは

柴又三丁目女子大生殺人放火事件(上智大生殺害事件)

柴又女子大生放火殺人事件(しばまたじょしだいせいほうかさつじんじけん)とは1996年9月9日に東京都葛飾区柴又で発生した殺人事件。被害者の女子大生は2日後に海外留学を控えており、直前の惨劇であった。
犯人は逮捕されておらず現在も未解決のままである。

留学2日前の悪夢

1996年9月9日午後4時39分頃、東京都葛飾区柴又3丁目の住民から「隣家が火事」という通報があった。
 燃えていたのはモルタル2階建ての会社員・小林賢二さん(当時50歳)宅で、火は午後6時頃に消しとめられたが、小林さん宅は全焼、両隣の家の壁も焼いた。

 消防隊の調査が入ると、2階の6畳間で次女の上智大学生・順子さん(21歳)が遺体となって発見された。
 順子さんが殺害されていた6畳間は2階の3部屋のなかで一番道路側にあり、両親が寝室に使っていた部屋だった。順子さんの部屋は3部屋の真ん中の4畳半で、その隣りが長女(当時25歳)の部屋だった。

 順子さんはシャツと短パンという姿で、横向きに寝かされており、遺体の上半身には布団がかけられ、縁は体の下にはさみこまれていた(巻かれた状態)。口と両手を粘着テープが巻かれ、足はストッキングで縛られていたが、暴行されてはいなかった。顔や右首など計6ヶ所に刺し傷があったが、凶器となる刃物は見つかっていない。
 順子さんの足を縛っていた粘着テープは、順子さんが留学の荷造りのために使っていたものと思われたが、すでにアメリカ送っていた荷物を調べたところ、別の種類のものであることがわかった。これは貴重な遺留品だが、ありふれた品であり、購入ルートなどを探ることはできなかった。

 司法解剖によると、死因は首を刺されたことからの失血死。肺からすすなどが検出されなかったため、殺害された後に証拠隠滅のために火をつけられたものとわかった。玄関付近にはマッチ箱が残されていて、箱の内側には家族のものではない血痕が残されていた。犯人は順子さんの抵抗にあい、負傷したものと見られる。
 火元は1階の東側の6畳和室(順子さんの倒れていた2階6畳間は西側)の押し入れと、1階のパソコンである。

 小林さん一家は両親と長女、順子さんの4人暮らし。当日は賢二さんは福島に出張中、長女も中央区内の病院に勤務中だった。
「行ってきます」
 午後3時50分頃、母親(当時50歳)が美容院のパートに出るのに順子さんに声をかけた。それに対して順子さんは「雨が降っているけど、自転車で行くの?」と聞いた。これが親子最後の会話だったという。母親は家に娘がいるので、鍵はかけなかった。
 それから近隣の住民の通報がある4時39分の間の、わずか50分ほどで順子さんは殺害され、火をつけられたことになる。近所の人が4時15分頃に小林家の前を通ったが、この時は出火の気配はなかった。

 順子さんは上智大学の外国語学部英語学科の4年生。学校での成績も優秀で、この9月からアメリカのシアトル大学に留学する矢先の出来事だった。
 事件前日、順子さんはファミリーレストランで中学時代の同級生の悩みの相談にのっている。帰宅したのは明け方だった。

出典:柴又・上智大生殺人事件

	

東京都葛飾区の上智大4年、小林順子さん(当時21歳)が96年9月、自宅で殺害・放火された

発生日時  平成8年9月9日午後4時39分ころ

発生場所  東京都葛飾区柴又3丁目 被害者宅

当時の事件現場写真

			

事件現場

事件現場

			

東京都葛飾区柴又3丁目28番1号 2階の西側の6畳間

			

被害者と室内の様子

被害者は2階の両親の寝室で父親の布団の上で横向きに寝かされ、夏用の掛け布団を頭からかぶせられていた。布団の左右の端は体の下に挟み込まれていた。

被害者は首を右側に集中して6か所刺されて出血多量で死んでいた。

口には粘着テープが貼られていた。

両腕も粘着テープで縛られていた。かなり抵抗したとみられる傷が手に数か所あり、その上から粘着テープが巻かれていたので両手は殺害後に縛られたと見られている。

両足はストッキングでからげ結びに結ばれていた。からげ結びは造園、足場組み立て、和服着付け、舞台衣装、古紙回収、電気工事、土木関係などの業種で用いる。

着衣の乱れはなかった。

気管にすすが付いていなかったことから殺害後に放火したとみられる。

仏壇のマッチで1階東側の6畳和室の押入れに放火されていた。

1階のパソコンにも火がつけられていた。

父親が普段使用しているスリッパが2階に揃えて残されていた。

出典:柴又女子大生放火殺人事件 - Wikipedia

	

犯人の遺留品

複数の犬に囲まれる生活?

出典:柴又女子大生放火殺人事件 - Wikipedia

犯人が持ち込んで使用した粘着テープに三種類の犬の毛が付着していたことが2009年1月に判明した。被害者宅は一度も犬を飼ったことがなく、特別捜査本部は犯人が複数の犬に囲まれる生活をしていた可能性が高いとみている。
血液型はA型

出典:柴又女子大生放火殺人事件 - Wikipedia

2階にある仏壇の近くにあったマッチ箱が1階玄関付近に落ちていたが、そこからA型の血液が採取されている。被害者も含め家族にA型の人間はいない。マッチ箱は犯人が火を付ける際、使用したとみられる。

犯人像

事件前・当日、柴又3丁目付近では不審な男が目撃されていた。

▽事件当日

・午後4時半頃、白い手袋をした20~30代の男が小林さん宅から柴又駅に向かって、傘もささずにびしょ濡れで走り去った。雨とは言え、8月の蒸し暑い日に手袋をするのは目立つ。

・午後4時頃、中年男が黒い傘をさして、ショルダーバッグを持って近くに立っていた。この特徴の男は、朝に隣駅の京成高砂駅近くで、「柴又3丁目」への行き方を主婦に尋ねていた。

・50~60代の男が小林さん宅の前に立っていた。


▽事件数日前

・20代後半の男が、ライターを持って現場付近をうろついていた。男は大声で叫んだり、軍歌を歌って、自転車で去っていった。

・事件3日前正午過ぎ、40歳ぐらいの男が、小林家近所の何軒かに入ろうとして、家人に追い帰された。男は門前でライターをカチャカチャいじっていた。

▽不審な点

・事件当日、母親は鍵をかけないで家を出たが、火災後玄関のカギはかけられていた。しかし、ドアノブからは指紋は検出されなかった。
 
・順子さんの倒れていた2階6畳間には預金通帳があり、隣りの順子さんの部屋のトラベラーズチェック・現金(計14万円)などは手をつけられていなかった。

・不審な点としては、賢二さん用のスリッパが、順子さんの倒れていた部屋の前に揃えて置かれてあったことだった。それは普段1階でしか履かないものであり、犯人がそこまで履いていった可能性がある。


 以上のことから、当初は物盗りではなく怨恨であるという可能性が高いと見られた。
 しかしながら、順子さんの評判は頗る良く、学校内での友人関係、アルバイト先、留学センターなどでも、彼女が恨みをかうような事はなかった。
 その逆を考えて、順子さんを一方的に好いていた、即ちストーカー説というのもある。犯人は母親がパートに出かけた直後に家に侵入しており、これはどこからから家を見張っていた可能性が高い。順子さん渡米2日前に起こったということも気にかかる。警察が捜査用語として「ストーカー」という言葉を使ったのはこの事件が初めてだった。
 物盗りの説では、犯人は母親が鍵をかけずに出かけたのを偶然見て家に入ったが、室内で順子さんと遭遇したため殺害、母親が戻ってくるかもしれないと思って、何も盗らずに出ていったというのが一番考えやすい。

出典:

	

現場近くで見られた不審者

事件当日の午後4時30分から40分頃、雨の中を傘も差さず現場付近から駅の方面へ走って行った20〜30代ほどの男。

午後4時頃、道路に立って被害者宅の様子を窺っていた40代ほどの男。

午後4時頃、被害者宅の南側で自転車を乗り回していた30代前半ほどの男。

午後1時頃、被害者宅付近で主婦を尾行し、家の前でライターをいじり、体操をしていた40歳前後の男。

午前9時から午後3時までの6時間、金町公園周辺をうろついていた白い手袋の男。

事件の数時間前、京成高砂駅で「柴又3丁目はどこですか?」と道を尋ねていた男。

事件前日の8日午前5時頃、被害者宅近くの掲示板付近で「ふざけんな、ぶっ殺すぞ!」と叫び、軍歌を歌いながら自転車で走り去った男。「週刊文春」(1996年9月26日号)

事件前、被害者宅を見ていた男。30代後半、身長約160センチ、やせ形。黄土色のレインコートと黒ズボン姿(毎日新聞)

事件当日午後4時頃、黒傘をさして現場近くに立っていた中年男。これと似た男が事件当日朝、京成高砂駅(柴又駅の隣駅)付近で柴又3丁目への行き方を主婦に尋ねている。

事件3日前の正午過ぎ、40歳ぐらいの中年男が近くの何軒かの家に入りこんで追い返されたり、他人の家の門前でライターをいじるなど不審な行動を取っていた。

事件当日の午後4時半頃、現場近くから、土砂降りの中、白い手袋をした20代後半から30代前半の男が、傘も刺さずに柴又駅の方向に向かって走り去った。

出典:柴又三丁目女子大生殺人放火事件: 多摩湖畔日誌

	

情報求む

小林順子さん
被害者:小林順子さん
年齢:当時21歳
事件現場:東京都葛飾区柴又三丁目(被害者宅)
凶器:小型ナイフのような鋭利な刃物(刃渡り8cm、刃幅3cm)
遺留品:使用済み粘着テープ、マッチから検出されたA型の血液
公訴時効成立:2011年9月
近所では「美人姉妹の妹さん」として知られていた順子さん。成績優秀で、ジャーナリストや報道の道を志し、語学の勉強に励んでいた。上智大学外国語学部英語学科でも勉学をおろそかにすることはなく、成績はほとんど「A」だった。
<情報>
懸賞金:500万円
(平成22年5月8日まで)※延長の可能性あり

<連絡先>
「柴又三丁目女子大生殺人・放火事件」特別捜査本部
TEL.03-3607-9051/FAX.03-3607-9056
亀有警察署
TEL 03-3607-0110

出典:【日本″未解決事件″犯罪ファイル8】「上智大生殺人放火事件」...

	

関連動画

	
	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic