• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ハワイ(オアフ島)でのおすすめの過ごし方1日目 空港からホノルルまでのモデルプラン

サムネイル出典:

殿堂

ハワイ(オアフ島)でのおすすめの過ごし方1日目 空港からホノルルまでのモデルプラン

Author:
naaatsu8naaatsu8
Posted date:
ハワイ(オアフ島)でのおすすめの過ごし方1日目 空港からホノルルまでのモデルプラン
皆さん、こんにちは。

まず初めに、多くの方に私の記事を読んでいただき、
『注目』ボタンを押して頂いた方々に感謝の気持ちを伝えさせてください。

ありがとうございます。

さら〜っと、ざ〜っと、ふ〜〜〜んっと、へ〜〜っと読んで頂いて構いません。
これからも私の好きを勝手に発信していきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

それでは今日は大好きなハワイについてです!!

(早く書きたい!!!!!)

一般的に2泊4日から4泊6日それ以上の滞在をする方が多いのではないでしょうか?

普段、家族旅行・女子旅・一人旅でハワイに行くので、
私のおすすめ旅行プランを発表します。

今回は10月に行く女子旅プランです!!

これからハワイに行かれる方、行ってみたいなって方の参考になれば嬉しいです。

ハワイ旅行に向けて準備をしましょう!

航空券・ホテル手配が完了した程でお話をします。

まずは購入した航空券の条件を確認しておきましょう。

航空券の種類によって、
カバンの個数・重量が異なります。
購入した航空券が何個の預け荷物が出来、重量はどのくらいか確認をしましょう。

大抵エコノミークラスで預け荷物2個各23キロが一般的なのでないでしょうか?

航空会社によって規定が違います。
ちゃん理解できて入ればお土産スペース・持っていける衣服の量が変わってくるので
理解しておいても損はないでしょう。

23キロ預けカバンが2個までokな航空券の場合、
2パターンに分かれます

パターン1:個数制 1つのカバンが23キロまで。
(1つ目23キロ未満、2つ目23キロ未満=預けok)
(1つ目25キロ、2つ目20キロ=1つ目のカバンは預けられません。3キロ分取り出して2つ目に移し替えればok)

パターン2:重量制 2つのカバンの合計46キロまで。
(1つが26キロで2つ目が20キロ=預けok)
(1つ目が30キロ、2つ目が1キロ=預けok)

それを覚えておけば、チェックインの際、
「重量オーバーで料金が発生します」
なんて事は回避できます。

預け荷物の大きさ・重さ・預けられない物等制限されていますので、
必ず航空会社のHPで確認をしてスムーズなチェックインをしましょう。

機内持ち込みのカバンの大きさ・重さ・持ち混み不可物の制限もあるので、
空港のセキュリティーアイテムの不可を確認をしてスムーズなセキュリティーチェックをしましょう。

女性の方は、機内乾燥対策の為の化粧水、ハンドクリーム等の液体・クリーム・ゼリー状のものの
持ち込みは気をつけましょう。

空港到着後する事!!

空港までお車・リムジンバス・電車・タクシーなどを利用してアクセスします。

車も電車もいつどこで何が起こるかわかりません。

渋滞・電車遅延に巻き込まれたという理由で飛行機は待ちません。
容赦無くチェックインを締め切ります。

時間に余裕を持って、
可能であれば空港内にあるカプセルホテルなど利用して前泊する事をおすすめします。

まず、家を出る前・空港向かっている途中・空港に到着をしたら、
自分が乗る飛行機の運航状況を確認をしましょう。

場合によっては到着機材遅延の為、出発便遅延や機材調整等の理由で遅延・キャンセルになります。

家を出る前に必ず運航状況を確認をして情報を得ましょう。

空港に到着したらする事を私流の流れを箇条書きします。

・チェックインカウンターで預け荷物を預ける。
・マイレージ、座席の確認
・wifiピックアップ
・事前に現地のレートを調べて、空港のレートを参考までに確認
・セキュリティーエリアの混雑状況の確認
・ハワイで親切にしてもらったお礼にすぐあげられる日本のお菓子の調達
・空港のwifiを使って現地の天気状況の把握
・搭乗口、現地で宿泊するホテルの場所の確認

ホノルル到着後

東京からホノルルまでの飛行時間は季節にもよりますがおおよそ7時間30分から8時間ほどです。
その日の天気の状況によって前後します。

機内で2種類の書類を配られます。
1、入国書類
2、税関申告書(家族で1枚)

機内で記入しておきましょう。

到着後、入国審査です。

何回行っても緊張しますね。。。

英語で、最低限「滞在日数」「入国理由」「滞在先」が言えれば何とかなります。

入国後、カバンをピックアップしてワイキキに向かいましょう!

私は日本を夜20時から21時に出る便に乗るので、
ホノルルには朝8時くらいに到着します。

機内で映画をぶっ通しで見て寝る時間を取れず到着したり、
機内でちゃんと寝たつもりだけど、強制的に明るくなる機内、
強制的に食べざる終えない状況で機内食が配られ、
寝不足のままホノルル入りをする事がほとんどです。

でもホノルルに到着したら体は眠たいけど、
気持ちが高ぶって寝てる場合じゃなくなるんですよね。。。

それにもし2泊4日というショートステイの場合、
もったいなくて寝てはいられない!!!

ホノルル空港からワイキキまで

ツアーですでに空港からワイキキまでの足が確保できている人は、
楽チンにワイキキ入りができますね。

個人手配の場合、空港からワイキキまで自分で手配をしなければなりません。

日本で事前に予約手配をしている人もいますが、
私は精一杯の愛嬌で値切って値切って乗車する戦法をなので、
現地で直接交渉します。

税関を抜けた後、2つの出口があります。

税関を抜けた方向から向かって左はツアー・グループ用出口
右は一般出口となっています。

私は真っ先に右に向かいシャトルバスを選定します。

ホテル滞在やコンドミニアム滞在、友人宅滞在など
ざまざまですが、住所を伝えれば行ってくれます。
(ホテル、コンドミニアムまでの場合が多いかもしれません。
以前友人宅住所近くのホテルまでしか送ってくれなかった事がありました。。)

おおよそ30ドルから35ドルで空港→ワイキキ→空港の往復でチケットを前払いで購入します。

ちゃんと控えと連絡先、予約番号を聞いて控えておきましょう。

3、4人で行く場合はシャトルバスよりも
タクシーを使って割り勘をしたほうが安い場合があります。

タクシーを使う場合はアプリなどを使い、このルートでいってほしいとその場でルートの提示と見積もりをしてもらうと
高額請求になると言うことはありません。状況にもよるので、英語に自信がない人はシャトルバスを使いましょう。

市内バスが運行していますが、
スーツケースを持っての乗車ができないので気をつけて!!

シャトルバス・タクシーを利用した後、
ドライバーがドアを開けてくれたり、
スーツケースを降ろしてくれたり親切にしてくれます。

日本ではやって当たり前ですが、
これもサービスの一部です。

チップを支払いましょう。

ありがとうの握手をしがてら1ドルを渡しましょう。

(これがさら〜っとできる人かっこいいですよね。。日本いない文化だからなかなか練習できなし)

ワイキキ到着後のおすすめの過ごし方

ホテル滞在の人はどこのホテルもチェックインが14時、15時です。

ホノルルに到着した後、チェックインまでどこで時間を過ごそうか悩む人も多くいると思います。

私はシャトルバスでワイキキに到着した後、
スーツケースのみホテルで預かってもらえないか交渉し預かってもらいます。
もし預かってくれなかったらvisaカードのラウンジがあるのでそこで預かってもらいます。
( visaカードホルダーなので)

身軽になったところで、本題です。

いつ何をするって決めてきている人、
すでにツアーの予約を日本でしてきている人は、
事前が準備ができていて尊敬します。。。

私はその時、その場、その時の状況でやりたい事が違う気分屋さんなので、
事前予約が出来ません。。

さて本題の『私のおすすめの過ごし方』始めます!

ダイアモンド側、アラモアナ側に芝生の公園があります。
そこで気になるお店のポキ・サンドイッチ・ドリンクを買って
ピクニックを始めます。

シートなんていりません!

もう裸足で、芝生の上で座りながら、寝ながら、
買ったものを食べます。

怠惰な1日の始まりです。

wifiを繋いで現地のHOTな場所をリサーチして、
最近できたご飯やさん・カフェをリサーチする時間です。

お腹もいっぱいになって、
ゴロゴロしてたら眠くなったらお昼寝をしちゃいましょう!

貴重品がある人は気をつけて!

私はいつもチェックイン時間になるまで、
エネルギー充電のため、ここではゆっくり過ごします。

到着したその日は体が疲れているので、
どんなおしゃれな場所で写真を撮っても顔に出てしまうので、
遠出はせずワイキキで過ごします。

翌日からは本領発揮で行動です。

チェックイン後は換金が終わってなかったらTギャラリア内か外に何軒か換金所があるので
レートがいい所で換金を済ませましょう。

大金は持ち歩かないで、
ホテルの金庫(ホテルによってはルームキーパーに簡単に開けられてしまうので注意です)
鍵つけてスーツケースに入れといてます。

レンタカーを使用する場合がありますが、
海外で運転するのはちょっと。。。
っと思う時があるので、
トロリーやザ・バスで行動します。

JCBカードホルダーの人はJCBの2階建バスに無料で乗れます。
ホルダープラス同行者ok!

期間限定だったり、
行き先が限られているので、
確認しておきましょう。

JCBのバスでアラモアナまで無料で連れてってくれるので、
ドライバーさんにカードをちらっと見せて、
同行者の人がいる場合は同行者の旨を伝えれば乗せてくれます。

バスに乗ってアラモアナショッピングセンターに向かいます!

アラモアナに行けばとりあえず何でも揃います。

早速お買い物です。

といってもワイキキにも同じお店があったり、
セール商品など違うので、偵察といった所です。

ホノルルコーヒーを飲みながら、ぶらぶら。。。

どこに行っても日本語が聞こえ、
国内にいるかの気分です。

お店に入っても日本語で接客されるし、
何か物足りなさを感じますね。。

さておき、ショッピングセンター内でリサーチが終わったら、
徒歩10分以内にwall martがあるので、
夜食用のお菓子、飲み物を調達です。

ワイキキで買うよりスーパーで買う方が安いので、
いつもここでまとめて調達してます。

ワイキキに戻ってきたら、
ディナーに行こうと思っていたシェラトンの中に入っているハパスというピザ屋さんで
ピザを食べます。

テイクアウトしてビーチで食べてもいいし、
ホテルのラナイ(ベランダ)で落ち着いて食べてもいいし、
ステイで食べてもいいし、
私はビーチでサンセットを見ながら食べます。

ハパスだけではないですが、
店内で販売しているシェイクがあります。

店員さんに聞けば親切に教えてくれるので、
冷凍庫から出して精算してマシンに流し込みます。

慣れないのでいつもイケメン店員さんにやってもらっています。

すっかり陽が落ちると一気によるの雰囲気になります。

ハワイアンガイを探しに一度ホテルに戻り、
夜仕様の服に着替えてGO!!!

露出多めで暗い道、女子だけで遅くまで歩くのはやめましょう。

シェラトン1階のラムファイヤーで1杯かました後、
skyというバーにハシゴして本領発揮して奢られに行きます。

あくまで、テンポラリーで楽しむだけです。

1日目の過ごし方はゆるくビッチな過ごし方ですね。

どうしても到着した日は行動的になれなくて、
ワイキキで過ごします。

十分飲んで、寝て、翌日から満喫します。

次回はホノルルのハロウィン事情を書きます。

そこではいい出会いがありました。

日本のハロウィンは雰囲気が違い、
スーパーエンジョイできたので、

次は2日目のおすすめ過ごし方の前にハロウィンについて書かせてください。
ちょっとだけネタバレです。

また読みにきてくれたら嬉しいです。

長文お付き合い頂きありがとうございました。

皆さまにとってハッピーは1週間になりますように♪

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
naaatsu8

グランドスタッフをしながら月1でハワイに行くほどハワイ大好き❤ 沖縄じゃもの足りない! グアムじゃダメ! そう、やっぱりハワイじゃなきゃダメなの!! そー思う人は私だけじゃないはず! ハワイの事、グランドスタッフの仕事の事、恋愛の事、お話します✈️