• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
うまくてたまらない牛すじグルメ

うまくてたまらない牛すじグルメ

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
うまくてたまらない牛すじグルメ
煮込むと絶品になる、安いのに大変使える肉食材の牛すじ肉のおいしいグルメ情報まとめです。

牛すじとは

スジ肉(すじにく)とは、食肉のアキレス腱の部分、または腱が付いた肉のことである。また横隔膜の一部も肉質が近似していることから、スジ肉として扱われている。流通しているスジ肉の大多数は肉牛のもので、牛のアキレス腱は特に「牛スジ」とよばれている。
過去には廃棄部分として扱われることもあったが、2000年代以降は一般的に認知されてきたことから需要が増えており、売価については他の部位と変わらないことが多い。

スジ肉は地方によっては店頭に出回ることが少ないため、生肉の状態で入手するためには、あらかじめ精肉店に予約や注文を入れておく方法があるが、ボイルなどの下処理を行いパック詰めにされたものが、大規模スーパーなどで販売されていることもある。九州では、生の状態で常時スーパーの精肉売り場に並んでいる。
例えば関西における「どて焼き」はスジ肉が使われる料理であるが、中部地方ではスジ肉を使うもの、豚の内臓を使うもの、双方を「どて」「どて煮」と称する。

スジ肉は、長時間煮込む事により柔らかくなり、調理中に換気が必要なほどの臭みも消え、ダシが出るため、「おでん」の具として広く用いられてきた。東日本の一般家庭で調理に用いられることは少ないが、西日本においては牛スジを他の料理の食材として用い始めたことから発展し、様々な料理に用いられている。西日本では主に牛スジ肉とこんにゃくを煮込み砂糖・醤油で甘辛く味付けして利用しており、これを特にすじこん・ぼっかけ(神戸市長田付近)・ころ(播磨付近)等と呼び、そのままないしはお好み焼き・ねぎ焼き・焼きそば・うどん・ラジオ焼き(たこ焼きの原型であり、たこの代わりに味付けした牛スジ肉を入れたもの)・カレーなどの具材になっている。
家庭で煮込む場合は、圧力鍋を用いると大幅に時間が短縮できて便利である。用いる部位によっては、かなり脂の強い食材であるため、煮汁の上に浮いてくる脂肪分を丁寧に取り除くことが必要となるが、一晩冷やせば脂肪が固まるので簡単に取ることができる。大量に煮て小分けにしたものを冷凍しておけば便利である。

出典:スジ肉 - Wikipedia

	
	

おいしい牛すじ料理の数々

牛すじカレー

すじは煮込むのが基本なため、同じく煮込むとおいしくなるカレーとの相性がよいです。

煮込み

店でも家庭でも、王道の牛すじ煮込みです。

煮ても歯ごたえもあり、こってり感と合わせて食べ応えのある部位です。

お店などでは鍋いっぱいに煮込むため、さらにおいしくなります。

牛すじ串

串に刺してそのままおでんに入れたり、単体で煮込んだり、楽しみやすい料理です。

ビーフシチュー

同じく固い肉を柔らかくして楽しめる方法がビーフシチューです。

牛すじ料理動画ギャラリー

	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。