• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
気が乗らないお誘いを上手に断る方法

サムネイル出典:

気が乗らないお誘いを上手に断る方法

Author:
昇華昇華
Posted date:
気が乗らないお誘いを上手に断る方法
デートや飲み会などモテる女子は何かとお誘いが多いものです。
大好きな人からのお誘いならいいのですが、そうでない場合は気が乗らないことも。
そんな場合、ちょっとしたテクニックで上手に断って乗り切りましょう。

断るのは悪いことではない

人間関係を重視する人にとって他者からのお誘いを断ることは悪いことに感じるようです。
しかし、それでは逆に自分を苦しめることになります。
まずは、自分を大切にすることがポイントです。
断ることは相手を否定している訳ではないですし、罪悪感を感じる必要もありません。
無理をしてお誘いを受けるよりも、楽しんでお誘いを受けた方が人間関係もよくなります。

まずは、やんわりとNOを伝える

まず始めに、やんわりとNOを伝えることからスタートです。
いきなり「参加できません!」と言うのはストレートすぎますし、相手にとっても良い気分ではありません。
そこで、「すみませんが・・・」「申し訳ないのですが・・・」などクッションとなる言葉をつけましょう。

理由を言う

誘った方としては、なぜ断られるのか理由が知りたいはずです。
ですので、ちゃんと理由を伝えましょう。
例えば、「仕事が忙しい」「家の用事がある」「先約がある」「身体の調子が悪い」など相手に伝えるだけでOKです。
もし、これと言う理由が見つからないときは「仕事や家の用事」と言うのが無難です。
ただし、ウソっぽくならないようにあれやこれや理由をつけるのは避けましょう。

最後に一言つけることもポイント

NOと言って理由を伝えたらそれで終わりにしてしまってはもったいないです。
最後に一言つけることでイメージアップにもつながります。
「誘ってくれてありがとう」
「また今度誘ってね」
「本当にゴメンね」
などちょっとした気遣いの言葉をそえることで、相手としてもむげに断られた感がないので人間関係にヒビが入ることも少ないでしょう。

最後に

いつ何時お誘いがあるかわかりません。
ですので、練習をしたりどのような理由にするかなど普段から考えておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
昇華

対人関係が原因で自律神経失調症になり、そこから心との対話をスタートし病気を克服。 現在は、恋愛・仕事・家庭・子育・人間関係など、女性が抱えている悩みや問題を様々な角度から解決するお手伝いをしています。 瞑想、アロマテラピーが日課の猫フェチ。