• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
まるで炎!話題の【電気暖炉Dimplex】しかも安い?!Dimplex3機種をご紹介します!

サムネイル出典:

まるで炎!話題の【電気暖炉Dimplex】しかも安い?!Dimplex3機種をご紹介します!

Posted date:
まるで炎!話題の【電気暖炉Dimplex】しかも安い?!Dimplex3機種をご紹介します!
巷で話題になっている暖炉型電気ストーブをCAINZ(カインズ)でチラ見してきました。目的が網戸の修理だったのでストーブコーナーにはあまり長居しませんでしたが、確かに噂通りインパクトがありました!この時は電気が入っていなかったので点灯したところは見られませんでしたが、見た事のある連れがそのリアルな炎の揺らぎについて熱弁を振るっており「マジで凄いんだ!本物かと思ったよ!」とうるさいほど騒いでいましたわ。気になったのでyoutubeを調べたところやはりUPされていましたよっ。先ずそちらからご覧になってみて☟☟☟
【youtube】まるで炎!OptiMyst電気暖炉 疑似炎オプティミスト Dimplex ピアモント
	
■CAINZ(カインズ)に展示されていたDimplexの電気暖炉は
こちら☟☟☟の一点だけでした。
■他に3台ほどありましたが、10000円を切る商品で、見た目はあまり差がありませんでしたが、連れが言うには、炎のリアリティが全然違うそうです。
Dimplexマイクロストーブ
■Amazonショップ価格¥14,470 通常配送無料 

☟☟☟展示していたのと同じ物です。

■製品基本情報
サイズ:約幅350×奥行220×高さ422mm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:強/1200W、弱/604W
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、取扱説明書
適用畳数:3畳(木造住宅)~8畳(コンクリート住宅)
本体重量(kg):6.2
Dimplexディンキーストーブ
■Dimplexマイクロストーブとデザインが違うタイプで基本情報は同じ。
価格はDimplexマイクロストーブより高め。
■楽天市場ショップ価格15,800円 (税込 17,064 円)
■製品基本情報
サイズ:約幅350×奥行220×高さ422mm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:強/1200W、弱/604W
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、取扱説明書
適用畳数:3畳(木造住宅)~8畳(コンクリート住宅)
本体重量(kg):6.2
Amazonでは現在在庫切れ。取り扱いも少ないようです。
Dimplex電気暖炉リッツ
■Amazonショップ価格¥37,492 通常配送無料
個体自体は大きくなっていますが、温める広さ他の基本情報は同じです。
■製品基本情報
サイズ:約幅510×奥行340×高さ600mm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:強/1200W、弱/605W
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、取扱説明書(保証書付き)
適用畳数:3畳(木造住宅)~8畳(コンクリート住宅)
本体重量(kg):18
Dimplex電気暖炉ジセラ
■¥65,757 通常配送無料、なんてのもあります。
■製品基本情報
サイズ:約幅580×奥行170×高さ796mm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:強/1200W、弱/605W
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、リモコン、テスト用電池(CR2032×1個)、固定ブラケット・ビス、取扱説明書(保証書付き)
適用畳数:3畳(木造住宅)~8畳(コンクリート住宅)
本体重量(kg):19
Amazonの人気商品【山善電気ストーブ】
800w/400w2段切り替え
■総合評価★4.3 465件のカスタマーレビュー
■Amazonショップ価格2,780 
■製品基本情報
本体サイズ:幅30.5×奥行13.5×高さ36.5cm
本体重量:1.7kg
消費電力:強=800W、弱=400W
電気代の目安(1時間あたり):弱運転時=約10.8円、強運転時=約21.6円(1kW/あたり27円として計算)
運転切替:強/弱
電源コード長さ:約1.6m

レビューに点けっ放しにしていて床材が焦げたとかありました!

どのストーブでも点けっ放しは危険ですので止めましょうね。
■☝上の電気ストーブとの比較
本体サイズ:幅30.5×奥行13.5×高さ36.5cm
■サイズ:約幅350×奥行220×高さ422mm
本体重量:1.7kg
■本体重量(kg):6.2
消費電力:強=800W、弱=400W
■消費電力:強/1200W、弱/604W
価格¥2,780 
■価格¥14,470
薪ストーブDover(ドブレ)640CBJ
■税込 ¥345,600
一回り大きい760になると10万円くらい高くなります。
■薪割と薪の保存がめったくそ大変で(時々虫さんが出てきますし)
寒い朝のストーブ点火当番も大変ですけども、やっぱカッコいいですね。
電気暖炉を電気ストーブとしてみると高い気もしますし、薪ストーブや本格的な暖炉を買う事や維持する事を考えると断然安い気がしてくる。装飾品や趣味の範疇で考えるならお手頃ではないでしょうかね?レビューには1200wなので暖房器具として考えない方が良いと書かれてありましたが、1200wの電気ストーブはほぼなくて強くても900wくらいでした。そうなると割と温かそうですけどね。

炎ね、ホント落ち着くと言うか、盛り上がりますよね。(ますよね?)子供の頃家中のマッチ箱を集め(お徳用込み)、マッチ棒を『ロの字』に積んで燃やした事かありました。(しつけーくらい何度も)ヤバい方向に行かなくて良かったとホッとしていますが、未だに火を見るとかなりコーフンしてしまいます。その点、電気暖炉は安全でいいですね、色んな意味でですが。

最後までご覧頂きありがとうございました。
ギンアンコ。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡