• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
いまさらですが、チェックのアイテムやっぱり使える!コーデまとめ

サムネイル出典:

いまさらですが、チェックのアイテムやっぱり使える!コーデまとめ

Author:
原田サキ原田サキ
Posted date:
いまさらですが、チェックのアイテムやっぱり使える!コーデまとめ

やっぱり使えるし魅力的

2018年からまたチェックのアイテムが流行り出してきました。

誰でも何着は持っていて、何気なく着ているチェックの柄のアイテム。形が流行に左右されなければいつまでも着れるし、たくさんのパターンやカラーがあって、選ぶのも楽しいですよね。そしてやっぱり使えます♪

年代、季節感問わず、チェックを取り入れたコーデをまとめてみました。

チェックの種類いろいろ

アーガイル

トラッドな雰囲気にしたいときおすすめです。

ファッションビジネスの専門誌「繊研新聞電子版」よりお借りしました。

ギンガムチェック

シンプルな縦、横のラインのチェック。色によって変わりますが、どことなく可愛い雰囲気です。

こちらも「繊研新聞電子版」よりお借りしました。

タータンチェック

タータンといえば、スコットランドの伝統です。品があります。

引き続き「繊研新聞電子版」よりお借りしています。流石専門誌、多くの情報がためになります。

グレンチェック

千鳥格子がポイントです。四角の部分に並べてあったり複雑な柄ですが、優しい印象のチェックです。

大人のファッションメディア「Pierrot」よりお借りしました。

バーバリーチェック

「バーバリークラシックチェック」というそうで、商標登録もしています。一目でバーバリーとわかるチェックです。

こちらの画像は「 lamire」さんより。
●ほかにも色々なチェックがありますが、とりあえずよく見かけるこの辺りをご紹介です。

チェック、何をどうやって着る?

シャツ

王道はこれですね

ジーンズにチェックシャツ、王道ですね。

割とモッサリしてしまうという難しさがあるので、体型に逢ったデザイン、サイズ選びが重要ですね。あまり大きめよりは、タイトな感じがスッキリ見えます。

ギンガムも大人っぽく

可愛くなりがちなギンガムチェックですが、モノトーンでこんな感じにまとめると、大人っぽい雰囲気も出せますよ。

ギンガムがポイントになるようなコーデです。

グリーンは品がありますね

カジュアルも上品も可能なチェックのパターンは、やっぱり重宝します。

画像ではチェックの種類がわかりづらいのですが、深いグリーンは、上品な雰囲気をプラスできますね。
スカート

永遠の憧れ、バーバリー

安室ちゃんが結婚の報告の時着ていたバーバリーのミニ、可愛かったですね。その後大流行でした。

やっぱりこのチェックの魅力は永遠。ロングだと大人っぽくなります。

ギンガムだと可愛いよ

ギンガムのスカートはキュートなコーデにしたいとき、おススメです!ブルー系だと涼し気、ピンクや赤はキュート、ブラックだと大人可愛く。

お好みでどうぞ!

さらっと着るのも♪

ざっくりと着た、カジュアル感が良いですね。

良く見るとこのスカート、チェックのシャツの下半分を切ったリメイクではないでしょうか?

着るとモサっとするシャツは、スカートにしちゃうのも良いアイデアですよ~。

ミニなのにフェミニン

結構短いスカートですが、パターンの選び方によっては露出度もそんなに気にならない、フェミニンで良い雰囲気になります。

年齢がいくとちょっとこの長さは難しいので、若いかた、ぜひ♪
パンツ

赤チェックはやっぱりいい…

個人的に凄く好きです、この感じ。シンプルなカラーの中に、赤タータンのパンツのインパクト。バランス感覚がいいなあ。

ちょっとパンキッシュにもできるので、使い回しも便利です。

ゆったり派はこんな感じで

ゆったり履きたいさんは、こんな感じも。

このメイクとトップスなので派手に見えますが、他のアイテムを選べば意外に万能かも。

考えるのも楽しみの1つです。
ワンピ

シャツワンピが基本みたい

チェックのワンピ、シャツワンピしか見つからなかったですが、パターンやカラーでかなり雰囲気が変わりますよ。

シューズやカーデなどのアイテムで、雰囲気を変えるのも楽しそう。

例えばこんな感じ

こちらもシャツワンピですが、ジーンスのベストでノースリーブだとこんな感じに。カジュアルですが、やっぱりバッグやシューズで雰囲気ガラッと変わりそうです。

個人的に来年の夏、着てみたい!
そのほか色々

ギンガムコートもいいよ

チェックのコートはどうしても、グレンチェックやタータンが浮かびますが、ギンガムも有りですね!

しかもなんだか大人カジュアル。何気なく着ているようで難易度高そうです。

大人女性がギンガム着るのは、ブラックが無難っぽいですね。

上級者向きかも

チェックにチェック、かなり上級者向けですね。

このセンスは一体どうしたら真似できるのか…計算してるのかしてないのかも謎ですが、これが着れたらカッコいいですね。

こちらもチェックにチェック

カバーオールかと思ってよく見ると違うようです。しかも、同じパターンに見えて実は微妙に違ってます。

この域まで到達するのは、生まれ持ったセンスか日々失敗を重ねながらの努力か…。

サラッと着こなしちゃってるのが素敵すぎです♪

小物だけなら簡単!

差し色を使うように、マフラーやバッグなどのアイテムで、ポイントとして使うのも!

シンプルな中にチェックを1つ取り入れると、雰囲気が変わって色々楽しめそうです。

チェックの魅力は永遠

ちょっと貼り過ぎた感もありますが、コーデが無限に出来そうなところがやっぱり魅力かな~と思います。

無地に1つ取り入れるだけで、なんとなくサマになっちゃうのも良いですね。伝統的な柄なので流行りすたりが激しくないのも良い所。そしてコーデを眺めて感じた奥深さ…。

今まで多分、なんとなく着ていたチェックのアイテムたちをもっと活用してみたいです♪

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
原田サキ

3年ほどウェブライターをした後、現在は再び会社員に。 世の中に溢れる、隠れるたくさんの情報、特に社会的な疑問を色々と発信したいです。 個人的な趣味も♪