• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「四大死刑冤罪事件の一つ」松山事件とは

サムネイル出典:

「四大死刑冤罪事件の一つ」松山事件とは

Author:
sicsic
Posted date:
「四大死刑冤罪事件の一つ」松山事件とは

松山事件

松山事件(まつやまじけん)は、1955年(昭和30年)10月18日に、宮城県志田郡松山町(現大崎市)にて発生した放火殺人事件と、それに伴った冤罪事件である。四大死刑冤罪事件の一つ。日本弁護士連合会が支援していた。

1955年10月18日、宮城県志田郡松山町の農家が全焼し、焼け跡からこの家に住む一家4人である家主(当時54歳)、家主の妻(当時42歳)、夫婦の四女(当時10歳)と長男(当時6歳)の焼死体が発見された。遺体解剖の結果、長男以外の頭部に刀傷らしきものが認められ、殺人および放火事件として捜査本部が設置。

事件発生後、1ヶ月で捜査は暗礁に乗り上げ、犯行当日以降に地元を去った人間を調査したところ、東京の板橋区に勤務していた斎藤幸夫(当時24歳)が浮上。12月2日、警察は斎藤の身柄を拘束するため、示談成立している喧嘩を傷害事件として別件容疑に、東京に勤務している事実を家出と偽り逮捕状を請求して逮捕。同月8日以降、斎藤は警察の厳しい取調べで自白しては、撤回を繰り返していたが、同月8日、警察は強盗殺人・放火の疑いで逮捕、12月30日に起訴。


1957年10月29日、仙台地裁で死刑判決。
1959年5月26日、仙台高裁で控訴が棄却。
1960年11月1日に最高裁で上告が棄却、死刑が確定。

出典:松山事件 - Wikipedia

	

斎藤幸夫さん

			

証拠の捏造

斉藤を何が何でも犯人として公判に持ち込む。このためなら手段も選ばずという手法は、昭和20年代の「免田事件」、「財田川事件」、「島田事件」に繋がる(何れも冤罪)。

斉藤が入れられている留置場に、警察から手回しされた前科5犯の男から「警察ではやっていなくても認めて、裁判で本当のことを言えばよい」と言われ、日々の厳しい取調べに限界がきていた斉藤は「自白」をしてしまった。

また、「例によって古畑東大教授」の血痕鑑定でも、警察の捏造があったと示唆されている。
警察によると、斉藤は犯行後返り血を浴びたまま自宅に戻り布団で寝たが、その際に布団の襟あてに80数箇所の血痕が付着していたと指摘。これを古畑東大教授に鑑定依頼し、鑑定結果は「血痕は被害者のもの」とした。

が、警察が押収した布団の写真では血痕は1個程度しかなかった。これも、押収後に被害者の血痕を付着させたのではないかと疑われた。
これら警察による一連の疑惑もあって、昭和54年12月6日、仙台地裁は再審を開始し、昭和59年7月11日仙台地裁は斉藤に「無罪」判決を言い渡した。無罪に28年7ヶ月間を費やした。

出典:

	

証拠の捏造

			

刑事補償金

1984年7月11日、無罪判決。28年7ヶ月にも及ぶ獄中生活に終止符が打たれて無罪となった斎藤は7516万8000円の刑事補償金を受け取るも、裁判費用の借金返済に消えた(再審請求以降の裁判費用は借金ができず、支援団体のカンパでまかなっていた)。その後、故郷に戻り、会社に勤務しながらアムネスティ日本支部などの団体で講演活動をしていたが、長期間死刑囚として過ごした間の年金は支給されず、晩年は生活保護を受給していた。2006年7月5日死去。

出典:松山事件 - Yourpedia

	

松山事件元死刑囚の母親が死去 斎藤ヒデさん

城県松山町(現大崎市)で1955年、一家4人が殺害された「松山事件」の元死刑囚で再審無罪を勝ち取った故・斎藤幸夫さんの母ヒデさんが2008年12月24日、老衰のため大崎市で死去していたことが1日、分かった。101歳。家族葬はすでに済ませた。

出典:47NEWS(よんななニュース):47都道府県52参加新聞社と共同...

	

補足:四大死刑冤罪事件

免田事件

出典:免田事件 - Yourpedia

1948年12月30日午前3時頃、熊本県人吉市で祈祷師夫婦(76歳男性・52歳女性)が殺害され、娘二人(14歳と12歳)が重傷を負わされ、現金が盗まれた。現場検証から犯行時刻は12月29日深夜から翌12月30日午前3時の間とされた。翌1949年1月13日、警察は熊本県球磨郡免田町(現:あさぎり町)在住の免田栄(当時23歳)を、玄米を盗んだ罪で別件逮捕し、同月16日には殺人容疑で再逮捕した。
財田川事件

出典:財田川事件 - Yourpedia

1950年2月28日、香川県三豊郡財田村(現三豊市)の闇米ブローカー・杉山重雄(当時63歳)が寝巻き姿のまま惨殺され、現金1万3000円を奪われた。
発見者は買出しに来た高知の女性だったが、この女性は事件に巻き込まれるのを恐れて逃げ出す。財田駅前で、食堂を経営している杉山の妻(別居中)にこのことを告げ、一目散に地元へ帰っている。
島田事件

出典:島田事件

1954年3月10日。この日、静岡県島田市の寺の境内にある幼稚園で「おゆうぎ会」が開かれていたが、この最中に少女(6歳)が若い男に誘い出され、その2日後、大井川沿いの地獄沢で絞殺死体となって発見された。その後、岐阜県内で赤堀政夫さん(当時25歳)が逮捕され犯行を自供、60年12月に死刑が確定した。だが赤堀さんは再審を要求、89年無罪が確定している。

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic