• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「未解決事件の為情報求む!」赤報隊事件とは

サムネイル出典:

「未解決事件の為情報求む!」赤報隊事件とは

Author:
sicsic
Posted date:
「未解決事件の為情報求む!」赤報隊事件とは

赤報隊事件

赤報隊事件(せきほうたいじけん)とは1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る犯人が起こしたテロ事件である。指定番号から「広域重要指定116号事件」とも呼ばれる。未解決事件。

赤報隊 とは

出典:赤報隊(セキホウタイ)とは - コトバンク

1868年(明治1)1月,鳥羽・伏見の戦に勝利した討幕側が組織した官軍先鋒隊の一つ。綾小路俊実・滋野井公寿の2卿を擁立し,京都の処士と元新撰組脱隊士,岩倉具視の内意を受けて来た近江水口藩士,西郷隆盛の指令を受けて加わった相楽(さがら)総三とその同志,などが寄り集まって近江松尾山で結成した。元新撰組隊士鈴木三樹三郎,水口藩士油川錬三郎とともに隊長となった相楽は,新政府に建白をして年貢半減令布告のことをひき出し,その後は新政と年貢半減令をともに布告しながら進軍した。

概要

ここでいう「赤報隊事件」とは、1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る犯人が起こした以下の事件を指す。


●朝日新聞阪神支局襲撃事件
●朝日新聞名古屋本社社員寮襲撃事件
●朝日新聞静岡支局爆破未遂事件
●中曽根康弘・竹下登両元首相脅迫事件
●江副浩正リクルート会長宅銃撃事件
●愛知韓国人会館放火事件


特に朝日新聞阪神支局襲撃事件では執務中だった記者二人が殺傷され、言論弾圧事件として大きな注目を集めた。

警察庁は、「赤報隊」が犯行声明を出した一連の事件を広域重要指定事件に指定した[1]。精力的な捜査が行われたにもかかわらず、2003年までにすべての事件が公訴時効を迎え、事件は未解決のままとなっている。

NHKでは未解決事件を検証する番組「未解決事件」で、朝日新聞阪神支局襲撃事件をリストに取り上げ、目撃情報などの情報提供を求めている。

出典:赤報隊事件 - Wikipedia

	

1987

1月24日 朝日東京本社銃撃事件

午後9時頃、東京都中央区築地5の朝日新聞東京本社2階の窓などに、散弾銃2発が撃ちこまれる事件があった。しかし、これは当初人に知られることはなく、同年5月に送付された犯行声明文発表を受け、10月1日に弾痕が発見された。

出典:赤報隊テロ事件

	

5月3日 朝日新聞阪神支局襲撃事件

午後8時15分、兵庫県西宮市与古道町の朝日新聞阪神支局に、目出し帽を被り散弾銃を持った男が侵入、2階の編集室にいた小尻知博(29歳)、犬飼兵衛(当時42歳)の2人の記者に2発散弾銃を発射し、小尻さんを死亡させ、犬飼さんにも3ヶ月の重傷を負わせた。目出し帽の男は終始無言、編集室には撃たれた2人の記者の他ににもう一人高山記者(当時25歳)がいたが、彼には目もくれず逃走した。  5月6日、時事・共同の両通信社に赤報隊と名乗る者から犯行声明文が届く。この中で犯人は1月の東京本社銃撃も明らかにした。

出典:赤報隊テロ事件

	

2人の記者が殺傷された朝日新聞阪神支局

			

赤報隊の犯行声明(出所:岩波書店)

			

9月24日 朝日新聞名古屋本社の単身寮襲撃事件

午後6時45分ごろ、名古屋市東区新出来にある朝日新聞名古屋本社の単身寮「新出来寮」に侵入、無人の居間兼食堂で、テレビに向けて散弾銃を一発発射し、逃走中に西隣のマンション外壁にも一発発砲した。

出典:赤報隊テロ事件

	

1988

3月11日 朝日新聞静岡支局爆破未遂事件

1988年3月11日、静岡市追手町の朝日新聞静岡支局の駐車場に、何者かが時限発火装置付きのピース缶爆弾を仕掛けた。翌日、紙袋に入った爆弾が発見され、この事件は未遂に終わった。犯行声明では「日本を愛する同志は 朝日 毎日 東京などの反日マスコミをできる方法で処罰していこう」と朝日新聞社だけでなく毎日新聞社や中日新聞東京本社(東京新聞)も標的にする旨が記されていた。しかし、実際に毎日・中日の2社を対象とした事件はなかった。

出典:

	

中曾根・竹下両元首相脅迫事件

静岡支局事件と同じ1988年3月11日の消印(静岡市内で投函)で、群馬県の中曽根康弘前首相の事務所と、島根県の竹下登首相の実家に脅迫状が郵送された。中曾根には「靖国参拝や教科書問題で日本民族を裏切った。英霊はみんな貴殿をのろっている」「今日また朝日を処罰した。つぎは貴殿のばんだ」と脅迫、竹下には「貴殿が八月に靖国参拝をしなかったら わが隊の処刑リストに名前をのせる」と靖国神社参拝を要求する内容だった。

出典:赤報隊事件 - Wikipedia

	

江副元リクルート会長宅銃撃事件

1988年8月10日午後7時20分頃、リクルート事件で世間を騒がせていた江副浩正リクルート元会長宅に向けて散弾銃一発が発砲された。犯行声明はその動機を「赤い朝日に何度も広告をだして金をわたした」からだとしている。また、「反日朝日や毎日に広告をだす企業があれば 反日企業として処罰する」と企業を標的にした内容も犯行声明には記されていた。ただし、リクルート社が他紙に比べ、朝日に多く広告を出していたわけではなかった。

出典:赤報隊事件 - Wikipedia

	

1990

5月17日 愛知韓国人会館放火事件

午後7時25分頃、名古屋市中村区亀島の在日本大韓民国居留民団愛知県地方本部の事務所が入っている愛知韓国人会館の玄関前に何者かが灯油をまいて放火した。火はすぐ消され、窓ガラスを破損したにとどまった。

出典:赤報隊テロ事件

	

時効

警察は全国的な捜査を行ったが、2002年に阪神支局襲撃事件、2003年には静岡支局爆破未遂事件が公訴時効となり、全事件が未解決のままとなった。兵庫県警察は捜査一課、西宮警察署に連絡要員を置き、時効後も真相解明を目指している。捜査資料は、事件に関係する人物が浮上した時に照合するため保管されている。

出典:赤報隊事件 - Wikipedia

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic