• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ダイエットに役立つ食材

サムネイル出典:

ダイエットに役立つ食材

Author:
MINORIMINORI
Posted date:
ダイエットに役立つ食材
ダイエット中、食べたいのを我慢するのってつらいですよね。
あれもダメ、これもダメ…(T_T)

我慢するのではなく、これならOK!っていう食材をたくさん知っていると気持ちがとっても楽になります。
これも食べられる♪あれも大丈夫♪

短期間での大幅減量はリバウンドの可能性もあり、体にも負担がかかります。
ダイエットを繰り返せば、痩せにくい体になってしまいます。

健康的な食事で、適正体重をめざしましょうヽ(^o^)丿


食べてOKなものと その理由

お肉や魚も組み合わせて

お野菜はたっぷり食べても大丈夫ってイメージですが、お肉や魚は太りそうって思っていませんか?
食べすぎはいけませんが、食べなさすぎもいけません。
必要な栄養素は年齢によって、また個人によってかわりますので、適量ってむずかしいですが、美味しいなって感じるのがその人の適量。

いくら焼肉がすきでも、焼肉ばっかり食べていたら「もういらない」「野菜がたべたい」ってなりますよね。
頭で難しく考えなくても、きちんと体が教えてくれます。
おいしいと感じるものを食べましょう。

若い頃は脂っこいものが好きだったのに、年齢と共に食べられなくなるのも
身体が必要なものを教えてくれている証拠。
逆に脂っこいのを好む高齢者もけっこういます。
肌に油分が少なかったり、しなやかな皮膚や血管をつくるためのコレステロールがたりていなかったり…。
※コレステロールは細胞壁をつくる材料です。少なければよいというものではありません。

低糖質や糖質制限ダイエットは40代以降の人には向いています。
若い人は、ご飯もふつうに食べましょう。
40代以降はが体内のエネルギー生成が変わってくるので、あまり糖質を必要としませんが、これも個人差があるので、食事や生活を切り替える時は徐女に行いましょう。




この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MINORI

健康、食べ物、美容、ダイエット、科学、バイオ、医学ネタが好き。 【資格】バイオ技術師第一種、危険物取扱責任者乙種第2種、4種、6種、毒物劇物取扱責任者、兵庫県子育て支援員受講済 【職歴】モデル、ラジオパーソナリティ、パフォーマー、飴細工師、講師、執筆、講演、デザイナー、レタッチャー、カメラマン、写真館経営など 【趣味】お料理、食べ歩き、読書、手芸、ペーパークラフト、手話歌など。 喉の難病(咽頭乳頭腫)になり、ラジオパーソナリティを辞め、パフォーマーや講演のお仕事も控えめに。現在は、神戸の海神社で写真館を経営。撮影のバリアフリーに取り組み、視覚過敏の方へ向けての撮影方法を考案し実施。障害の有無に関わらず、気軽に利用できるスタジオづくりに励んでいます。 自身が喉を悪くし、全く声が出なくなった時期があったり、事故で寝たきり生活や車椅子を経験したことから、障害のある人も生きやすい世の中になればいいなと小さなことからコツコツと取り組んでいます。