• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
みりん干しの焼き方!フライパンでも焼ける?焦がさず美味しく焼く手法

みりん干しの焼き方!フライパンでも焼ける?焦がさず美味しく焼く手法

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
みりん干しの焼き方!フライパンでも焼ける?焦がさず美味しく焼く手法
みりん干しの巧みな焼き方を徹底紹介します。フライパンで焦がさない焼き方の秘訣を整理しました。さらに、みりん干しを造作なくに、美味しく焼くための大事な要点を、諸々な調理器具を使って紹介していきます。

みりん干しの上手な美味しい焼き方をマスターしよう!

みりん干しの焼き方

ガスコンロで焼く

ガスコンロの上でみりん干しを焼くなら、網焼きがイチ押しです。

焼き網にもたくさんな種類がありますが遠火にするためになるべくガスの炎から距離がとれる物をチョイスするのがポイントです。
ガスは火力が強いので、強火で焼くとみりん干しの表面だけ真っ黒に焦げて、中には火が通っていないステータスになります。

ガスコンロで焼くケースは、弱火でゆったり焼いていくのがキーポイントです。

フィッシュロースターで焼く

みりん干しが冷凍されている事例は、解凍して常温の温度に近づけておくと良いでしょう。

そんなにのフィシュロースターは両面焼きのため、デフォルト焼いてしまうと、皮面が焦げてしまいます。
皮の焼き過ぎを防ぐため、アルミホイルを敷いてから、皮面を下にしたみりん干しを並べます。

基本的に2分程焼いた後、アルミホイルを取り除き皮面も焼いていきます。

軽く焦げ目が付いてきたら仕上げです。

トースターで焼く

トースターの天板にアルミホイルを敷きます。

身のところを上にしたみりん干しを並べ、5分ほど焼いていきます。

焦げ目が付いていなければ更に5分付け足しします。

焦げ目が付いてきた機会で上からアルミホイルをかぶせて焼いていきます。

焼き終わったら、デフォルト2〜3分余熱を使って、中まで火を通して完了です。

電子レンジで焼く

サバのみりん干しなど電子レンジ調理用として提供されている事例もありますがいつものみりん干しも電子レンジで焼く事ができます。

電子レンジでの焼き方は、器に並べたみりん干しをサランラップで密閉した様子にしてから、つまようじなどで3か所ほど穴をあけます。
500Wで3分30秒〜40秒加熱し、みりん干しの腹のあたりの油が加熱され、プツプツと泡立ってきたら仕上げです。

みりん干しを網焼きにする

焼き網を強火で1分ほど熱します。

熱したら弱火にして、みりん干しの身の方から焼いていきます。

身の表面にわずか焦げ目がつくまでおおよそ2分程焼いていきます。

続いてみりん干しを裏返して皮面を焼いていきます。

更に弱火にして、30秒〜1分ほど焼きます。

時々位置を変更しながら皮にも焦げ目がちょっと付く程度まで焼いて仕上げです。

フライパンで美味しく焼くコツ

油をひかずにフライパンを熱し、クッキングシート、またはフライパン用のアルミホイルを敷きます。

この時に、クッキングシートがフライパンからはみ出さないように用心して下さい。

続いて、クッキングシートの上に皮面を下にしたみりん干しを並べ、弱火で焼いていきます。

皮に焦げ目が付いてきたら裏返します。

身の方も弱火で焼いていき、焼き目が付いてきたら完了です。

火を消した後、蓋をして余熱で2〜3分ほど熱を通すと、ふっくらと出来上がります。
みりん干しはとても焦げやすく、焼き方がハードルが高い干物です。

みりん干しを焦がさずに美味しく仕上げる焼き方の見所は、火加減・焼き加減をうまく調節する事です。

とくに皮面は身のところに比較して焦げやすいため、調理器具にマッチして焼いていく順序を創造性する不可欠があります。

そして、フライパンを使って焼く事によって、後片付けの厄介さが低減され、手軽にに美味しく調理する事ができます。

みりん干しの焼き方の着目点や極意を充分にとおさえて、美味しく調理してみてください。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています