• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<パリのテロとの関連性が深まるほどにベルギーも自作自演かと・・・?>  ベルギー連続テロ、次々と浮かぶパリのテロのつながり・・・怪しい証拠がぞくぞくと噴出を始めた

<パリのテロとの関連性が深まるほどにベルギーも自作自演かと・・・?>  ベルギー連続テロ、次々と浮かぶパリのテロのつながり・・・怪しい証拠がぞくぞくと噴出を始めた

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<パリのテロとの関連性が深まるほどにベルギーも自作自演かと・・・?>  ベルギー連続テロ、次々と浮かぶパリのテロのつながり・・・怪しい証拠がぞくぞくと噴出を始めた

ふたつのテロ、つながり濃厚に 容疑者ら潜伏先提供か

約300人が死傷したベルギーの首都ブリュッセルでの連続テロで、捜査当局は23日、自爆テロ犯だとしてベルギー国籍の兄弟の名前を公表した。弟は、昨秋のパリ同時多発テロの容疑者が潜伏したアパートの借り主だったとされる。二つのテロのつながりが濃厚になってきた。

23日昼時点で死者は31人、負傷者は270人。地元メディアは当初、死者34人と伝えたが、捜査当局が公式な数字として示した。「さらに増える可能性がある」という。負傷者には日本人男性2人が含まれ、そのうちの1人とみられる男性が手当てを受けている病院によると、意識不明だという。もう1人は軽傷だった。

捜査当局の発表によると、ブリュッセル空港では22日午前7時58分、出発ロビーのカウンター付近で最初の爆発が起きた。そのわずか9秒後、隣り合うカウンターで爆発が続いた。

監視カメラの3人の映像のうち1人は、現場に残った指紋からイブラヒム・バクラウィ容疑者(29)だったと認定。自爆死したという。もう1人、自爆死した男がいるが、身元は分かっていない。

白い服を着た3人目の男は、爆発物が入ったカバンを現場に残して逃走した。欧州メディアはナジム・アシュラウィ容疑者(24)だとしている。パリのテロで実行部隊づくりに中心的役割を果たしたとして逮捕されたサラ・アブデスラム容疑者(26)とドイツやオーストリアで行動をともにしていたとされ、指名手配中の人物だ。

捜査当局は、3人を空港に運んだというタクシー運転手の供述に基づき、ブリュッセル市内の5カ所で家宅捜索を実施。北東部スカルベーク地区のアパートからは高性能の爆発物や起爆装置、くぎの入ったスーツケースなどが見つかった。また、アパートの近くのゴミ箱から見つかったパソコンには「思い悩んでいる時ではない」などとする、遺書めいたイブラヒム容疑者の言葉が残されていた。

約1時間後に起きた地下鉄マルベーク駅の爆発についても、捜査当局は自爆だったと説明した。街の中心部に向かう列車が駅を出発しかかった直後、車内で爆発が起きた。現場に残った指紋などから、イブラヒム容疑者の弟のハリド容疑者(27)が自爆したと特定したという。ハリド容疑者は、偽名を使ってブリュッセル南西部にアパートを借りており、3月18日に拘束されたアブデスラム容疑者をかくまったとされる。

次々と浮かぶブリュッセルとパリの接点に対し、仏テレビは「アブデスラム容疑者の逮捕に対する報復だとベルギーの対テロ当局はみている」と伝えた。

一方、ロイター通信は、シリア和平協議の代表団を率いるジャファリ・シリア国連大使の発言として、ベルギーでの数人のテロ実行者はシリアでの戦闘経験があると伝えた。(ブリュッセル=吉田美智子、青田秀樹)

(朝日新聞デジタル 2016年3月24日03時23分)

出典:ベルギー連続テロ、次々と浮かぶパリのテロのつながり

	

国際ハッカー組織アノニマスは、YouTubeに動画を掲載、ダーイシュ(IS、イスラム国)に対し、ベルギー連続テロの犠牲者のために復讐することを誓った。

	

原発を狙ってたというあたりからきな臭くなってくる・・・!

懐疑的なポイント・・・!

今回の爆弾テロ事件がNWOの連中の仕業であることは明らかだと思いますが、今回もこれまでのテロ事件同様、やり方がワンパターンです。
偽の映像を流したり、再び同じクライシス・アクターが現場にいたり、将来的にブリュッセルで事件を起こすことを何等かの形で事前に知らせるなど。。。いかにもイルミナティがやりそうなことばかりです。それでも多くの人々が犠牲になりましたから、彼らはクライシスアクターを使うと同時に一般の人々を簡単に犠牲にするのです。

出典:CNN Airs CCTV Footage From 2011 Claiming it Was from Tuesday’s Brussels Attacks |

	
火曜日の朝、ブリュッセルの空港と地下鉄で起きた爆弾事件に関して、ブリュッセル当局は時期は定かではなかったものの爆弾事件がもうすぐ起こることを事前に把握したことが分かりました。

火曜日に、ベルギーのシャルル・ミッシェル首相は、恐れていたことが起きてしまった、と述べました。

事件が起きるとすぐに、Free Thought Projectなど、複数のメディアが一斉に報道をはじめました。しかし一部、誤った情報或いはねつ造情報がインターネットや電波放送にて発信されたことが分かりました。

例えば、CCTVカメラがとらえた火曜日の爆弾事件現場の映像(人々が炎上する地下鉄の駅を急いで脱出しようとしている映像)をCNNが流していましたが、この映像は3月22日に起きた地下鉄の爆弾事件の映像ではないことが分かりました。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : ブリュッセルの爆弾テロ事件のおかしな点

	
	
この映像は2011年4月11日にベラルーシの地下鉄で起きた爆弾事件現場の映像です。 

ブリュッセルの事件現場をとらえたCCTVカメラの映像はまだ公開されていません。

CNNはまだこの映像を撤回していません。今でもYoutubeでこの映像が流れています。
事件が起きた直後に偽の映像がソーシャルメディアで拡散されましたが、実際のCCTVカメラの映像は一度も放映されていません。
事件が起きるとCCTVカメラの映像が詳しく調べられ、その後、公開されます。
ですから事件が起きて2,3時間しか経っていないのに、CCTVカメラの映像が流されるのはおかしなことなのです。
このことによりメディアの無能さが露呈したのか、それとも、メディアは視聴者を騙すために意図的に偽の映像を流した可能性があります。しかしメディアがこのような偽映像を流したということは主要メディアがいかに信用できないかということが分かります。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : ブリュッセルの爆弾テロ事件のおかしな点

	
ブリュッセルの爆弾事件現場に、アメリカ人のモルモン教徒(左 19歳男性)が火傷と爆弾の金属片で負傷した姿で現れました。彼はボストンマラソンやパリの偽旗爆弾テロ事件現場にも登場しましたが生き延びました。
この人物はボストン・マラソンやパリの爆弾事件現場にも現れましたが、今回は負傷者として登場しました。
ISISが実行したとされるブリュッセルの空港と地下鉄の偽旗爆弾テロにより、多くの人々が犠牲になりました。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : ブリュッセルの爆弾テロ事件のおかしな点

	

(ブリュッセルの秘密結社のシンボル)
今回の偽旗爆弾テロ事件の黒幕は、世界を支配する闇の政府です。彼らはEUをNWOを世界的に実施する上で不可欠な世界統一政府の一部とみなしています。
EUは、カバラが計画しているNWOの世界的な支配体制を構築するために設置されたものです。北米連合も同様の目的で設置されました。
昔は全ての道がローマにつながっていましたが、今は、全ての道がブリュッセルにつながっています。
実際に、ブリュッセルはヨーロッパの首都と言っても良いでしょう。しかし支配者側はブリュッセルが首都であることは隠しておきたいのです。なぜなら、今でもヨーロッパにはナショナリズムが強く残っているからです。 ただ、今後も、少しずつ支配者側による独裁体制が明らかにされることでしょう。

彼らはEUの各組織(欧州委員会、欧州連合理事会、欧州理事会、欧州議会)に所属するメンバーらに王手をかけるためにブリュッセルを爆弾攻撃したのです。
つまり、EU諸国の代表者たちはEUを支配する独裁者たちから、命令に従うように大量のメッセージを受け取っているのです。
多くの代表者が自国では落胆や狼狽をしても、支配者の前では黙りこくってしまいます。
今回のブリュッセルの偽旗爆弾テロは、EU諸国の代表者を脅迫しているだけでなく、ヨーロッパに入り込んでいる新たな敵に対しての挑発でもあります。 
そのため、彼らは空港とメトロを爆破させました。EU諸国の代表者の多くが飛行機やメトロを使ってEU帝都のブリュッセルにやってきます。今回の爆弾テロにより、ブリュッセルの主要空港が混乱をきたしただけでなく、ブリュッセル中心部のメトロの駅も破壊されました。この駅はEU本部の建物があるエリアにあり、多くの関係者がこの駅を利用します。

結論として。。

世界を支配する闇の政府は、配下の政治家や政治リーダーが支配組織から離れようとしたときには必ず偽旗銃乱射事件や爆弾攻撃事件などを起こして彼らを脅します。もし彼らが組織から離れたいなら命を捨てる覚悟がなければなりません。
世界を支配する闇の政府が世界中の政治家や政治リーダーに同時にメッセージを送るには偽旗爆弾攻撃が最も効率的なのです。このように、政治家や政治リーダーはこれまでも何百回もの偽旗爆弾攻撃の被害に遭っているのです。

2015年11月13日(金)に、パリの偽旗テロ事件が300人委員会の命令で実行に移されましたが、今回も彼らの仕業なのでしょうか。

そして。。。なぜ彼らは3月22日にこのような偽旗爆弾攻撃を行ったのでしょうか?
22という数字はパワーの数字であり何等かの目的で攻撃を実行する際にこのパワーを活用することができます。

今回の偽旗テロ事件が起こされたタイミングについてはロシアに対する制裁と関係しています。
ここ最近、EUの南欧諸国はロシアに対する制裁を解くようブリュッセルに要請しました。なぜなら、対ロシア制裁によりロシアよりもヨーロッパの方がより深刻なダメージを受けているからです。
しか今回、対ロシア制裁を実施したブリュッセルかは重大メッセージが届いてしまいました。それは。。対ロシア制裁を解きたいと考えている国々(政府)は無防備な状態であることを知らされたのです。つまり、EUを支配する英米のマスターたちは彼らの決定に従わない国は容赦しない(偽旗テロ攻撃の対象国となる)ということです。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : なぜ、ブリュッセルで偽旗テロ事件が起きたのか?

	
	
	

ブリュッセルのテロ映像は、5年前のモスクワの映像の使いまわし?…☆

2016年ブリュッセル

2011年モスクワ
よりにもよって、2011年のモスクワの動画拝借とは、
「馬鹿丸出し」にもほどがありますね。

過去にもクライシスアクターの使い回しが話題になりましたが、
今度は監視カメラ映像も使いまわしですか?

トルコ大統領、1週間前にブリュッセルのテロを予言(sputnik)

✱ 今回のベルギーテロ事件も怪しい ゾ✱

以前ベルギーのブリュッセル近郊に住んでいたから知人たちから色々な情報を入手したが「ホントに死者が出たのか?」

地下鉄爆発現場にいた証言者からは「煙幕のような煙は見たが爆発は見なかった」と言ってる

日本人の重傷者とさるている「 瀧田祐さん 」が働いるとされている生命保険協会の従業員リストにはそんな名前は見当たらないし FBで検索しても生命保険協会の 瀧田祐は見当たらない

ベルギーと言えば チョコレート、ダイアモンド、EUの首都として有名どが、裏はユダ金の巣窟で武器密輸出や麻薬製造で利益を上げるユダ金マフィア国家だと知って 私は以前住んでいたベルギーから脱出した

世界中の軍事産業は「ユダ金」によって支配されており 世界デフレを乗り切るために第三次世界大戦を起こそうとしているが メインターゲットは中東やヨーロッパではない! 外貨と預金を最も多く保有している「日本、韓国、台湾、中国」からユダ金たちが9:11スタイルの試作自演のテロ事件を必ず起こす

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1082068115148097&set=a.554217094599871.1073741825.100000347564367&type=3&theater

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21