• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?

「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?

米国予算局は、ずうっとこう言ってきたのである。 「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」  原発に投資した人の半数以上が破産するということだ。  東芝は、今まさに「半数以上」の領域へと足を踏み入れようとしているのに……

テメリン原発 チェコ

<AP1000 グローバルな受注活動>

<400基以上の建設計画において64基の受注を目指す>

 最初に出てくるのは「英国 13基」。

<東芝傘下WHに改善要請 英原子力規制機関 計画の加圧水型軽水炉 「認証の進展に遅れ」>(日本経済新聞 2016年4月4日)

 AP1000は、英国では認証すらされていなのだから、お話にならない。

「ポーランド 2基」。

<ポーランドが導入計画を改定 初号機の完成含め数年先送り>(原子力産業新聞 2014年2月6日)

 原発建設が4~5年延期された。しかし、「延期し2024年に完成」という計画もウソだった。

 環境保護団体「グリーンピース」が入手した資料。

「原発の完成は2031年以降になる」

「ブルガリア 1基」

 ブルガリアでは今、ロシアと米国が激烈な「原子力戦争」を展開している。それについては項を改めるが、「政権交代が起きればWECはアウト」という現実はチェコと同様だ。

「スロバキア 2基」

 スロバキアで建設中の原発2基はロシア製VVER。2012年に完成予定だったが、いまだ建設中。「そのさらに先の2基をロシアに勝って受注する」というのは寝言以外の何ものでもない。

出典:「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?: 中田潤が無料予想 競馬で「喰えるダメ人間」になろう!

	
メディカルも売って白物も売って、東芝に残る事業は結局何なのだろう。もしかして最も不採算の原発事業?>東芝の白物家電事業、中国・美的集団に売却へ 最終調整:朝日新聞デジタル
	
東芝、中国・美的に白物家電売却へ : 日本経済新聞

🔵東芝、バラ売り状態だな〜
原発事業は継続かな〜
“円安の影響で採算が悪化” か〜
	
東芝-WH問題の先に見える「真の論点」


この記事から解ること→
『既設原発のメンテナンスや燃料事業はあるものの、国内での拡大路線は困難で。企業として採算が取れなければ撤退すべきだが~』。
→つまり日本国内の原発事業は採算割れ。
	
負の遺産を消し去ってなかったことにしようという浅知恵か!このお先棒を担いだ東芝が、何故不採算の原発事業を止めない? これさえ続けていれば、政府が助けてくれるという原子力ムラの掟があるからだという。腐れ縁の連鎖を残して看板だけ外す?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21