• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ぼろ儲け業界は120%確実にお役人様の天下り天国なのだ・・・! 【汚職】厚生労働省委員8人が製薬会社などから報酬を得ていたことを隠していたことが発覚し辞任へ!過少申告も24人

ぼろ儲け業界は120%確実にお役人様の天下り天国なのだ・・・! 【汚職】厚生労働省委員8人が製薬会社などから報酬を得ていたことを隠していたことが発覚し辞任へ!過少申告も24人

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
ぼろ儲け業界は120%確実にお役人様の天下り天国なのだ・・・! 【汚職】厚生労働省委員8人が製薬会社などから報酬を得ていたことを隠していたことが発覚し辞任へ!過少申告も24人

厚生労働省の専門家会合の委員8人が製薬会社などの役員や顧問を務め報酬を得ていたにも関わらず、それを隠して医薬品や医療機器の製造販売の承認を審議する会合の委員を務めていたことが判明

厚生労働省は5日、医薬品や医療機器の製造販売の承認について審議する専門家会合の委員に、製薬企業などの役員や顧問などを務め、報酬を得ていた大学教授らが8人いたと発表した。委員の規定で関係企業との兼任は禁じられており、8人は辞任する。

 一方、企業からの寄付金や契約金を過少に申告していた委員が24人いたことも判明した。厚労省によると、会合の議決に参加できない50万円を超える額を受け取っていた委員が8人いたが、過去の議決はすべて有効だという。

 厚労省は「委員に対する周知や確認が不十分だった。こうした事例があったのは遺憾で、おわびする」とコメントした。

 企業への就任の有無や、寄付金の額は委員の自己申告となっている。厚労省は寄付金について、委員から申告があった企業側にも確認する取り組みを4月から始めたとしている。

出典:http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/728

	

こういう事態を見ていると、何かを判断するときに「厚生労働省が言ってるから」という基準で判断していいのか?

国民の健康、命にかかわってくるような大切なことである、医薬品や医療機器の製造販売の承認を審議する委員の汚職ですから、本来はなんらかの罰則が合って当然だと思うのですが、「辞任」で終わってしまうのでしょうか?

企業(製薬会社)への就任の有無や、寄付金の額が”自己申告”となっていることからも、「緊張感のなさ」「癒着体質」が浮き彫りになっています。

こういう事態を見ていると、何かを判断するときに「厚生労働省が言ってるから」という基準で判断していいのか?といったこを当然考えなければなりませんし、僕たちは自分たちの健康を守るためにも、こういった事態には厳しい視線を向けたり、声をあげる必要があります。それが、自分や自分の大切な人を守ることにつながります。

出典:http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/728

	
****************
結局、文明開化といわれて170年の経過を見る今日でも
時代劇に出てくる<悪代官+悪徳商人>という構図がそのまま受け継がれている
としか言いようがない!!
この現実に、お代官様~お願いしますだ・・・と上頼みと忍耐を繰り返すのか
それは読者次第!!
しかし、確かなことは、ぼろ儲け業界は役人の天下り天国で
業界が儲かるように法整備や条例などが整備され、さらに行政機関が特定業者を
支持支援する。役人は特定業者を保護し支援することで第二のバラ色の人生が
保障されているという構図なのだから!
世間では・・・だから選挙なのだとか? だから信頼できる政治家の選出なのだ?
と世間知らずがホラを吹く・・・それで社会が変わっていれば、これほど無駄な
170年の経過は一気に吹き飛ぶ!!
****************

お上は国民の健康を守ってくれない(危険な医と食)~ねつ造された新市場~国は国民の健康を金貸しに捧げた金儲けを繰り返す~薬は金貸しに唯一残された成長経済~

日本のマスコミはなぜ隠す??? 医師会がそれほど怖いのか? 「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」「腫瘍を治療しないほうが長生きする」

<これは・・・驚きだ!> これを聞いたら絶対に飲まない!「見た目は国産、中身は中国産。」悲しいジェネリックの真実

薬の原材料って何だかご存じでしょうか??   正解は『石油』です・・・今まで石油を飲んでいたなんて知らなかった~!!!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21