• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない 現代ビジネス 4月26日(火)

「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない 現代ビジネス 4月26日(火)

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない 現代ビジネス 4月26日(火)

かつて性風俗は借金や精神疾患など、何か「特別」な事情を抱えた一部の女性が稼ぐ最終手段の場であった。しかし現在は経済的に困窮した「普通」の女性が、生活費を確保するためにカラダを売っている。性風俗業界の動向から日本の格差と貧困を読み解く『図解 日本の性風俗』を著した中村淳彦氏の特別リポート

カラダを売っても稼げない

 「もう、風俗歴20年になるかな。10年くらい前までは稼げたけど、今は1日1本つけばいい方。持って帰れるお金は1万円にはならないわ」

 鶯谷の熟女デリヘルで働く渡部美幸さん(仮名・50)はこう話した。埼玉県某市のベットタウンで夫と2人暮らし。ごく一般的な主婦だったという渡辺さんは、結婚11年目で夫が個人経営する喫茶店が廃業、住宅ローンが払えなくなった。諸々の事情から購入した一軒家を手放すことができず、首が回らなくなり悩んだ末に風俗で働くことにしたという。

 風俗嬢として働き始めた最初の5年間は、月50万円以上は稼げたという。ところが1999年の風営法改正でその風向きが変わる。デリヘルが激増し、客が徐々に減ったのだ。風俗だけでは収入が足りず近所のスーパーマーケットでパートを始めた。今も週3日はデリヘル、他3日はスーパーで働いている。

出典:「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない (現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

	

風俗の下落はなぜ起こったのか

 風俗嬢のセカンドキャリアを応援する非営利法人「GrowAsPeople」やセックスワーカー自助団体「SWASH(Sex Work and Sexual Health)」などのアンケート調査によれば、風俗嬢の現在の平均賃金は月33万円~38万円程度で、2000年ごろの月70万円程度といわれていた頃と比べると半減している。世間の世帯収入の下落を大きく上回り、風俗嬢たちの収入は激減しているのだ。

 風俗嬢が稼げなくなった原因は、性風俗のデフレ化によるものだ。00年代から社会全体がデフレに悩まされているが、「女性のハダカ」の価格はその実質経済を上回る勢いで下がり続けている。デリヘルを中心に多くの風俗店が価格競争に巻き込まれ、サービスの単価を下げながら、集客も減らしている。社会と連動する形で、性風俗の世界でも格差が広がっているのだ。

 性風俗のデフレ化の最大の要因は、従来であれば性風俗業とは無縁の一般の女性が続々とハダカになったこと、そしてデリヘルの激増によるものだ。

 下層風俗嬢の多くは、未婚、バツイチ、シングルマザーなどの単身女性たちだ。彼女たちは自分の稼ぎで生活を支えなくてはならず、風俗店の増加による供給過多のため厳しい競争にさらされている。競争に負けた風俗嬢たちの収入は生活保護水準を下回り、「食べるのもやっと」といった危険な状態となっている。

出典:「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない (現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

	
ただぼんやり売るだけならタダ同然は当たり前でしょ資本主義なんだから。イノベーションしないと。
	
ハダカの女性は、今の日本の姿を映す鏡なのだ。『「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち』
	
「下層風俗嬢」3500円でカラダを売る女たち 性のデフレ化が止まらない

⇒すごい話だ。昔は東南アジア買春ツアーなるものがあったが、そのうち日本は安いなんてことになって、外国から買春ツアーが来るようなことになるのでは・・。
	

<日本の今日の悲惨な現実を知らない日本人・・・!> 単身女性の3人に1人が貧困 実態は?/そもそも総研

こりゃぁ、明治維新の時のように<からゆきさん>続出になる一歩手前か・・・? 震災で職を失いAV女優になった66歳の現実  日本の底辺でいま何が起きているのか

・・・もう、他人事なんて高を括ってられないよ!  普通の女子大生が売春!?女性の貧困はここまできた

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21