• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
次の銃乱射の偽旗作戦は7月か?

次の銃乱射の偽旗作戦は7月か?

Author:
DimaDima
Release Date:
次の銃乱射の偽旗作戦は7月か?

得意の?偽旗作戦

銃の乱射事件を起こして銃規制を進めようとするいわば『偽旗作戦』は今回のオーランドのホモバーでの乱射を含めて何度目になるだろうか?
こういう事件はでっち上げでムスリムが犯人になると言う筋書きが決まっている。銃規制とイスラムを嫌悪し敵対する風潮を同時に作れるから一石二鳥なのだろう。
今回の犯人は2013年と2014年に二度に渡ってFBIと接触しているので、ボストンの犯人が事前にFBIと接触していたのと同様の流れかもしれない。(おそらくそうだろう)

例によって『クライシスアクター』

そしてこれまた同じ作戦で笑ってしまうのだが、例によって『クライシスアクター』たちの登場である。事件が起きると必ず出てくる役者たちの事だ。TVレポーターのインタビューに対し、嘘泣きしながら事件のあらましを「証言」する。ある者のインタビューは台本を見ながらしゃべっている事すら素人にさえ分かってしまうお粗末ぶりだが、バカはそのまま騙される。で、大多数がバカなので世論は事件が本当に犯人の仕業であると錯覚し、当局も公式にはその線で幕を閉じる。
今回も『クライシスアクター』が頑張ったのかどうか知らないが、即座にバレる点ではイマイチだ。

次の「事件」は7月26-31日の間か?

ところで、殺されたはずの後藤健二さんだが、実は生きていて北アフリカのどこかで韓国人のふりをしてガイドをしていると言うのは本当か?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Dima

小さな団体の非常勤役員です。海外に行くと逆に日本がよく見えますし、一人の時間を楽しめますので、年に数回は東南アジアに足を運びます。また南国の暖かい気候は脳神経や血行に良いと実感。 異常さの中に浸かっていると自分の異常さが見えなくなります。 日本はこの先いったいどこに向かうのでしょうか?